• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月23日 15:15

“人間中心”のAI戦略とブロックチェーンの可能性(前編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2019年8月23日付の記事を紹介する。


 わが国の内閣府は昨年、「未来投資戦略2018」を作成し、次世代モビリティとヘルスケア・システムの確立に向けた本格的な取り組みを始めた。世界が注目するように、日本は「課題先進国」として、少子高齢化、地方衰退、社会保障費の拡大による財政悪化、400万社の中小企業の後継者不足、食料・エネルギー問題、頻度と規模の増す自然災害など、さまざまな課題への対応を迫られている。

 そのため、安倍首相も自ら音頭を取って、「未来への投資」戦略を打ち出したわけである。時は折しも「令和」になり、新しい時代に相応しい国家戦略として「Society 5.0」(第4次産業革命)実現への大号令をかけることになった。

 過去の歴史を振り返れば、人類は「狩猟社会」「農耕社会」「工業社会」「情報社会」と段階的な進歩を遂げてきた。そして、次なる時代のカギとなるコンセプトは「超スマートデジタル社会」といえるだろう。要は、「誰もが、いつでもどこでも、安心して、自然と共生しながら、価値を生み出す人間中心社会」を目指そうということに他ならない。

 更には、国際社会との調和という観点も重要視されている。国連が採択した「SDGs」を支援することで、「価値創造」「多様性」「分散」「強靭」「持続可能性・自然共生」といった普遍的で国際的な価値を追求しようとする新たな試みといっても過言ではない。今後、日本が想定する目標は日本発の「Society 5.0」で実証する課題解決ノウハウを世界と共有しようということである。

 経団連でも「多様性を内包した成功のプラットフォーム」を新たな企業価値創造の中心に据えようとの提言をまとめている。その背景には、人口減少で人材や市場の確保に困難が生じると思われる近未来の日本にとっては、多様な国籍と異なる背景の人々が日本で活躍、成功のきっかけを提供することが欠かせないとの危機感が感じられる。と同時に、日本人自身の内なる国際化も求められるようになった。

 これまでの時代とは異なり、新たな未来戦略の目玉は「人間能力の向上」に置かれている。言い換えれば、「頭脳としてのAI」「筋肉としてのロボット」「神経としてのIoT」を合体しようという野心的な発想である。

 具体的には、“人”の場合は、「身体・感覚・創造性の拡張」が目標として掲げられている。“企業”の場合は、「出島」戦略と呼ばれる方針が提唱されている。何かといえば、既存の企業にとっては業態や組織内のプロセスを一気に大きく変えることは容易でないため、会社本体から離れた組織を設け、権限を委譲することでイノベーションを引き起こそうという方策である。江戸時代の長崎の出島になぞらえたものである。

※続きは8月23日のメルマガ版「“人間中心”のAI戦略とブロックチェーンの可能性(前編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月21日 17:16

九州自動車道で渋滞が発生NEW!

 九州自動車道(上り線)では21日午後5時現在、筑紫野IC~太宰府IC間で7kmの渋滞が発生している。

2019年11月21日 15:21

【政界インサイダー情報】国土交通省、国へのIR申請期間を正式に提示NEW!

 NHKなどで報道されたので、皆さんもすでにご承知のことと思いますが、国土交通省は19日、先日ご説明した「RFP」について、IRに関する各候補地の管轄行政から国への申...

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(4)NEW!

 大きな被害に見舞われた朝倉市立松末小学校(2018年3月閉校)の復旧活動の先陣を切り、地域を一体にするきっかけをつくった公益財団法人朝倉青年会議所(朝倉JC)。

2019年11月21日 14:14

九州地銀の2020年3月期 第2四半期(中間期)決算を検証する(1)

 九州地銀(18行)の2020年3月期の第2四半期(中間期/9月期)決算発表日の推移表をみると、トップで発表したのは西日本FH(西日本シティ銀行・長崎銀行)で、昨年よ...

2019年11月21日 13:43

『脊振の自然に魅せられて』「見事な脊振の紅葉」

 「そろそろ脊振の紅葉時期だ」。4駆のマイカー(トトロ2号)で椎原のバス停から板谷峠に続く県道136号の山道を走る。上り坂の中間地点にある荒谷集落付近は2年前に起きた...

2019年11月21日 13:17

続々・鹿児島の歴史(3)~大隅の神宮と寺院~

 平安時代、政府の地方支配は重税の関係から徴税が困難な状況で、深刻な状態でした。『今昔物語』巻二四に「大隅国の郡司和歌を読めること」という説話史料があります。趣旨は、...

2019年11月21日 11:17

【業界ウォッチ】渋谷スクランブルスクエア

 東急が中心となってJR東日本、東京メトロも参画する高さ約230m地上47階地下2階の大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア(東棟)」が11月1日に開業した。17階...

2019年11月21日 11:11

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(15)~揚げ物ばかりの総菜売り場

 惣菜のポイントは「選べる質と量」だ。店舗にとって生産性を考えると揚げ物が一番良い。加工のほとんどを店の外で行えるからだ。店舗では揚げるだけだから手間ひまは加工食品に...

2019年11月21日 10:57

【凡学一生のやさしい法律学】憲法改正について(8)

 安倍晋三総理大臣は自衛隊の存在が常に憲法違反だと野党勢力によって非難されていることは、自衛隊職員にとって、いわれなき苦痛であり、自衛隊の存在を憲法違反と非難されない...

2019年11月21日 10:49

アベノミクスがもたらした日本経済崩落 政治刷新による国家保障最低ライン引き上げ急務(1)

 日本経済の凋落が目を覆うばかりである。メディアによるアベノミクス礼賛と茶坊主言論人の日本経済礼賛は戦時下日本を彷彿させる。大資本利益極大化と国民窮乏化を追求する政策...

pagetop