• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月14日 07:05

中小企業の現場で実現できるのか 働き方改革の課題とこれからの展望(前)

 来年4月から中小企業にも本格的に適用される働き方改革。だが、人手不足が進むなかで、本当に中小企業の実情が反映されたものなのか、働き方改革の先行きを懸念する声も多い。企業現場での多くの経験から、この課題にいかに立ち向かうべきかを議論し続けている働き方評論家、千葉商科大学国際教養学部専任講師の常見陽平氏に現状と今後の展望を聞いた。

中小企業の経営現場を反映したものか

働き方評論家、千葉商科大学国際教養学部専任講師の常見陽平氏

 働き方改革は、恵まれた大企業にはできることでも、中小企業の経営の実態にあったものなのか。働き方改革の実現に向けて開かれた働き方改革実現会議には、有識者として多くの経営者や専門家が出席していた。

 だが、日本の雇用の7割を担う中小企業を視野に入れた考えをもつ者は少なく、中小企業の経営の実情がかなり反映されにくいなかで決まった法律であることも事実ではないか。大企業と中小企業の立場の違いがかたちになったのは、組織体制づくりの準備期間として1年くらい遅れて適用されることくらいだ。

 大企業と中堅・中小企業には、さまざまな格差がある。大企業の業績に左右される中堅・中小企業も多く、採用活動のために人手不足のなかで労働環境を良くしないといけないという課題も抱えている。さらには働き方改革という理想を掲げられても、顧客や取引先との関係があって実現が難しいことも多い。

ITやオフィス、人材への投資が必要

 本来の働き方改革は、企業や人の力を発揮できる方法を見つけて「改革」するものだが、電通過労自死問題などの報道から労働時間を減らすことばかりが注目され、いかに前向きに働き方を変えていくかにまで議論がおよんでいないことが問題だ。

 また、これまでは現場の創意工夫や経営者の意志次第で、効率的に仕事を進めて労働時間を短くできるといわれてきた。だが、「気合いと根性」だけで現場を解決できる問題ではなく、仕事の量や進め方を改革するためには、企業としての投資が不可欠だという視点が見落されている。

 具体的には、ITシステムやオフィス、人材への投資だ。たとえば、多様な働き方として、オフィスの外で仕事をするテレワークを取り入れるためには、社外で仕事に使うパソコンのハッキングや情報漏えいが起こらないように、ビジネスに使える安全なシステムに変える必要がある。

 また労働時間を把握することが義務付けられたが、効率的にチェックするためにはICカードなどの仕組みづくりが必要だ。次に、オフィスへの投資では、今まで全員が毎日出社するのが当たり前だったが、これからはテレワークなどのさまざまな働き方の人が仕事しやすいように会議室などを変える必要がある。

 さらに、労働時間が短縮されるなかで仕事を早く進めるためには、採用を増やす必要が出てくる可能性もあり、仕事を効率化できるスキルを身に付けるためのトレーニングも必要になる。

 ほかの業種の優れた方法を取り入れることが、現場の改善にもつながっている。たとえば、快適で仕事がしやすい管理が行き届いた職場づくりや作業工程の「見える化」を実現している「トヨタ生産方式」は、大手製造業だけに役立つノウハウでなく、あらゆる業種で生かせる方法だ。そしてこれからは、働き方や役割分担の見直し、多様な人材の登用、人材の育成なども必要になる。

 いずれにしても、表面的な取り組みだけでは解決できない。企業の仕組みそのものにメスを入れなければ、働き方改革を踏まえた組織体制に変えられないのではないか。

人手不足のなかでどう実現するか

 多様な働き方を取り入れて労働時間を減らすことがいわれているが、人手不足のなかで今までのやり方でそのまま人材を多様化するのは現場にあったやり方ではない。多様な人材でいかに仕事の役割を分担するかを考えて、多様な働き方を生かしたチームワークをもって仕事できる体制づくりが必要だろう。

 たとえば、多様な人材を登用して前向きに事業を進めているのは、石川県で食品加工業を営む(株)オハラだ。ヒット商品のために人手不足になったオハラでは、早朝限定で高齢者に働いてもらう制度を取り入れて、一気に人手不足を解消したという。

 食品加工業で朝から工場を稼働しているため、忙しい商品の製造ラインでは、早朝4時ごろから9時ごろまで高齢者のアルバイトが活躍している。アルバイトの募集も大人気だという。高齢者は早起きという強みを生かして、人が集まりにくい時間に人材を活用して現場をうまく回している。年金問題がもち上がるなかで、シニア世代の仕事探しの課題にも一役買っているのではないだろうか。

 また、農業も人手不足といわれているが、北海道・札幌市にある果樹園では1~2時間の短時間で高齢者の勤務を取り入れており、フルタイムでは仕事をしづらい人材を活用して仕事を分担している。今までの常識にこだわらず、多様な人材を活用して事業がうまく回る仕組みをつくることも、人手不足のなかでの企業の活路の1つではないだろうか。

(つづく)
【石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月05日 07:00

プラスチック製レジ袋の有料化 各社各様でスタート

 7月1日から全国で一律にプラスチック製レジ袋の有料化が始まった。持ち手のない袋やバイオマス素材25%以上配合の袋は対象外となる...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(4)

 そもそも7年前に導入が決まった時点では、1基の建造費は800億円と言われていた。それが、あれよあれよという間に2倍以上に膨れ上がり、2基併せて4,500億円になって...

2020年07月04日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】関電責任取締役提訴事件(3)真実隠蔽過程の序章

 かつて「関電疑獄」として、関電収賄事件の解説記事を連載した。そのとき、不祥事を引き起こした取締役会自身の手によって、ヤメ検を中心とした真相究明を目的とする「第三者委...

2020年07月04日 07:00

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(後)

 「単純作業の自動化が重要だと思っています。たとえば、営業で問い合わせを受けたときに必ず行うルーティン業務があります...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(3)

 実は、EMP攻撃のリスク分析はアメリカでは20年前から行われている。というのも、国防総省そのものが、仮想敵国を標的にしたEMP兵器の開発に取り組んできたからだ...

2020年07月03日 16:57

この世界、どうなる?(8)「マイアミ・ナイス」

 私が学生のころ、日本のテレビでは「マイアミ・バイス」というアメリカ製のテレビドラマが流行っていた。ドラマ・アナリストによると、「よくできたシリーズ」だったそうだ...

2020年07月03日 16:45

加熱処理乳酸菌FK-23は抗ガンに高い効果 酵素処理乳酸菌LFKはインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制

 DEVNETは、ニチニチ製薬と提携して、FK-23を免疫強化や抗ガンなどに、LFKをインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制、花粉症などのアレルギー対策などに役立ててい...

2020年07月03日 16:15

6月、九州北部地方の月平均気温が過去最高の24.9℃に

 福岡管区気象台によると、6月の九州北部地方(山口県を含む)の地域平均気温平年差は、1946 年の統計開始以降最高となり、もっとも暑い6月となった...

2020年07月03日 16:02

手ぶらでBBQ!カリフォルニアバーベキュービーチでアイドルが体験レポート

 福岡のアイドルグループ、ふくおか官兵衛Girlsの白石ありさと、NEO☆学院の望月琉菜が「California B.B.Q BEACH」(福岡市西区今宿)をレポート...

筑後商事(株)(旧・(株)マミーズ)(福岡)/スーパー「マミーズ」経営

 同社は6月22日、福岡地裁柳川支部から特別清算開始決定を受けた...

pagetop