• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月16日 15:52

投票率引き上げで50兆円増税を阻止しよう 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は「必ず選挙に参加し、安倍政治NOの意思を表明しよう」と有権者に訴えた7月13日付の記事を紹介する。

 参院選投票日まで残り1週間になった。安倍内閣はメディアコントロールを強めている。

安倍内閣の基本戦略は

1.投票率の引き下げを誘導すること

2.メディアに政権を宣伝させること

3.メディアに与党優勢の情報を流布させること

の3つを柱としている。

 さらに、参院選で改憲勢力3分の2を確保できなかった場合に備えて「隠れ自公勢力」の支援を強める対応も示している。

参照サイト:「参院選静岡選挙区 野党激突に「不思議」な動き、官邸介入か

 この選挙で安倍自公が勝利すれば消費税増税が承認されたとの説明がまかり通ることになる。国民生活に与える影響において消費税増税のインパクトは余りにも大きい。増税規模は今後の10年単位で考える必要がある。海外の増減税の規模も10年単位で表示されることがほとんどだ。

 日本では財政の単年度主義が採られていることから、増税規模を年度単位で論じるが、このことが主権者の判断を誤らせる原因になっている。

 安倍自公が強行する消費税増税は平年度ベースで5.2兆円規模だ。消費税増税、据え置き税率、たばこ課税等の影響を合わせて平年度ベースで5.2兆円の増税になる。10年で考えると52兆円の増税だ。

 安倍内閣は増税対策を計上したと主張するが、その規模は2.3兆円である。この措置は1回限りなのだ。したがって10年単位で表示すると50兆円増税ということになる。

 その一方で、大企業に対しては巨大な減税が実行されてきた。消費税が導入された1989年度から2016年度までの27年間の税収推移を比較してみると、消費税増税の意味が一目瞭然になる。

 国税収入規模は1989年度が54.9兆円、2016年度が55.5兆円でほぼ同額である。変化したのは税収構成だ。

所得税 21.4兆円 → 17.6兆円
法人税 19.0兆円 → 10.3兆円
消費税  3.3兆円 → 17.2兆円
すなわち、税収全体の規模が変わらず、
法人税=9兆円減少、
所得税=4兆円減少、
消費税=14兆円増加

という現実が生じたのだ。

 これらはすべて1年単位の規模で、10年単位で考えるにはこれを10倍する必要がある。企業は売上から従業員に賃金を支払う。企業が生み出す利益は3つのかたちで処分される。配当、役員報酬、内部留保だ。

 従業員の賃金を削れるだけ削り、一方で役員には法外な高額報酬を提供している。残余の利益を積み上げたものが内部留保だが、その金額は446兆円にも達している。内部に446兆円も資金を貯め込むことができるなら、従業員に対する賃金を引き上げるべきなのだ。政府は法人に対する課税を適正化して、所得の少ない国民から税金をむしり取る消費税を減税、廃止するべきだ。選挙に行って、消費税増税反対の意思を表明しよう。自公が優勢というのは情勢調査ではなく、投票率が低い場合のあらかじめ決まっている結果なのだ。

※続きは7月13日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」「野党連合に潜む隠れ自公勢力にご用心」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月04日 10:35

【DMN動画】ステーキの名店「和田門」が閉店 レモン・ステーキ発祥の店NEW!

 「博多和田門」は1971年の開業以来、福岡だけでなく全国からその味を求めて来店する人がいるなど、長年その味が親しまれてきました...

2020年06月04日 10:00

【コロナと対峙する企業】日産自動車~赤字6,712億円は、カルロス・ゴーンの「負の遺産」の清算だ!「平時リーダー」の内田誠社長は「有事リーダー」のゴーン前会長を超えることができるか(後)NEW!

 カルロス・ゴーン氏が「有事」のリーダーとして、修羅場で鬼と化したのは、権力を集中する凄まじいまでの我欲にあった。猛禽類のような鋭い目をしたカルロス・ゴーン氏を、あく...

2020年06月04日 09:30

杭に関する施工偽装!杭の不適切な切断とデータ偽装!(後)NEW!

 既製杭は工場で所定の長さで製造され現場に運ばれてくる。杭を埋設する孔を掘削した際に、想定より浅い岩盤や地中障害物などにあたり、所定の深さまで掘削できない場合がある。...

2020年06月04日 09:00

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(中)NEW!

 では、イオンがどのようにして現在の姿になったのか簡単に見ておこう。 イオンの源流の1つが岡田屋(三重県)だ。七代目である岡田卓也氏(現・イオン名誉会長相談役)が19...

2020年06月04日 07:00

“ウィズコロナ”の世界で不動産テックは根付くのか(後)NEW!

 無論、すべてがテレワークで完結できるわけではない。自社がテレワークを導入しても、取引先が対応していない場合は、どうしても来客対応やFAXで届くマイソクの確認などの必...

2020年06月04日 07:00

四国新幹線「ないのがおかしい」(後)NEW!

 四国新幹線は四国だけで盛り上がっているように見えるが、他の地域でも取り組みがないわけではない。国やJR西日本は、新大阪駅を新幹線ネットワークのハブとするため、地下に...

2020年06月03日 17:14

【コロナに負けない(45)】地域への感謝と現場の責任感。「ありがとう基金」に1,000万円~フードウェイグループ

 スーパーチェーンや精肉小売を手がけるフードウェイグループは5月28日、福岡市の「ありがとう基金」に1,000万円を寄託した...

2020年06月03日 16:40

『脊振の自然に魅せられて』「カマツカの花と感動の対面」

 雨の縦走路をさらに進む。あの花に会えるだろうか、期待が膨らむ...

2020年06月03日 16:30

【コロナと対峙する企業】日産自動車~赤字6,712億円は、カルロス・ゴーンの「負の遺産」の清算だ!「平時リーダー」の内田誠社長は「有事リーダー」のゴーン前会長を超えることができるか(前)

 日産自動車の2020年3月期の連結決算は、最終損益が6,712億円の赤字となった。経営難に陥り、カルロス・ゴーン前会長が再建にとりかかった2000年3月期の最終赤字...

2020年06月03日 15:56

日本建築検査研究所への反論~ベルヴィ香椎6番館問題

 日本建築検査研究所(以下「検査研」)からデータ・マックス(以下「DM」)にベルヴィ香椎6番館の記事についてのメールが送られてきた。以下にこのメールについて反論してい...

pagetop