• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月15日 07:05

中小企業の現場で実現できるのか 働き方改革の課題とこれからの展望(中)

日本の仕事の多さは行き届いたサービスが原因?

 残業時間の削減がいわれているが、個人の能力やスキルの問題ではなく、顧客からのイレギュラーな要望に対応することが残業の大きな理由になっていることも事実だ。チップが普及している欧米とは違って、日本はサービスが無料と見られていることも、残業や人手不足の原因になっている。行き届いたサービスは日本の良いところだが、仕事のやり方を見直さなければ、今までの働き方を変えることは難しい。

 たとえば、採用や人件費などの課題が多いコンビニ業界では、人手が足りない夜間だけコンビニの販売価格を上げるなど付加価値のあるサービスに加算するのも1つの方法だろう。もし山で飲み物を買おうとすると、登山口から山の中腹、山頂と上に登っていくごとに飲み物の値段が上がっていくものだ。

 便利なものやニーズがあるサービスに付加価値を乗せる方法は、企業にとっても大切な視点ではないか。付加価値のあるサービスに加算することで、それとなく顧客にサービスの価値を使えられるため、イレギュラーな仕事を減らして現場をスムーズに進められる効果もある。

 また、どこまで日本企業で実現できるかは別だが、欧米企業はサービスレベルの基準をはっきりと決めており、サービスでミスをしないことよりも、ミスがあった時に顧客の気持ちを汲んだ手厚い対応をする方が喜ばれて宣伝効果もあり効率的という考え方もある。

 また、顧客から無理な受注を受けてイレギュラーな仕事が起こることも、職場が多忙になる原因になっている。そのため、採算や働き方のスケジュールと照らし合わせて、仕事の受注体制を決めることも必要ではないか。

 「予約の取れない寿司屋モデル」にたとえるとわかりやすい。寿司のネタと同じく、商品にどのぐらいのプレミア感があるかが大きいため、すべての企業に当てはめることはできないが、お店にある席数の範囲で客を呼ぶ仕組みだ。なかには受注条件を決めてしまう企業もあり、あるデザイン制作会社では、受注ルールに対する企業姿勢をはっきりと公表しているという。

 どこまで実現できるかは企業の経営状況にもよるが、ルールに合わない仕事はあえて受けないことやイレギュラーな対応にはチャージすることも、働き方改革に対する1つの答えではないだろうか。

 ビジネスが社会の仕組みである以上、大企業も中小企業もお互いの仕事はつながっている。理想論ではあるが、大企業も中小企業とともに繁栄しようという発想がなければこれから発展しないのではないか。

働き方改革で失われるもの、仕事のムダは本当にムダなのか

 仕事の効率化を求めるあまりに、一見「ムダ」だと思われるが実は大切なことが抜け落ちてしまうのではないかとも懸念している。

 たとえば多くのアイデアは、普段のコミュニケーションのなかから生まれている。だが、労働時間の削減や成果主義が進むと、ムダだと思われる会議や雑談が減っていく。切羽詰まった状況から起こることもあるが、オフィスで真面目に仕事しているだけではない健全なムダからも、将来の新しい事業につながるイノベーションが見つかっていることを見落すことはできない。

 さらに、人を育てるのも、組織のチームワークを生むのもコミュニケーションの力だ。大手IT企業がテレワークを進める一方で、リアルなオフィスで話し合う時間をつくっているように、ひざとひざを突き合わせて話す会議も大切だ。

 また、近年ではさまざまな雇用形態の人が企業で働くようになり、同じ企業のなかで立場の格差ができたことも飲み会を含めたコミュニケーションが減る原因にもなっている。日本企業の収益性が伸び悩むなかで、ビジネスの次の一手を考えるコミュニケーションの時間までもが働き方改革でなくなるのではないか。

 合理性を具現化したような外資系のGoogle(グーグル)でも、勤務時間の一部をあえて仕事以外のことに取り組むよう勧めている。効率化を追求する日本社会でもこの姿勢を取り入れてはどうか。これまでの日本企業にあった前向きなムダがなくなってしまった今は、外資系企業から学ぶ時代なのかもしれない。

 また、今ではコンプライアンスがあり難しくなってしまったが、これまでは企業の本業の経費や資材をこっそりと使い、社員が気になることを調べたりつくったりするヤミ研究があった。一見すると趣味とも思われるヤミ研究の成果は、その実態とは裏腹に後に大きな事業に発展してビジネスに活用されているものも多い。効率主義社会ではムダと思われることが、将来の事業につながった事例だ。

 さらには、年功序列だった社会に成果主義が普及した時のように、労働時間を短くすることで職場のチームワークが失われないようにすることも大切だろう。

 たとえば、バトンゾーンといわれる、A部署の担当でもB部署の担当でもない仕事、言い換えると誰の仕事でもなくお互いに拾いに行く仕事がどの組織にもある。だが、仕事の効率化ばかりを求めると、現場では仕事をする範囲を限定するようになるので、人と人や部署と部署の間にある仕事が断絶してしまう恐れがある。

 一見すると価値がわかっておらずムダと見られる仕事も、先の明るいビジネスに関わる大切な仕事だったとなくしてしまってから気付いたという事例もある。働き方改革に気を取られるあまり、日本社会が大切な何かをなくしていたということはないだろか。

(つづく)
【石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月21日 17:02

これから加速する地銀の経営統合

 47都道府県に本部(本店)を置く地銀の分布表によると、全国に地銀は103行ある。内訳は第一地銀が64行で第二地銀が39行となっている。第一地銀のうち、経営統合してフ...

2019年10月21日 16:32

【特別連載】反社勢力に利益供与の「くるまドットコム」に融資か~大牟田柳川信金、西日本シティ銀行ら金融機関の責任〈「断たれた絆」番外編・前〉

 これまで4回の連載で明らかにしてきた、有限会社くるまドットコム代表・諸藤壮一氏のさまざまな疑惑について、諸藤氏は1回目の記事(15日付)を掲載後、代理人経由で記事の...

2019年10月21日 16:06

太宰府市の駐車場車内で女性の遺体発見、男女3人を死体遺棄容疑で逮捕

 福岡県警は10月21日、福岡県太宰府市にあるインターネットカフェの駐車場に止めた車内で、市内に住む高畑(こうはた)瑠美さん(当時36)が遺体で発見された事件について...

一瞬にかけて躍動するヒガシの青春(前)

 当校の体育部は16(含応援団)。その多くが開校と同時の1955(昭和30)年に発足している。10年後にはボクシング部が全国高校総体で個人優勝。以来、剣道部やバスケッ...

2019年10月21日 15:13

ホークスと福岡オープントップバスがコラボ~ヤフオクドームツアーも

 福岡ソフトバンクホークスと西鉄は福岡市内の主要観光スポットをめぐる福岡オープントップバスのルートにヤフオクドームを追加した「ホークスコラボツアー」の運行が決定したと...

2019年10月21日 14:29

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(10)~異なる業態を、同質化させずに取り込むには

 強者の論理で自分たちの価値観を押し付け、同質化を推進する結果になれば、異業態を取り込む意味はない。だからと言って放任というわけにもいかない。

2019年10月21日 14:20

【業界ウォッチ】ゴーストレストラン「出前館」

 「ウーバーイーツ」の参入で、フードデリバリーサービスに注目が集まるなか、国内最大のポータルサイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会は、8月22日から、新たなプロジ...

武蔵小杉タワマン被災喝采日本の創設者

 台風19号による豪雨によって川崎市の武蔵小杉では、タワーマンションで浸水などによる深刻な停電、駅で浸水などの被害が広がっているが、「ざまあ」などの投稿が広がっている...

2019年10月21日 11:50

動き出した5G通信市場(前)

 5G通信の商用化が世界各国で本格化している。大容量データを遅延なく高速にやり取りできるのを特徴とする5Gは、既存の4G/LTEと比べて、「高速大容量」以外にも「多数...

2019年10月21日 11:29

「路上でお酒を飲ませろ」、ハロウィーン前に禁止条例反対デモ~東京・渋谷

 「路上でお酒を飲ませろ」−−。飲食店の並ぶ東京・渋谷の繁華街で10月18日夜、若者たちのシュプレヒコールが響き渡った。月末にハロウィーンを控え、始めて適用される路上...

pagetop