わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月19日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(後)

■プライドを捨てて生き残り策に奔走

 7月10日、横浜銀行と千葉銀行が「業務提携で合意した」との発表があり、業界にインパクトを与えた。いまや銀行同士の業務提携(アライアンス)はとくに珍しくもないが、地銀の総資産で1位(横浜銀)と3位(千葉銀)の銀行の提携だけに与えた衝撃は大きかった。東京を挟んで、時にはライバル同士ともとられる地銀の両雄ですら「助け合わなければ生き残れない時代」になったのか……。

 「アライアンスによるシナジー効果を狙う」。金融機関の提携ではよく聞く謳い文句だが、要は「自前では解決できないので他所の力を借ります」ということ。プライドの高かった日本の銀行が、なりふり構わない生き残り策に走り始めた。

 一部業務の提携、勘定系システムの共通化など、潮流は銀行の合従連衡の時代だ。中には営業区域の離れた銀行同士のアライアンスも目に付く。これがさらに進み、持株会社化や統合へと道が続いていく場合もある。

 日銀の試算で「地銀の6割が10年後には最終赤字」といわれる時代であり、うかうかしていると破綻の憂き目に遭いかねない。むしろ「(統合に)早めに動き、イニシアティブをとった方が、後のことを見据えれば有利になる」と話す金融機関幹部もいる。

 国もそれを後押ししている。当初、公正取引委員会が「待った」をかけたふくおかフィナンシャルグループ(FG)と十八銀行(長崎)の経営統合は、一定規模の債権譲渡を条件に承認されることとなった。以前なら同一営業区域(ふくおかFG傘下の親和銀行は長崎県佐世保が地盤)同士の銀行の統合など考えられないことだったが、「特例的」に認められた。4月に開催された政府の未来投資会議でも、「地銀の業績悪化による仲介機能不全を避けるためには(独占禁止法の特例も)やむなし」との議論が出ている。

■地元金融機関の動向を注視すべし!

 地域金融機関の統合・集約化の波は地銀を筆頭に信用金庫や信用組合にも及ぶ。それは大なり小なり職員、借り手、預金者にストレスを与えことになるだろう。それでも、もはや不可避な状況だ。

 店舗統廃合で職員はリストラの恐怖におびえるかもしれない。現場で急速に導入が進んでいるAI(人工知能)やロボットアドバイザーのスキルを上げることも生き残る方策の1つだ。「管理職はITリテラシーが足りない。文系出身の部門長なら、プログラムの内容までわからなくてもいいから、せめてどういうシステムを構築しているかぐらいの知識はもってほしい」と専門家はアドバイスしている。

 一方、株主や顧客、預金者、さらにはライバル社や行政機関など、広範なステークスホルダーはどうするか。地元の金融機関の動向を絶え間なく注視し続けていく必要があるだろう。そして来るべき「その時」のための備えを怠らないことだ。地域金融機関は地域の重要なインフラであり、ある種のライフラインでもある。その大きな変動の時期は、もうすぐそこまで来ている。

(了)
【渋谷 良明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月20日 08:53

オフィスランドが「第2回大文具まつり」~3月20、21日北九州市小倉北区でNEW!

 大平紙業グループの文具専門店、オフィスランドは3月20日(金)~21日(土)、北九州市小倉北区の西日本展示場で「第2回大文具まつり」を開く。

2020年01月20日 07:00

多くの大手ハウスメーカーとスクラムを組み月間1,000棟を手がける九州トップの足場会社NEW!

 「BIKE MEN style」(ビケメンスタイル)。筋骨隆々の若者が表紙を飾るどこかのマニアックな情報誌かと思えば、それは意外にも(株)ダイワが制作した雑誌スタイ...

2020年01月20日 07:00

愛され続けて36年 不動産のプロとして顧客をサポートNEW!

 イタリア由来のデザイン、最新の住設備を取り入れた自社ブランドマンション「モントーレ」シリーズで好評を得ている西武ハウス(株)。その始まりは1983年8月に現代表の豊...

2020年01月20日 07:00

汗を流して挑戦し、短期間で急成長 アジアの物流網を駆使し事業領域拡大へNEW!

 福岡ロジテム(株)は2005年、東京の上場物流企業である日本ロジテム(株)と福岡のコバヤシライン(株)が九州エリアの強化を目的に共同で設立した。代表取締役社長を務め...

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

pagetop