• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月12日 10:15

「れいわ新選組」支持率偽装する悪徳ペンタゴン 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は主権者の生存権が脅かされる次元にまで、暴政が押し寄せていると警鐘を鳴らす7月11日付の記事を紹介する。


 彼を知り 己を知れば 百戦して殆うからず

 7月21日に投票日を迎える参議院議員通常選挙。安倍自公は消費税増税強行を掲げて参院選単独実施に突き進む賭けに出た。内心は極めて不安である。この選挙で安倍自公が大敗しないための工作活動が全面展開されている。

 安倍自公の戦術は次の三つ。

 第一は投票率を可能な限り引き下げること

 第二はマスメディアに政権を宣伝させること

 第三はマスメディアに与党勝利の情報を流布させること

 この三つが組織的に展開されている。

 第一の投票率引き下げの方法として最重視しているのがメディアによる選挙報道の抑制だ。2005年9月11日の郵政選挙を思い起こしてみると違いが鮮明だ。メディアが総力を結集して郵政民営化選挙を大報道し、与党を全面支援した。刺客を放つ選挙をすべての報道時間を注いで報道した。今回の選挙では選挙争点の報道が存在しない。最大争点の消費税増税問題も通り一遍しか扱わない。

 安倍自公が投票率引き上げに取り組むのは若年層だけだ。選挙権付与の年齢を18歳に引き下げた。安倍内閣は教育現場を締め付けて、学校において与党支持者を養成している。したがって、若年層だけは投票率引き上げのターゲットにされている。それ以外の年齢層では、徹底的に投票率引き下げが目指されている。

 第二の方策はメディアに政権応援をやらせることだ。具体的にさまざまな工作が展開されている。ハンセン氏病の訴訟で「控訴しない」決定が示されたが、第一の目的は選挙対策である。メディアがこの件を大きく報道することが安倍自公への応援になる。控訴に関する判断時期が選挙後であれば、まったく違う判断が示されたはずだ。

 裁判所は選挙日程を計算した上で判決公判の日程を決めている。司法の政治利用である。さらに安倍首相の原告との対話も計画されている。選挙応援報道になるからだ。

 はやぶさ2のりゅうぐうへの着陸も選挙日程に合わせて実施されている。安倍内閣はメディアに政府による施策成功を大報道させている。韓国に対する幼稚な敵対政策についてもメディアに政府批判はさせず、政府施策の援護射撃しかやらせない。

 第三の与党優勢報道も意図的なものだ。与党が多数議席を獲得できる条件は投票率が抑制されることだ。投票率が抑制されれば自公の勝率は上がる。与党勝利予測を流布すると、反自公の主権者の投票意欲が減退する。実際に投票率が下がると与党の勝率が上がる。このメカニズムを活用して与党優勢情報が流布されているのだ。

 安倍自公が最大の警戒を払っているのが「れいわ新選組」だ。台風の目になる可能性が高い。その影響を封じるために、意図的に極めて低い「れいわ新選組」支持率を流布していると見られる。メディア予想は投票率が著しく低くなる場合の選挙結果であって、これは調査などしなくても、はじめからはっきりしていることなのだ。

※続きは7月11日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」「50兆円巨大増税が日本経済を撃墜」で


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月18日 17:00

あたかも温泉を使用しているかのように表示~埼玉県秩父市の旅館業者に措置命令NEW!

 埼玉県は2月17日、景品表示法違反(優良誤認)があったとして、埼玉県秩父市の旅館「旅籠(はたご)一番」(坂本俊彦代表)に対し、措置命令を下した。

2020年02月18日 16:46

第7回消費税減税研究会開催~山本太郎氏ら参加NEW!

 超党派の野党議員でつくる消費税減税研究会の第7回会合が14日、関西学院大学総合政策学部の朴勝俊教授を講師に招き、国会議員会館内で開かれた。冒頭、共同代表の馬淵澄夫衆...

2020年02月18日 15:51

最優先課題は安倍内閣に終止符を打つことNEW!

 新型ウイルス肺炎の第2の感染拡大中心地となっているダイヤモンド・プリンセス号は安倍内閣によるウイルス培養船である。同号に対しては2月1日に沖縄那覇で検疫を行い日本へ...

2020年02月18日 15:14

トライアル、「スマートストア」化推進~東篠崎店にAIカメラ、レジカート導入NEW!

 トライアルカンパニーが店舗の「スマートストア化」を進めている。大量のAIカメラを導入し売り場の欠品防止に活用する一方、レジカートでレジ待ち時間をゼロにするというのが柱。

2020年02月18日 14:49

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(1)NEW!

 第2次安倍内閣が発足して丸7年の時間が経過した。企業利益は倍増し、株価は3倍水準に上昇し、メディアがアベノミクス成功とはやし立てるが民の竈の火は燃え尽きる寸前だ。2...

2020年02月18日 14:03

社名を名乗らず勧誘し商品送りつける~鹿児島市の健康食品会社に業務禁止命令NEW!

 経済産業省九州経済産業局は2月14日、健康食品や自然食品の販売を手がける(株)RK企画(鹿児島市)に対し、業務の一部(電話勧誘販売に関する勧誘、申込受付および契約締...

2020年02月18日 14:02

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ編集委員 梅澤 聡 氏(1)NEW!

 コンビニ深夜休業の是非。各方面からさまざまな“論客”が参戦してメディアを賑わせた。誰もが毎日のように利用するコンビニ。1日1店舗の利用客数を800~1,000人、全...

2020年02月18日 11:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第2章・肉親を「看取る」ということ(5)NEW!

 石田弘次郎(仮名)の姉は、母の葬儀後、すぐ東京に戻った。前回記したように、姉は母の遺品整理で「金目」のモノは自分が引き取った。つまり「カネ」のためのみに遺品整理を行...

2020年02月18日 11:23

久田屋で街焼肉をもっと身近に~糸島の老舗ヒサダヤNEW!

 福岡県内で「肉のヒサダヤ」7店舗の運営を手がけ、最高品質の国産和牛を、専門店だからこそ実現可能な価格帯で提供する(株)ヒサダヤ。1971年の創業以来、糸島市を拠点に...

2020年02月18日 10:30

ホームセンター大手5社のシェア44.1%~鈍い寡占化、M&Aの遅れが一因

 データ・マックスが売上高上位5社(DCMホールディングス、カインズ、コメリ、コーナン商事、ナフコ)の2018年度の市場シェアを調べたところ44.1%と5年前から2....

pagetop