わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月18日 10:57

トランプによるデカプリングは主体が中国に逆転する可能性も!

 7月13日(土)13時30分~16時00分に大阪経済法科大学東京麻布台セミナーハウスにおいて、NEASE-Net(北東アジア研究交流ネットワーク)第45回政策セミナーが開催され、『米中貿易戦争とアジア』と題して平川均 名古屋大学名誉教授・浙江越秀外国語学院東宝言語学院特任教授が講演、杉本勝則 北京外国語大学客員教授がコメンテーターを務めた。平川均氏は講演のなかで「トランプによるデカプリング(切り離し)は中国によるデカプリングに主体が逆転する」可能性があることを示唆した。

貿易問題が安全保障上の脅威などの問題に質的に転換

平川 均 氏

 平川均氏はまずトランプ大統領の誕生(基本姿勢は民主主義の大義や同盟関係とは無関係の「アメリカ第一」で多国間主義を否定した2国間取引による脅迫外交)と米中貿易(アメリカの対中貿易赤字は1990年の9.4%から2018年には48.0%に増大)の基本構造について話はじめた。そして、アメリカの第1次攻勢と休戦(P.ナバロ大統領補佐官・対中強硬派)、第2次攻勢と休戦(ライトハイザーUSTR代表・対中強硬派)の「米中貿易戦争」の詳細を時系列で振り返った。

 ポイントは大きく2つある。1つは、第2次攻勢では「貿易問題」とは次元の異なる「中国製造2025」の産業補助金問題や為替操作への言及など、「安全保障上の脅威」「技術覇権問題」「異なる体制問題」などへ質的に転換したことである。もう1つは、トランプの考えるディールと政権内や議会の対中強硬派の考えに違いが出てきたことである。

国家レベルと企業レベル双方における分断を仕掛ける

 次に、平川氏はトランプのデカプリングに言及した。トランプの考えるデカプリングとは、国家レベルでは「米陣営と非米陣営への分断」、企業レベルでは「世界的ビジネスのサプライチェーンの分断」を意味する。平川氏ははたしてこのトランプのデカプリングは成功するか否かを占った。結論として「トランプによるデカプリング(切り離し)は中国によるデカプリングに主体が逆転する可能性がある」と語っている。その根拠は大きく分けて3つある。

ファーウェイ問題が中国包囲網につながる可能性はない

 根拠の1つ目は、「ファーウェイ問題のゆくえ」と中国の科学技術力である。ファーウェイは次世代通信技術5Gの世界トップ企業であり、取引禁止措置が中国包囲網になることは極めて難しい。今、明確に排除を表明しているのはアメリカとオーストラリアだけである。

 中国の科学技術について、研究論文数(米国に肉薄、世界第2位)は有名であるが、ハイテク研究テーマ別ランキング30テーマでも、その8割(ナトリウムイオン電池、リチウムイオン硫黄電池、酸化還元、光触媒、水素発生触媒など)で世界の首位にある。(日経2018.12.31)また日経「主要商品・サービスシェア調査」(2018年)ではスマートフォンなど9品目で中国は世界シェアを拡大中である。週刊エコノミストのOnlineには「制裁でも揺るがぬ5G覇権 孤立する米国の『排除戦略』」(2019.7.8という記事が載った。

中国経済の貿易依存度と外資依存度は大幅に減少した

 根拠の2つ目は、中国で今起こっている2重の自立化である。中国では2000年代に入って経済の対外依存度(貿易依存度と外資依存度)の低下が始まっている。

 中国の貿易比率は1990年代から2005年の64%に向って大きく上昇したが、その年をピークに減少に転じ2015年の比率は36%になった。中国経済発展における貿易依存度は小さくなっている。同様に外資系企業の貢献度も大きく低下傾向にある。

 根拠の3つ目は、中国の最大貿易相手はすでにアメリカではなくなったことである。貿易相手国は、新興国、アジアに移り、貿易構成でもアメリカ離れが大きく進んでいる。東アジア(アメリカのGDPの130%)貿易もアメリカ依存から中国依存に劇的に転換した。それを踏まえて、中国の習近平国家主席は本年4月25〜27日に北京で開催された2回目の「一帯一路」国際協力フォーラムで、国際ルールの遵守を明言し「質の高い一帯一路」を約束、国際社会への最大限の配慮を表明した。

アメリカの政治的・地政学的覇権を弱めることになる

 最後に平川氏は「アメリカ第一」で多くの国が翻弄されているが、立ち止まって冷静に事態を直視すれば、その先の新たな構図はすでに見えている。トランプのデカプリングは中国経済の自立化を促進させ、中国に新たな市場を求めさせ、並行して質の高いインフラ建設を余儀なくさせる。その結果、アフロ・ユーラシア地域(南北のアメリカ大陸とオーストラリア大陸以外のすべてが含まれる世界最大の大陸)の開発が進み、アメリカの政治的・地政学的覇権を弱めることになるのではないかと語った。

<「一帯一路」から「グローバルガバナンス」の言葉に>

 平川均氏の後、杉本勝則氏が「中国の体制と米中貿易戦争の今後の展開」と題して現場感覚の短い講演を行い、会場とのQ&Aに続いて、谷口誠NEASE-Net代表幹事(元国連大使)が総括・挨拶をした。

谷口 誠 氏

 谷口氏は講演者・コメンテーターに感謝した後、G20で大阪に行き6月25日にNEASE-Netを代表して講演したことを報告した。そして、G20で中国の習近平主席は「一帯一路」という言葉はほとんど使わず「グローバルガバナンス」という言葉を好んで使った。また、中国社会科学院の研究者も最近はあまり「一帯一路」を強調することがなくなった事実を披露、もはや「アメリカ第一」になった米国に代わって、中国は「グローバルガバナンス」を意識し始めたのではないのかと語った。

 次に話題をOECDの世界経済のシナリオ『The Long View: Scenarios for the World Economy to 2060)』(世界経済の中心はアジアへ移行、中国とインド両国ともそれぞれ世界全体のGDPの20%~25%占めるのに対し、OECD諸国のシェアは40%をわずかに上回る程度と予測されている)に移し、2060年には、中国、インド、アメリカの3つどもえにはなるが、アジアの世紀が来ることは間違いない。しかし、経済が大きいだけではダメで、歴史のある欧米の知見に学びながら、中国、インドを中心にアジアの国がしっかり「グローバルガバナンス」の舵取りができるようになる必要があることを谷口氏は強調した。

【金木 亮憲】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月22日 17:51

東京都がLINE Credit(株)に業務改善命令NEW!

 LINE Financial(株)(東京都品川区、齊藤哲彦代表取締役社長CEO)は1月21日、子会社であるLINE Credit(株)(東京都品川区、吉永幹彦代表取...

2020年01月22日 16:01

「スマホで錬金術」「月収120万円」謳い高額請求~東京都の情報商材販売業者に業務停止命令NEW!

 東京都は1月21日、情報商材やシステムサポートの通信販売、電話勧誘販売を手がけている(株)WAVE(東京都新宿区、長尾豊代表)に対し、特定商取引に関する法律に基づき...

2020年01月22日 15:48

(株)ハーモニー(北海道)/老健施設運営NEW!

 ハーモニーは1月14日、函館地裁に民事再生法の適用を申請した。

2020年01月22日 15:17

「犯罪の6割が再犯」に立ち向かう 居住支援で安全な社会をNEW!

 「犯罪件数の約6割が再犯であり、その再犯者の約7割が無職者」(平成26年矯正統計年報)――安全な社会をつくるためには、再犯を防ぐことも重要であることがわかる。さらに...

2020年01月22日 14:42

レギュラーガソリン、全国平均価格151.6円~11週連続の値上がり・福岡は151.9円NEW!

 資源エネルギー庁が1月22日に発表した石油製品小売市況調査によると、1月20日時点でのレギュラーガソリン1Lあたりの全国平均価格は151.6円で、前週から0.5円値...

2020年01月22日 14:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~「ゴーンは日本の刑事裁判から逃げた」との論評について(前)NEW!

 情報番組「ひるおび」のMCによるコメントは日本のニュース番組のMCをお笑い芸人に託していることの欠点を示していた。お笑い芸人は事象を瞬時にウイットを利かせて伝達する...

2020年01月22日 13:30

中国経済新聞に学ぶ~顔認証は利便、脆弱性に心配NEW!

 これまで「出かけるのにサイフは要らない、顔があれば大丈夫」という言葉は、「世の中の人はみんな兄弟のように仲良し」で「顔が利く」市場のことを指していた。しかし今では、...

2020年01月22日 13:00

「心の健康」気にしてますか?(前)NEW!

 仕事のストレスを抱える人が増えるなか、メンタルヘルスケアの重要性が高まっている。健康な人も、半健康な人も、疾患にかかっている人も、いきいきと働けるようにするには、ど...

2020年01月22日 11:52

辛麺屋桝元、山口初出店となる新下関店をオープン

 「辛麺」発祥の店として知られる(株)桝元(本社:宮崎県延岡市、長曽我部隆幸社長)は22日、山口県初出店となる新下関店をオープンさせた。

2020年01月22日 11:46

【業界ウォッチ】イオンの地域産品「江刺旬鮮館あがらいん」

 スーパーでは近年、地元農家の野菜を集めてコーナー化することや、地域の漁港で水揚げされた水産物を直送し売り場に並べたり、地域で飼育された肉を販売したりするなど、生鮮食...

pagetop