• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月12日 10:15

「れいわ新選組」支持率偽装する悪徳ペンタゴン 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は主権者の生存権が脅かされる次元にまで、暴政が押し寄せていると警鐘を鳴らす7月11日付の記事を紹介する。


 彼を知り 己を知れば 百戦して殆うからず

 7月21日に投票日を迎える参議院議員通常選挙。安倍自公は消費税増税強行を掲げて参院選単独実施に突き進む賭けに出た。内心は極めて不安である。この選挙で安倍自公が大敗しないための工作活動が全面展開されている。

 安倍自公の戦術は次の三つ。

 第一は投票率を可能な限り引き下げること

 第二はマスメディアに政権を宣伝させること

 第三はマスメディアに与党勝利の情報を流布させること

 この三つが組織的に展開されている。

 第一の投票率引き下げの方法として最重視しているのがメディアによる選挙報道の抑制だ。2005年9月11日の郵政選挙を思い起こしてみると違いが鮮明だ。メディアが総力を結集して郵政民営化選挙を大報道し、与党を全面支援した。刺客を放つ選挙をすべての報道時間を注いで報道した。今回の選挙では選挙争点の報道が存在しない。最大争点の消費税増税問題も通り一遍しか扱わない。

 安倍自公が投票率引き上げに取り組むのは若年層だけだ。選挙権付与の年齢を18歳に引き下げた。安倍内閣は教育現場を締め付けて、学校において与党支持者を養成している。したがって、若年層だけは投票率引き上げのターゲットにされている。それ以外の年齢層では、徹底的に投票率引き下げが目指されている。

 第二の方策はメディアに政権応援をやらせることだ。具体的にさまざまな工作が展開されている。ハンセン氏病の訴訟で「控訴しない」決定が示されたが、第一の目的は選挙対策である。メディアがこの件を大きく報道することが安倍自公への応援になる。控訴に関する判断時期が選挙後であれば、まったく違う判断が示されたはずだ。

 裁判所は選挙日程を計算した上で判決公判の日程を決めている。司法の政治利用である。さらに安倍首相の原告との対話も計画されている。選挙応援報道になるからだ。

 はやぶさ2のりゅうぐうへの着陸も選挙日程に合わせて実施されている。安倍内閣はメディアに政府による施策成功を大報道させている。韓国に対する幼稚な敵対政策についてもメディアに政府批判はさせず、政府施策の援護射撃しかやらせない。

 第三の与党優勢報道も意図的なものだ。与党が多数議席を獲得できる条件は投票率が抑制されることだ。投票率が抑制されれば自公の勝率は上がる。与党勝利予測を流布すると、反自公の主権者の投票意欲が減退する。実際に投票率が下がると与党の勝率が上がる。このメカニズムを活用して与党優勢情報が流布されているのだ。

 安倍自公が最大の警戒を払っているのが「れいわ新選組」だ。台風の目になる可能性が高い。その影響を封じるために、意図的に極めて低い「れいわ新選組」支持率を流布していると見られる。メディア予想は投票率が著しく低くなる場合の選挙結果であって、これは調査などしなくても、はじめからはっきりしていることなのだ。

※続きは7月11日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」「50兆円巨大増税が日本経済を撃墜」で


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月02日 17:27

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(前)NEW!

 東証マザーズ上場のナレッジスイート(株)の提供するサービスは社内の無形のノウハウの可視化・資産化を推進し、業務の効率性向上、リスクヘッジに役立つものであり、地方の企...

2020年07月02日 17:10

新型コロナウイルス~首都圏を中心に感染拡大NEW!

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月2日...

2020年07月02日 16:40

姪浜駅に憩いの場「めいのはまMarché」オープンNEW!

 JR九州フードサービス(株)は、福岡市地下鉄・JR「姪浜駅」構内に、個性豊かな専門店が集まる憩いの場「めいのはまMarché」をオープンさせる...

2020年07月02日 16:26

ストラテジーブレティン(255号)~Point of No Return、米国の対中金融制裁が俎上に~慎重な投資姿勢を(前)NEW!

 6月30日、「香港国家安全維持法」が制定され、即時施行された。香港の民主主義と自治が失われ、一国二制度が終わった。世界は熾烈な米中冷戦へと展開していくだろう...

2020年07月02日 16:17

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(前)

 関電事件は究極の国家犯罪の完成形である。法律犯罪国家における利権構造の雛形といえる本件事件は、日本は悪徳法律家が支配あるいは跳梁跋扈する法匪国家であることを示した...

2020年07月02日 16:00

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(1)

 6月15日、河野防衛大臣は「イージス・アショア」の配備計画の停止を発表した。日本国内のみならず、周辺国や製造元のアメリカにも激震が走った...

2020年07月02日 15:30

サザン無観客ライブで売り上げ6億5,000万円!ウェブ配信動画に光明

 サザンオールスターズは6月25日、無観客リモートライブを開催。400人を超えるスタッフと40台カメラで演出されたライブは、有料視聴ライブとして8つのメディアで配信さ...

2020年07月02日 15:06

【特別寄稿/山崎伸二教授】新型コロナウイルス感染症は我々に何を教えてくれたのか(後)

 20世紀に入ると感染症の治療薬が次々と見つけられていく。1910年、自らが合成したヒ素化合物を1番から順番に調べていた秦佐八郎がドイツ人パウル・エーリッヒとともに...

2020年07月02日 14:31

【特別寄稿/西田亮介】冗長性の欠如がもたらしたもの 「民意」に揺さぶられるリスクマネジメント(後)

 不安感は不満となって顕在化する。向かった矛先の1つは政治だった。並行して、感染状況のみならず、制度や対処が違う他国の部分的な状況がマスメディアとSNSを介して人々に...

2020年07月02日 14:17

【インタビュー/玉城絵美】「リモート」のその先へ 10体のアバターを動かす世界がすぐそこに(後)

 日本では新型コロナウイルスの感染が広がる前から、〈リモートでコミュニケーションせざるを得ない社会が来る〉と、世界に先駆けて大きなプロジェクトが動き出していました...

pagetop