わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月19日 11:26

日韓の経済力格差は?(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 筆者は1981年に日本に留学する機会を得た。日本は1954年から1973年までの19年間、実質GDP成長率が9.3%という驚くべき成長を記録し、いわゆる高度成長を経験した後であった。日本企業が全世界の企業ランキング上位にずらりと並び、高品質の日本製品は米国市場を圧倒するようになり、日米貿易戦争が引き起こされた時期でもある。その当時の日本は韓国に比べてあまりにも豊かで、韓国人としては日本の経済の豊かさが羨ましい限りで、日韓の経済力を比較すること自体がナンセンスだった。

 当時、日韓の経済力格差は10倍以上あったと思われる。実体験としては、韓国では年に1度食べられるかどうかの高価なバナナが日本では普通にスーパーで売られていて、とても安かったので、びっくりした記憶がある。それにウォークマン、象印の炊飯器、ラジカセなど、韓国では購入できない高品質な電化製品が日本では市販されており、その当時、日本に行くことがあったら、秋葉原に行って、日本の電化製品をお土産として買って帰る韓国人が多かった。

 「1億総中流」という言葉が流行し、日本では国民の誰もがそれなりに幸せな生活を営んでいるように見え、本当に感動した覚えがある。それを象徴するかのように、日本には都市の中心部以外の至るところに繁華街があるのも印象的だった。

 当時、韓国は貧しい人が多かった。都心はそれなりに栄えていたが、中心街から少し離れると、景色が全然違っていた。一方、日本は1992年に世界で最初に国民1人あたりのGDPが3万ドルを上回るなど豊かであった。

 しかし、その後20年以上、日本の名目GDPはあまり成長していない。日本の1人あたりGDPが3万ドルに達した時期、韓国の1人あたりのGDPは8,000ドルほどだった。しかし、韓国はその後成長を続け、日韓の経済力格差はかなり縮まってきた。昨年の日本のGDPは約5兆1,000億ドルであるのに対し、韓国のGDPは1兆7,000ドルである。

 人口比率などを考慮すると、日韓の経済力は比較できるレベルになっている。1人あたりのGDPで比較すると、日本は3万9千ドルで、韓国は3万1千ドルである。日韓の経済力がかなり近接してきたことがわかる。今後、韓国の1人あたりGDPが日本を追い越すことになるだろうと予測する専門家が多い。

 韓国に戻ると、経済発展に驚かされることが多い。ソウル郊外の衛星都市に行っても、ソウルの繁華街を彷彿とさせる光景によく出あう。

 韓国人が海外旅行から戻り、よく口にするのが、「世界中どこに行っても韓国ほど恵まれて住みやすいところはない」という言葉である。国民自身も生活の豊かさを実感しているわけだ。

 韓国はIT先進国で、世界のどこよりもインターネットのスピードが速いことは自慢しても良いだろう。韓国は輸出依存度の高い国なので、単純比較には無理があるが、日本の年間輸出額は7,348億ドルであるのに対して、韓国の年間輸出額は6,000億ドルくらいである。輸出規模も、日本とそれほど差が開いているわけではない。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月20日 08:53

オフィスランドが「第2回大文具まつり」~3月20、21日北九州市小倉北区でNEW!

 大平紙業グループの文具専門店、オフィスランドは3月20日(金)~21日(土)、北九州市小倉北区の西日本展示場で「第2回大文具まつり」を開く。

2020年01月20日 07:00

多くの大手ハウスメーカーとスクラムを組み月間1,000棟を手がける九州トップの足場会社NEW!

 「BIKE MEN style」(ビケメンスタイル)。筋骨隆々の若者が表紙を飾るどこかのマニアックな情報誌かと思えば、それは意外にも(株)ダイワが制作した雑誌スタイ...

2020年01月20日 07:00

愛され続けて36年 不動産のプロとして顧客をサポートNEW!

 イタリア由来のデザイン、最新の住設備を取り入れた自社ブランドマンション「モントーレ」シリーズで好評を得ている西武ハウス(株)。その始まりは1983年8月に現代表の豊...

2020年01月20日 07:00

汗を流して挑戦し、短期間で急成長 アジアの物流網を駆使し事業領域拡大へNEW!

 福岡ロジテム(株)は2005年、東京の上場物流企業である日本ロジテム(株)と福岡のコバヤシライン(株)が九州エリアの強化を目的に共同で設立した。代表取締役社長を務め...

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

pagetop