• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月21日 07:00

どうする?どうなる?社会保障(2)

年金はどのように運用されているか

 年金は、年金積立金管理運用(独)(GPIF)により市場で運用されている。運用資産額は約151兆円で、市場運用が開始された2001~2018年度第3四半期までの収益率は年率2.73%だ。2014年の財政検証で設定された実質的な運用利回り1.7%以上を確保できるように、国内債券35%、国内株式25%、外国債券15%、外国株式25%と資産運用割合をGPIFが定めて運用している。前回の見直しよりも国内債券の運用割合が減り、国内外株式と外国債券の割合が増えていることが特徴だ。

後期高齢者医療制度が抱える課題

 75歳以上が加入する後期高齢者医療制度は、公費が5割、現役世代の健康保険からの支援金が4割、75歳以上の高齢者などの保険料が1割からなっている。とくに後期高齢者支援金は増加しており、健康保険組合や協会けんぽなどの健康保険での負担が大きくなっている。そのため2017年からは、これまで加入者数で計算していた支援金を、賃金の平均水準に変更する総報酬制が導入された。だが、後期高齢者医療制度は一番医療が必要な世代が集まっているため、運用方法は引き続き課題だ。

※クリックで拡大

病院から、地域や介護施設のケアに広げる体制に

 2014年に医療・介護総合確保法ができてから、医療の枠組みが大きく変わっている。病床機能報告制度では、重篤な患者を治療する「高度急性期」、発症から間もない治療をする「急性期」、急性期・在宅復帰に向けて医療やリハビリをする「回復期」、長期療養の入院患者をケアする「慢性期」のうち、どの段階の医療を提供するのかを医療機関が都道府県に報告する。

 そして、将来の地域の医療ニーズを基にして、病院の機能を分けたり統合する「地域医療構想」を都道府県が作成する。さらに2025年までに、身近な地域で医療や介護などが一元的に提供される仕組みをつくり、医療と介護の連携を強化する。

 また、5月21日に報告された「2040年を見据えた社会保障の将来見通し」によると、2018年に約121兆円だった社会保障給付費は、高齢化とともに2025年には約140兆円、2040年には約190兆円になると予想されている。医療費も1.5倍以上になると見込まれているため、2025年までに「高度急性期」と「急性期」の病床を合わせて3割減らし、軽症の患者を自宅や介護施設での治療に移す方針だ。

社会保障の将来予想

 社会保障の未来はどうなるのだろうか。とある30代夫婦の例で予想した。夫婦はともに34歳の共働きで、娘が1人いる3人家族だ。共働き世帯の手取り月額収入は、56万5,000円(賞与含む・2017年厚生年金の男女平均より)。今から40年後には出生率が1.35、男性の平均寿命が83歳、女性が90歳になるといわれている(日本の将来人口推計:2012年)。

 経済成長や労働参加率は今の社会から大きく変化していない2023年まで実質経済成長率が1.2%の内閣府試算の「参考ケース」のなかで、2024~2054年ごろまで(1)ほぼゼロ成長で実質経済成長率(対物価)が0.1%の場合と、(2)マイナス成長で-0.2%の場合の2通りを見てみた。

(1)経済成長率0.1%のほぼゼロ成長

 物価が年1.2%上がり、実質運用利回り(対物価上昇率)が2.8%だとすると、2040年度に標準世帯モデルの所得代替率が50%を下回る。夫婦が55歳になるころには、健康保険料は約10%から約12%に上がっている。共働き夫婦が65歳になる2050年には、物価が今の1.5倍の世の中で、夫婦の年金はおよそ32万円になっている。

(2)マイナス成長で経済成長率-0.2%

 物価が年0.9%上がり、実質運用利回り(対物価上昇率)が2.2%だとすると、2038年度に標準世帯モデルの所得代替率が50%を下回る。共働きの夫婦が65歳になる2050年には物価が今の1.3倍になっており、夫婦の年金はおよそ28万円だ。

 (1)、(2)は今の社会状況からの予想だ。社会保険からなっている社会保障制度は、少子高齢化だけでなく、経済の先行きからも大きく影響を受ける構造だ。これからの社会の成り立ちがどう変わっていくかはまだわからないところもあるが、将来は、今とはまったく違った社会の仕組みになっている可能性も考えられる。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月12日 16:59

半分の工期で済む、倉庫・工場建設NEW!

 倉庫・工場建設の受注に特化しているゼネコンのある部長が、「マンションの工事なんかやってられないな!」とうそぶく。今回、12億円の工場の受注を請けたというので、「納期...

2019年11月12日 16:39

福島瑞穂・前川喜平氏が萩生田文科相を批判、「表現の自由へのどう喝」「資格に欠く」NEW!

 福島瑞穂参議院議員(社会民主党)は11日、東京・平河町のホテルでパーティーを開き、前川喜平・前文部科学事務次官とともに、教育行政をお仲間や民間に売り飛ばす萩生田光一...

2019年11月12日 15:54

【交通取締情報】11月13日、八幡東区で実施NEW!

 福岡県警は11月13日(水)、八幡東区で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年11月12日 14:37

「預金保管料時代到来」その対応策とはNEW!

 SBIホールディングスが福島銀行の株を買い取り、筆頭株主に躍りでたというニュースが流れた。別の情報では第二地銀9行がSBIに支援打診を行っているとか。銀行が融資を受...

2019年11月12日 14:33

【書評】『結婚式 結婚とはなに?こだわるべきことは?』NEW!

 過去52年にわたり結婚・結婚式を見続けてきた著者だからこそ、なんとなく「恋愛」してなんとなく「同棲」して「結婚」に向かっている若者に「結婚とは何か?」「結婚式・婚礼...

2019年11月12日 14:25

曖昧な株式管理が生んだ名門ゴルフクラブの経営権争い(前)NEW!

 ゴルフ場創業者の死後、株式の所有をめぐり、裁判が続いている。舞台は、福岡県糸島市にある「ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ(以下、クイーンズ)」だ。高速ICから車でわず...

2019年11月12日 13:40

監訳者に聞く 「MMT(現代貨幣理論)」とは何か?(1)NEW!

 「MMT(Modern Monetary Theory、現代貨幣理論)」とは何か。一部のメディアや経済評論家からは「トンデモ理論」「論外」などとほとんど全否定されて...

2019年11月12日 12:00

「サブ空港」が最善 北九州空港が採るべき戦略

  マルチエアポート化  福岡県は、福岡空港と北九州空港の「マルチエアポート化」を将来構想として視野に入れている。両空港を同一空港として運用するもので、どち...

2019年11月12日 11:31

【JR九州列車運行状況】鹿児島本線、山陽本線、交通事故の影響による遅延が発生

 JR鹿児島本線の小森江~門司間の沿線付近で起きた交通事故の影響により、12日午前11時10分現在、以下の路線の一部電車で遅延が発生している。

2019年11月12日 11:21

【福岡市政インサイダー情報】高島市長も毎年およばれの「桜を見る会」は、ケチくさい公金買収

 ごぶさたしております。今年3月25日以来の登場となる「福岡市政インサイダー」こと、わたくしです。一部では、正体がばれて役所を飛ばされた、なんて話も出ていたみたいです...

pagetop