わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月18日 11:23

『脊振の自然に魅せられて』「雨上がりの山歩き ブナ林の幻想的な光景を求めて」

霧のベールで覆われたブナその1

 梅雨時の山歩きは幻想的な光景に出会うことができます。脊振山系には多くのブナやリョウブがあります。雨上がりで霧に覆われ、それらが幻想的に佇んでいるのです。静寂の中、自然界の生命を感じる時間でもあります。

 霧のシルエットを撮影した写真を友人に贈ると、「日本画家の東山魁夷の世界だね」と言ってくれました(私の写真集「脊振讃歌」に見開きで掲載しています)。

 今年7月14日(日)、間もなく雨が上がりそうだったので、家内に「雨上がりの山は幻想的な光景がみられる」と伝えると「行ってくれば」と言われました。

 体がだるく、山行きを躊躇していましたが、家内の一言が背中を押してくれました。自宅を出たのは、いつもより遅い午前9時、国道263号・旧道の三瀬峠を車で越え、佐賀県の金山脊振林道の登山口に着いたのが午前10時でした。

 林道に入ると雨はあがっていました。小爪峠の登山口に車を停めて、雨対策のスパッツ、レインコート、ザックカバーを装備し、いざ出発。

 ガス(霧)※に覆われた山は静かで、落ち葉を踏みしめる音がよく聞こえます。昨年、取り付けた小型道標が緩んでないかをたしかめながら、小爪峠へと向かって登山道を進んでいきます。

 その時のことです。「ドドッ!」という音が・・・。中型のイノシシが一匹、私の10m先を走っていたのです。体は丸く、尻尾は垂れていました。多分、食事中だったのでしょう。私の足音に驚いて逃げたものと思われます。雨上がりは地表にミミズや昆虫が出てくるので、土や落ち葉をイノシシが掘った後を登山道で良く見かけます。

 20分ほどで小爪峠に着きました。ススキで覆われた峠に10年前に立てた道標が浮かび上がっていました。

 ここから金山(967m)の縦走路へとさらに歩を進めます。雨で濡れた登山道沿いに樹木がガスのなかに浮かびあがっています。6月に咲いたドウダンツツジやヤマボウシが咲き終わり、種となる姿を見せていました。

 小爪峠―金山の中間地点のビューポイントで一休み。展望台となる岩の上に腰かけ、ザックから非常食の練乳とペットボトルに入れた柿の種を口に入れます。あたりはガスに覆われ真っ白、何も見えません。普段なら脊振山が見渡せる場所です。

目の前には10年前に立てた道標がこちらを向いています。今年の春、この道標を磨いたので、雨に濡れた木製の道標は光っていました。

 ここから金山方面へ進んだ時、「ド、ド、ド!」と、登山道左の笹藪から右の笹藪へと3頭のイノシシが猛スピードで駆け抜けていきました。3頭が隙間なく連なり、一直線に走り抜けたのです。びっくりするというよりも「すごい!」という感じでした。猛スピードで駆け抜けるイノシシを目の前で見たのは初めてのことでした。

ブナその2

 少し雨が降ってきました。大きなブナをふと見上げると枝から幹へと雨が伝わり、流れていました。ひさしぶりに見る光景でした。

 早速、カメラをビデオモードにして撮影します。しかし、濡れたモニター画面がよく見えずピンボケになってしまいます。そこで、カメラモードに切り替えて撮影を続けます。縦、横とアングルを変え、感度が足りないので、高感度に切り替え、さらにシャッターを切ります。「手ぶれするなよ」と祈りますが、良い写真は撮れませんでした。

 その後、すばらしいブナ林がある場所に到着。ガスの中、登り斜面にブナの木が浮かび上がっています。感動を覚え、アングルと露出を少しオーバー※にして、さらにシャッターを切りました。ブナの樹々は美しく、枯れ木がシルエットとなって浮かび上がっています。私は曇りかけのファインダーからレンズのなかへと、この光景を呼び込みました。

 撮影は終わりました。ここから10分の金山の山頂へは行かず、踵を返し小爪峠へと引き返すことにします。時計を見て時間を確認、午後1時30分には登山口に戻れるはずです。

道標をきれいに

 道中、気になっていた道標「NO.13」を磨きます。雨で濡れているので、道標の汚れはすぐに取れ、きれいになりました。さらにペットボトルの水をかけて仕上げます。まだまだ道標は丈夫だなと確認し、登山口へと戻ります。飲み水をすべて道標にかけてしまったので、喉に渇きを覚え、雨で増えた沢の水で喉を潤します。到着時間は予定通りの午後1時30分。汚れた登山靴、スパッツ、ザックのレインカバーを沢の水で洗いました。雨上がりの登山は思い描いた通りの光景でした。

※山では霧のことを「ガス」と呼びます。
※霧のなかの撮影は露出を少しオーバーにします(+0.3か0.7にすると幻想的に撮影できます)

2019年7月18日
脊振の自然を愛する会
代表 池田 友行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月14日 07:00

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(2)NEW!

 人口の少ない地方都市では百貨店が成り立たなくなったことを象徴する。閉鎖・縮小は経営判断としては当然と思う。政令指定都市の北九州でも3店は多すぎた。黒崎店は家賃の引き...

2019年12月14日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~ローソンの中国デリバリー売上7%に(後)NEW!

 外資系コンビニブランドは商品の供給チェーンなどでしっかりした基礎を打ち立てたが、中国人の味覚に合った飲食の現地化イノベーション(革新)では、地元コンビニの挑戦に直面...

2019年12月13日 16:51

ゲイツ1階で厳選和牛の焼肉を

 福岡市博多区中洲のランドマークの1つでもある大型商業施設「Gate’s(ゲイツ)」1階に、12月18日(水)、『和牛焼肉食べ放題 焼肉 巻次郎(以下、巻次郎)』がオ...

2019年12月13日 16:34

今年の漢字は「令」に決定~3万427票を獲得

 日本漢字能力検定協会は12日、世相を漢字一字で表す「今年の漢字」を京都市の清水寺で発表。21万6,325票の応募のなかから選ばれたのは新元号の「令和」にも使われた「...

(株)熊本清掃社(熊本)/産業廃棄物処理

 熊本清掃社は、12月10日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同13日、同地裁より破産手続開始決定を受けた。

2019年12月13日 15:50

【記者座談会】消費増税、反動減長期化か~2019回顧と展望(1)

 2019年は消費増税対策で始まり、増税後の反動減対策で終わろうとしている。企業買収や統合・合併などの再編の動きは少なかった。担当記者に九州流通業界の5大ニュースを中...

2019年12月13日 15:13

小郡母子殺害事件、被告に死刑判決

 福岡地裁は13日、福岡県小郡市で殺人罪に問われていた元福岡県警巡査部長に死刑判決を言い渡した。

2019年12月13日 15:00

ホワイトマーク 8月、9月は新たに2社が認定

 安全衛生優良企業認定(ホワイトマーク認定)は、労働者の安全や健康確保対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善しているとして、厚生労働省が企業を認定する制...

2019年12月13日 14:28

「『本部』が勝手に発表した」!? いきなり!ステーキ

 業績の低迷が続く(株)ペッパーフードサービス(本社:東京都墨田区、一瀬邦夫社長)は、19年12月期末配当の無配修正や、収益性低下が見込まれる44店舗の撤退を決定する...

2019年12月13日 14:22

宇宙ビジネスを可能にする切り札:宇宙エレベーター(後編)

 中国は現代版シルクロードと呼ばれる「一帯一路構想」を推進している。アジアとヨーロッパ、そしてアフリカや南米にまで道路、鉄道、港湾などインフラ整備を進め、新たな巨大な...

pagetop