• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月29日 10:59

【文在寅「光復節」演説】「抑制」したのか、「悲鳴」を上げたのか!?~日韓チキンレース、序盤戦の様相は?(前)

 8月15日の文在寅・韓国大統領の演説が注目された。結果的には「抑制された内容」(毎日新聞)「反日より克日」(韓国・中央日報)という評価が少なくない。日本の外務省高官も「明らかにトーンが変わった」と言っている。日本政府が貿易管理の厳格化路線を打ち出して約1カ月半。韓国政府側も最近、対抗措置を打ち出した。日韓の面子をかけたチキンレースが、暑い夏をさらに熱くしている。

異例の経済演説

 「日本の不当な輸出規制に立ち向かう」。文氏は「8・15」演説のなかで日本の政策を批判しつつ、「今からでも日本が対話と協力の道に出れば、我々は喜んで手をつなぐ」と関係改善を訴えた。歴史認識への言及を抑え、「日本が隣国に不幸を与えた過去を省みて、東アジアの平和と繁栄をともに導くことを望む」と述べた。

 演説の中心に経済を据え、「経済」という言葉が39回も登場した。「光復節の演説としては異例の経済演説」。韓国メディアがそう論じたのも無理はない。

 日本の主要3紙の社説は、どう論じたのか。

 「抑制された姿勢の維持を」と論評したのは、毎日新聞である。「少し前まで強い言葉で非難し、反日感情を煽っていたのとは対照的である。抑制されたトーンが貫かれたことは少なくとも評価したい」と前向き評価である。

 読売新聞の社説は「日韓関係の修復に、本気で取り組むのか。具体的な行動をとらなければ、日本側の不信はぬぐえない」と手厳しい。「文氏は今月初めには、日本の輸出関連措置を『盗っ人猛々(たけだけ)しい』と非難し、『我々は日本に打ち勝てる」と、韓国国民の反日感情を煽っていた。日本との円滑な意思疎通を模索する姿勢には程遠い。定見に欠けるのではないか」。読売社説は論旨が一貫している。

 朝日新聞は16日付け社説に、文演説関連がない。いわば「スルー」した姿勢である。この新聞は時折、こういう紙面扱いを見せる。朝日なりの批評を聞かせてもらいたかった。

 私自身の社説評価をいえば、読売社説がプロフェッショナルな見方である。

 文演説の核心は、経済強国づくりを強調したということだ。39回も「経済」を強調したことに、端的に表出している。逆にいえば、韓国経済の現状に不安があるということだ。毎日社説も気づいているように「事前に専門家や政界から聞き取りをしたところ、経済問題で前向きなメッセージを出すべきだという意見が多かった」のである。

 ソウルのデモを見ていると、「日本NO」から「安倍NO」に変わってきた。

 ソウルの「反日デモ」は官製だから、このスローガンの変化には、政権・与党の思惑が反映している。風向きが変わったのは、例の中区役所の反日懸垂幕だ。市民から批判が殺到し、数時間で降ろされてしまった。

 今回の対韓輸出管理強化は、日本政府部内でもきっちりした事前調整なしで始まった。青瓦台も仰天した。拳を振り上げたが、経済戦争となると、まだ韓国は不利である。文在寅の抑制演説の背景は、そこにある。彼が演説で経済建設を呼号したのも、その文脈で理解できる。米国から言われて、日本との軍事協力を維持するための布石の演説だったと、私は見る。

 文氏が今回の演説で言及を避けた事柄がある。ほかでもない、韓国人元徴用工の問題だ。最近の日韓対立の本質は、徴用工問題で韓国政府が有効な善後策をとっていないことだ。「対日関係改善を望むのなら、両国関係の法的基盤である協定を尊重すべき」(読売社説)なのである。

(つづく)

<プロフィール>
下川 正晴(しもかわ・まさはる)

 1949年鹿児島県生まれ。毎日新聞ソウル、バンコク支局長、論説委員、韓国外国語大学客員教授、大分県立芸術文化短大教授(マスメディア、現代韓国論)を歴任。現在、著述業(コリア、台湾、近現代日本史、映画など)。最新作は『日本統治下の朝鮮シネマ群像~戦争と近代の同時代史』(弦書房)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop