• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月26日 09:20

IoT革命は現実になるのか(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 最近、物同士がインターネットにつながるようになる「IoT」が新聞紙上をにぎわしている。

 IoTは4次産業革命において欠かせない概念で、家電製品などを中心に、私たちの日常生活にも少しずつ浸透しはじめている。

 今回はIoT革命ははたしてどのようなもので、本当に実現するのかを取り上げてみよう。

 IoTとは、「Internet of Things」の略称で、私たちの身の回りのさまざまなモノがインターネットにつながるということである。センサーと通信機能を備えているもの同士がインターネットによってつながり、モノ同士が通信することを指している。

 このようなことが実現できるようになったのは、ネットワーク技術の進歩と、デバイスやセンサーが安価で手に入ることなどによってIoTの基盤が整ったからである。

 IoTの構成要素といえば、何らかの変化をセンサーのような入力デバイスが感知し、その情報を電気信号に変換して通信モジュールなどのIoTデバイスに送る。通信モジュールが送信する情報をバケット通信網経由で集め、クラウドに保管、それを分析して、分析結果から意味のある情報を導き出す。それを人間を介さずに、機械同士に担わせることだ。

 今までのインターネットは人間同士のやり取りが特徴だった。一方、IoTは人間同士だけではなく。物同士のデータのやり取りを実現している。その結果、膨大な量のデータが発生するのは容易に想像ができる。

 このような膨大なデータを人間だけが解析するのは限界があるので、人工知能などを活用しようとしているわけだ。

 IoTは自動車の自動走行などを中心に、意欲的に進められている。IoTが導入されることによって、今まで体験できなかった新しい機能やサービスが提供されるようになる。また、今まで把握できなかった新しい情報の入手も試みている。

 情報収集の入力デバイスであるセンサーの代表格には、温度、湿度、加速度、圧力センサーなどがある。

 だが、ひとくちにIoTと言っても、実際にはいくつかのレベルがある。レベル1は周辺環境の変化を測定し、その結果を送信するレベルである。

 レベル2は、周辺環境の変化を測定し、その結果を送信するだけでなく、測定結果により何か意思決定をして、環境を変えるレベルである。

 最後のレベル3は、周辺にほかの機器があることを認知し、ほかの機器と通信し、協調できるレベルである。

 自動車を例にいうならば、タイヤの空気圧を測定して送信するのがレベル1で、道路の車線が自動的に認識され、自動でハンドルを操作してくれるのがレベル2、レベル3は、道路を走行しているほかの自動車が認識され、互いに通信しながら自動走行できるレベルであろう。

 現在の技術水準はレベル2に達している。ところが、現実はどうかというと、最近、通信機能搭載でIoTを実現したという謳い文句の製品をよく見かけるようになった。

 通信機能が追加されただけで、IoT製品になるかといえば、少し疑問である。マーケティング的には製品の販売にプラスになるかもしれないが、実際はそのような製品は本当の意味のIoT製品に該当しないので、何の意味もなさない。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop