• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月15日 07:00

年に一度のご先祖さまの里帰り~お盆にまつわるエトセトラ

 「盆と正月がいっぺんに来たようだ」とは、嬉しいことなどが重なったときに使われる言葉だが、正月はともかくとして、お盆は何が嬉しいのだろうか?――と、子どものころに思ったことがある。

 盆も正月も、普段なかなか会えない祖父母や親戚などが一堂に会するところは似たようなものだが、お年玉がもらえたり、初詣に行ったり、おせちがあったりと、華やかなイメージが強い正月に比べると、仏間に盆提灯などを飾り付け、お坊さんを家に招いて仏壇の前で皆が手を合わせるようなお盆は、幼心にどうしても暗いイメージを抱いていたものだった。正月とは違い、直接的な人の“死”を感じさせる行事だということも大きかったのだろう。

 やがて時が経ち、筆者もそれなりに歳を重ねた。もう随分前に祖父母らを見送ったこともあって、今では盆に対する暗いイメージなどはすでになく、どちらかというと厳かな気持ちで迎えるようになっている。だが今年も盆が近づいてくるにつれ、幼いころに感じた気持ちを何となくふと思い出した。せっかくなのでこの機会に、盆について改めて考えてみたいと思う。

 夏季に行われる祖先の霊を迎えて祀る一連の仏教行事――というのが、そもそも盆についての一般的な認識ではないだろうか。人が亡くなり、通夜・葬式および四十九日法要を終えた後に最初に迎える盆を「初盆」と呼ぶのも、よく知られている。

 盆とは、仏教行事である「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の略称であるとされるが、実は仏教伝来とともに日本にこの盆の風習が伝わったわけではない。祖先の霊を迎えて祀る風習自体は仏教伝来の以前からあったとされ、「先祖祭り」や「精霊祭り」「みたま祭り」などと呼ばれていたそうだが、後に仏教行事の盂蘭盆会と習合。そして、今のようなお盆のかたちになったといわれている。

 お盆の期間については、全国的に多いのは8月15日前後の3~4日間だが、7月15日前後に行うところや、8月1日前後に行うところなどもあり、全国一律で定められているものではない。一連の行事は、盆初日の「迎え火」から始まり、最終日の「送り火」や「灯籠流し」で終わることが多く、その途中の期日でお墓参りや、お坊さんを招いての法要を執り行うというのが一般的だろう。

 「盆踊り」というのも、本来はその名の示す通り、踊りによって祖先の霊を供養するための儀式とされており、盆期間中に行われることが多い。なお、盆の行事の内容や風習については、各地域や各宗派、さらには各家庭によってもさまざまな様式の違いがあり、こちらも一律のものはない。なかには、花火や爆竹を鳴らすといった少々過激な風習のところもあるようだ。

 前述の「灯籠流し」も、長崎を中心とした九州の一部地域では、歌手・さだまさしの曲名として知られる「精霊流し」と呼ばれたりもする。ちなみに、前述の送り火として全国的に最も有名なのは、おそらく京都の「大文字焼き」であり、盆踊りとして最も有名なのは、徳島の「阿波踊り」だろう。

 期間中、主に仏壇の前では盆提灯を飾って絶やさず灯し続けるほか、故人や祖先の霊魂があの世とこの世を行き来するための乗り物として、キュウリやナスでつくられた「精霊馬(しょうりょううま)」などを飾るところも多い。盆の飾りつけの内容も、地域や宗派、各家庭によって異なり、こちらもさまざまな様式があるようだ。

 なお基本的には、お盆の際に帰ってくるのは故人や祖先の霊魂だが、そのときにいわゆる“無縁仏”や供養されない霊魂なども訪れるとされており、そうした“方々”のために仏壇の横や戸外に「餓鬼棚(がきだな)」を設け、そこにもお供え物をするような風習もある。余談だが、筆者の祖母や母もお盆には餓鬼棚を設けてお供え物をしており、祖先以外の霊魂も来ているという話を聞いて、幼いころは何となく怖さを覚えたものだった。

● ● ●

 ここまで、取り留めもなくつらつらと書き連ねてみたが、こうして改めて考えてみると、お盆というのは故人や祖先を敬いしのぶ機会が得られるという、実に日本らしくて、良い風習なのではないだろうか。

 もちろん本来であれば、毎日は無理でも折に触れて仏壇に手を合わせ、故人や祖先に対する想いを常日頃から伝えておくのに越したことはない。だが、核家族化が進み、さらには単身世帯も増えている現在、仏間や仏壇がない家庭も多く、日々仏壇に手を合わせるという行為は難しくなってきている。だが、お盆であれば、実家への帰省とともに、故人や祖先へのお参りをする、またとない動機付けになるに違いない。

 今ではお盆は、正月やゴールデンウイークと並ぶ、長期休暇の代名詞的な位置づけになっており、その期間を利用して、旅行やレジャーを楽しむ方も多いだろう。そうした過ごし方ももちろん素敵なのだが、ときには故人や祖先をしのび、ゆっくりと過ごしてみるのもいいのではないだろうか。

【坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、か...

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

pagetop