• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月19日 14:22

ライオンズクラブ337-A地区 明るい未来をつくるために(1) 輝けるライオンズパーソン 

 世界最大級の奉仕団体として知られるライオンズクラブ。同クラブは、『We serve』─「ライオンズクラブを通じて、ボランティアに社会奉仕の手段を与え、人道的ニーズを満たし、平和と国際理解を育む」という使命声明文を発し、「地域社会と人道奉仕におけるグローバル・リーダーを目指す」とビジョンを掲げており、その歴史は、100年を超えている。

 NetIBNewsでは、これまで10回に渡り(参照記事:「ライオンズクラブを本来の姿に─337-A地区の今とこれから─(1)」)ライオンズクラブ337-A地区内で過去に発生した出来事を掲載したが、良いトピックスとは言い難い内容である。

賛否両論の反響

 その連載について、各方面の読者の方々から、さまざまな反響をいただいた。

 「ライオンズクラブを批判することを否定いたします。負け犬の遠吠え」

 「記事に偏りがある。受け入れられない」

 「あながち、偏っているともいえない」

 「記事内容が真実なら、あまりにも低俗。当事者はリーダーになる資格なし」

 「337-A地区だけでなく、どの地区でも起こっているようである。ある一部の人間が自分の名誉欲のために、ライオンズクラブ内の役職の権限を悪用し、かつ他人を利用・踏みつけて、名誉を得ることに愕然とした」
と“両極・中間”の意見を多数いただいた。

 前項の最終回に綴ったように、ライオンズクラブおよび337-A地区の品性・品格を貶めるのが目的ではない。また特定の個人を攻撃するものでもない。

 自分の名誉や権力を振りかざすためのライオンズクラブではなく、奉仕する団体─地域社会・人道に対して真摯な奉仕活動を実践するライオンズクラブであって欲しいとの思いから連載を始めたのである。

尊敬されるライオンズクラブ

 筆者の近所に住む、ある少年野球クラブに所属する選手は、「毎シーズン、ライオンズクラブ杯があります。いつも格好いい紳士たちが開・閉会式にきています。そして試合のために、たくさんご支援くださっています。ライオンズクラブは、格好いいです。とても憧れます。大人になったらライオンズクラブに入れるように頑張りたいです」と純粋に語った。

 少年野球大会以外でも、各地域で奉仕活動が行われており、皆が尊敬の念を抱いている。つまり一般の方々は、ライオンズクラブは「淑女・紳士らが私心なしで、地域と人々の楽しみや幸せのために、奉仕活動を行っている崇高な団体である」と認識している。 “ほとんど”のクラブ会員は、奉仕の心で活動しているのだ。

 それらのご意見に対して、我欲のために活動する一部クラブ会員はどう感じるだろうか?

 「ライオンズクラブ337-A地区の明るい未来のために、より深掘りした内容の連載を行って欲しい」というリクエストがあった。そこで前回の続きとして、再びライオンズクラブ337-A地区についての連載を開始することにした。リクエストいただいたように、より深い内容の発信を行い、337-A地区、さらにはライオンズクラブの将来像やその役割についても述べていきたい。

 今後もご意見やご提言お待ちしております。

(つづく)
【河原 清明】

▼関連リンク
ライオンズクラブを本来の姿に─337-A地区の今とこれから─(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月01日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(後)NEW!

 新幹線を所管する国土交通省鉄道局は、「現時点で、整備新幹線のスキームを見直すことは検討していない」という。新幹線整備にともなう地元負担をめぐっては、過去にもいろいろ...

2020年06月01日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(後)NEW!

 福岡市においては高島宗一郎市長が19年4月の市長会見で、スーパーシティ構想への意欲を示している。

2020年05月31日 07:00

ストラテジーブレティン(252号)~「コロナパンデミック中間総括」(後)

 コロナ以前から3つの歴史的趨勢が起きていた。1. ビジネス、生活、金融、政治のすべてを覆いつくすIT・ネット・デジタル化、2. 財政と金融の肥大化による大きな政府の...

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

pagetop