わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月13日 07:00

【パチンカー代の『釘読み』】私たちはなぜパチンコを辞められないのか(後)

 前稿では勝ちの経験=成功体験が尾を引きパチンコを止められない可能性について言及した。パチンコホール通いを減らせない・やめられない理由としてほかに何が考えられるのだろうか。

A:遊技ファン歴10年 B:遊技ファン歴20年

その2:ほかに趣味がない

ケツが決まっている時に限って事故る(=しばらく当たりが終わらなくなる)不思議

 「時間があるから打つという感覚が身に染み付いてしまってるんですよね。要は、ほかに時間やお金をかけようと思えるような趣味が見つけられてないんですよ。パチンコホールに行って、うまい具合に当たりを引き続ければ4~5時間はすぐに経ちます。いい暇潰しになりますし、使ったお金は景品として戻って来るかもしれません。運が良ければ、使った金額以上の景品を手にすることもできます。
 女性とデートしたり映画を観たりというのも良いのですが、即日何か実感できるリターンがあるわけではない。同じお金を消費するなら、少しでも見返りを期待できるパチンコのほうが良い、と考えてしまうんです。こんな感じで即物的にしか物事を考えられないから、ダメなんでしょうけどね(笑)」(B)。

 「友人との待ち合わせの合間に打つなんてことは結構ありますよ。夜飲みに行く約束をしていたとして、友人から『あと10分ぐらいで着く』と連絡があったとする。待ち合わせ場所の近くにパチンコホールがあったら店内に入って、ジャグラーに座るんです。頭のなかにあるのは『ビッグボーナス引ければ飲み代の足しになる』という卑しい考えですよ(笑)。Bさんが言ったように、時間があったら打つという感覚が、体に染み付いてるんでしょうね」(A)。

 AとBに共通する「時間があったら打つ」というパチンコホールに足を運ぶ動機付けは、趣味をもっている人であれば共感しやすいのではないか。映画好きであれば「週末あの映画を観に行こう」、旅行好きであれば「時間ができたからあそこに行ってみよう」となるはずだ。

 ただ、パチンコとそのほかの趣味の間には「世間体」に関して大きな差がある。前者を含む風俗営業に対する世間の目は厳しいのが実情だ。

やめられる環境が整った

景品交換、今となっては懐かしい響き…

 「私は今仕事が楽しくなってきたので、自然と仕事に時間やお金を費やすようになりました。規制強化の影響もあり、今後パチンコホールに行く回数はもっと減るでしょうし、最終的にはやめることも出来そうな気がします」(B)。

 「最近はYouTubeでパチンコ・スロットの実践動画を見る機会が増えましたね。プロの方から素人の方まで、多彩な趣向の動画があり飽きません。あと、そうした動画を見ている内に、自然と満足しちゃってて、『別に(パチンコホールに)打ちに行かなくてもいいかな』と思うことが増えました。実際行く回数は減っています。動画を通じて、規制強化でどれだけ打ち手が勝ち難くなったのかをまざまざと見せつけられる機会も増えましたし、私も今以上に行く回数が減って、最終的にはやめられると思っています」(A)。

 遊技ファンのAとBが止められない理由として挙げた「過去の成功体験が忘れられない」ということ。それに起因した、パチンコ・スロットが趣味になったので「時間があったら打ちに行く」という感覚。この2つの要因はしかし、「規制強化による過去の成功体験の粉砕」。「打ち手の生活環境の変化にともなう来店回数の減少」により、AとBのなかからは消えつつある。2人はパチンコをやめられそうだといっている。

 遊技人口の減少、パチンコホールの統廃合は今後さらに加速していくだろう。既存の遊技ファンがパチンコを止められる環境(=規制強化)が整っている。最後の一押しとなるのは各遊技ファンの内的要因(生活環境の変化など)だ。

遊技業界が生き残るには、参院選の結果も踏まえ、一層の団結が必要だ

【代 源太朗】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(16)

 ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区からの朝倉市立松末小学校体育館床改修工事の寄贈を巡って、これまで15回当サイトで連載してきた。

2019年12月07日 07:00

DEVNET INTERNATIONAL 世界本部 総裁に明川文保氏が就任!(2)

 ECOSOCは14の国連専門機関、機能委員会、そして5つの地域委員会の経済、社会および関連業務を調整する主要機関です。ECOSOC設立に関する、国連憲章の第10章第...

2019年12月07日 07:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(中)

 吉川工務店(福岡市)のオーナーが西部ガスに会社を売却する決断をした(巷の評価では12億円内外)。絶好調の建設会社の環境も永遠に続かない。いずれ企業存続をするかどうか...

2019年12月06日 18:17

代表逮捕のガイナックスは生き残れるか

   アニメをはじめとする映像作品の企画から製作・販売までを手がける(株)ガイナックス。同社代表取締役の巻智博氏(50)が、5日、少女に対するわいせつ容疑で逮捕された...

2019年12月06日 17:05

たった10円の時給アップが大赤字を生む

 深刻な人手不足のなか、どの業界も人が集まらず、悲鳴をあげている。きつい仕事は敬遠され、「いかに楽をして稼ぐか」を仕事選びの条件にしている求職者が多いのも事実だ。

2019年12月06日 16:31

DEVNET INTERNATIONAL 世界本部 総裁に明川文保氏が就任!(1)

 国際連合主要機関の1つである国連経済社会理事会(ECOSOC)がカテゴリー1に認定するDEVNET INTERNATIONAL世界本部の総裁に、明川文保氏の就任が決...

2019年12月06日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 11月29日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援(15)~嘘が罷り通ることを許してよいのか!

 ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区からの朝倉市立松末小学校体育館床改修工事の寄贈をめぐる疑問点の1つに、当時2017-18期のLC-337A地区と地区内に設...

2019年12月06日 13:32

【凡学一生のやさしい法律学】さくら疑獄事件(4)

 「総理大臣の犯罪」。この言葉で日本国民誰もが思い出すのが田中角栄元首相のロッキード事件だろう。いまだに理解に苦しむことは、事件の端緒がアメリカ議会公聴会での証言を基...

2019年12月06日 13:00

【事業継承の教訓】ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ裁判から何を学ぶのか(前)

 マンション業界のドンであった田原學氏が難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患い、長い闘病生活を経てこの世を去った。2017年3月7日のことである。この偉人の訃報が届い...

pagetop