わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月11日 07:04

次世代の日本ラグビー界が進化、発展するために(中)

(公財)日本ラグビーフットボール協会 会長 森 重隆 氏

リーグのプロ化について議論を

 ――話は変わりますが、前述された通り、前回W杯後、日本ラグビー界にはブームが到来しました。しかし、そのブームはおそらく6カ月程度であり、約1年後には世間から忘れられた存在となりました。その原因は何だったのでしょうか。

 森会長 やはり、国内最高峰のリーグであるジャパンラグビートップリーグ(以下トップリーグ)へブームを還元できなかったことです。本来であればJRFUと試合会場の各自治体が連携しながらプロモーションを行い、訴求力を高めて1人でも多くの方々にラグビーの面白さを伝えて、観にきていただこうとする行動力が足りなかったと分析しています。そのほかの原因もあるでしょうが、トップリーグを盛り上げきれなかったことが一番の原因であると思います。

福岡高校ラグビー部監督時代の森会長
(写真左背中/福岡高校ラグビー部90周年記念ビデオより

 ――現在もトップリーグが盛況であるとは言い難い状況です。単刀直入ですが、現状を打破するにはプロ化は不可避ではありませんか。

 森会長 そうですね。日本ラグビー界が永続的に進化し続けていくには、プロ化は避けられません。私案として、まずはトップリーグのプロフェッショナル化を明確にすることでしょう。今のトップリーグはプロとアマチュアが混在しています。アマチェアの存在も大切ですから尊重しながらも、純粋な国内プロリーグが必要なのです。

 世界のラグビーの動向を見れば一目瞭然ですが、アマチュアのままであれば、ティア(tier)1の強豪10カ国に入ることは極めて困難でしょう。ティア2(中堅国13カ国)のままで満足できるのでしょうか。世界の強豪の仲間入りをするには、国内のプロリーグは必要です。

 ――以前から、国内ラグビーのプロ化について是非が論じられてきましたが、なぜ議論が進まなかったのでしょうか。

 森会長 それはJRFUが真剣に向き合い、具体的な行動に移さなかったからです。つまり自ら出向いて、トップリーグのチームのオーナーや代表へ直接伝えることをやらなかった。チームの担当者をJRFUに呼んでプロ化について語ったところで、JRFUの想いは伝わりません。なぜなら担当者はサラリーマンであり、自分で決裁することができないからです。本気でプロ化を実現するためには、やはりチームのオーナーや代表と直接向き合って伝えていくことから始めなければなりません。これは、私と新たに副会長に就任した清宮克幸でやっていくことになります。

 ――プロ化に向けた具体的なアクションプランについてはいかがでしょうか。

 森会長 まだ新たな体制が発足したばかりで、また新任の理事の方々もいらっしゃるので、焦ることのないように、丁寧にコミュニケーションをとっていきたいと思います。そして前述した通り、チームすなわち企業側の協力が不可欠です。拙速なことにならぬようにじっくり腰を据えて企業側とこれからのラグビー界について議論していきます。

 新任理事の1人である境田正樹さんは弁護士であると同時に、男子プロバスケットボールB.LEAGUE(Bリーグ)の創設と日本バスケットボール協会の改革にも尽力され、Bリーグと同協会の理事を歴任されてきました。境田理事からは、バスケットボールリーグのプロ化の経験を基に、「絶対に焦ってはいけません。企業との共存共栄とともに全国各地の自治体との相互理解と連携が大変重要です。プロリーグを開催することで、それぞれの自治体の地域活性化に貢献できる具体的な効果を示していくことです。地道にやることが大切です」と説明を受けました。

 サッカーのJリーグ、バスケットボールのBリーグの活動を参考にしながら、グランドデザインを策定し、コミュニケーションを構築しながら、プロ化を進めていきたいと考えています。

(つづく)
【河原 清明】

<プロフィール>
森 重隆(もり・しげたか)

1951年11月6日福岡市生まれ。福岡県立福岡高等学校からラグビー選手として活躍し、2、3年時に全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。明治大学に入学して1年次から公式戦に出場。4年時に日本代表に選出される。同学卒業後、74年に新日本製鐵(現・日本製鐵)釜石製鉄所に入社。同社ラグビー部に所属し、78年〜84年まで日本選手権7連覇したなかの1〜4連覇に主将、選手兼任監督として貢献。引退後故郷に戻り、91年(株)森硝子店の代表取締役を継ぐ(現職)。その間、母校福岡高校ラグビー部のコーチ・監督となり後進の育成に務める。2015年にJRFUの副会長に就任。19年7月にJRFU会長に就任。現役時代は日本代表として27テスト。『ヒゲ森』の愛称で親しまれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

2020年01月17日 11:54

【2/3開催】福岡県企業立地セミナーin東京

 福岡県は2月3日、東京都内の会場で、「福岡県企業立地セミナーin東京」を開催する。セミナーでは小川洋・福岡県知事のほか、昨年2月、福岡県久留米市に国内外向け化粧品の...

2020年01月17日 11:26

JADMA、福岡で賀詞交歓会開催

 日本通信販売協会(JADMA)は16日、福岡市内で賀詞交換会を開催。協会会員および関係者95名が出席した。

2020年01月17日 10:45

まちかど風景・中央区~旧大名小跡地側に商業ビル

 福岡市中央区大名エリアでは「アパホテル福岡天神西(2020年5月開業予定)」や、「旧大名小学校跡地活用事業(ザ・リッツ・カールトン福岡など)」の工事が進んでいる。福...

2020年01月17日 10:33

業務委託と称し労働者を二重派遣~東京都中央区のIT業者に事業改善命令

 東京労働局は2019年12月26日、システム開発業務やIT人材派遣業務などを手がける(株)プロフェース・システムズ(東京都中央区、田一輝代表)に対し、労働者派遣法に...

2020年01月17日 09:00

離職率5%以下実現を目指す「心が折れない」職場づくり(後)

 メンタルヘルステクノロジーズでは、子会社のAvenirを通じて産業医や保健師などの専門家による相談体制の構築のほか、専門医によるメール相談や電話相談などを通して、企...

2020年01月17日 07:30

アスコット傘下で事業に弾み加速する「アメイズ」マンション

 「アメイズ」「ネオス」シリーズのファミリーマンションを販売する(株)シフトライフ。「良質でありながら、市場より抑えた価格のコストパフォーマンスに優れた住まいを提供し...

pagetop