わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月05日 09:44

『脊振の自然に魅せられて』「秋の花 キツリフネ」黄釣船 ツリフネソウ科

朝露に咲くキツリフネ
朝露に咲くキツリフネ

 前回のツリフネソウ同様、キツリフネも茎の下に花が釣り下がっています。

 ツリフネソウとの違いは花が黄色いことと、花が口を大きく開けており、お尻の部分が細くなって巻いていないところです。早朝、鑑賞に行くと、花の上で朝露が丸い真珠の玉のように輝いています。

 キツリフネとツリフネソウの花の形状の違いは、キツリフネには丸い刻みがあり、ツリフネソウはその刻みが小さいところです。

 自生している場所も異なり、それぞれ別の場所で咲いているので、ツリフネソウとキツリフネとの共演を見かけることはありません。

 花の奥にハナバチやクマバチが蜜を求め潜り込んでいます。昆虫を呼び込むツリフネソウ科独特の形状をしているからです。

 糸島市瑞梅寺ダム上部の瑞梅寺山の家から、瑞梅寺川の源流に当たる洗い谷(渓谷コース)を歩いていくと雷山―井原山の縦走路にでます。

 この登山口から10分ほど歩いた場所にあるスギ林に囲まれた渓谷沿いの登山道の脇にキツリフネがたくさん咲く場所がありました。もう20年も前のことです。

 当時は渓谷が美しい洗い谷に頻繁に撮影に訪れ、キツリフネを見るのが楽しみでした。しかし、年々、数を減らし、この地では消滅してしまいました。

 虫に食い尽くされたのか、環境の変化なのか、わかりませんが、植物にも生存競争があるようです。

 秋風に吹かれながら、黄色いキツリフネの姿に魅せられます。

キツリフネの家族たち
キツリフネの家族たち

 『秋風に 揺られ咲く花 キツリフネに ツクツクボウシ 遠くに聞ゆ』

2019年9月5日
脊振の自然を愛する会
代表 池田 友行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月13日 15:57

シン・エヴァの聖地、宇部新川駅を訪問NEW!

 映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」の興行収入が74億円を突破し、観客動員数も484万人を超えた。大型連休が控えていることを考えれば、100億円突破も射程圏内...

2021年04月13日 14:29

【STOP!文春砲】参院広島選挙区再選挙でネガティブ・キャンペーン?NEW!

 買収事件で逮捕された河井案里・前参院議員の失職にともなう「参院広島選挙区再選挙」は、菅政権初の“トリプル国政選挙”のなかで与野党が最も力を入れている天下分け目の決戦...

2021年04月13日 13:59

【4/15~21】中洲地区の飲食店勤務者を対象に無料PCR検査NEW!

 福岡市は中洲地区の飲食店に勤めている人を対象とした無料PCR検査を実施する。期間は15日~21日の平日午後4時~8時。事前予約は不要で、検査費用は無料...

2021年04月13日 13:20

新体制スタートの西友(5)コストに見合わない低価格販売NEW!

 西友の利益が向上しなかったのは、コストに見合わない低価格販売が一因だ。売価は食品スーパーより安い上、クレジットカードによる購入には毎日3%、月3回の指定日には5%を...

2021年04月13日 11:28

西部ガス、液化天然ガスの中国向け通年出荷を開始NEW!

 西部ガスは12日、中国へのISOタンクコンテナを利用した液化天然ガス(LNG)の通年出荷を開始したと発表した。北九州港のひびきコンテナターミナルから専用のコンテナ船...

2021年04月13日 10:25

【佐賀】物流拠点続々 鳥栖JCT半径10㎞圏に大型物流施設相次ぐNEW!

 福岡市・糟屋郡圏とともに九州の物流拠点になっている鳥栖JCTから半径10km圏に大型物流施設の立地や進出が相次いでいる...

2021年04月13日 09:41

別府名物「地獄蒸しプリン」を博多駅で期間限定販売

 良質な湯があちらこちらで湧く大分県別府市。温泉の噴気を利用して野菜や肉を蒸す「地獄蒸し」は絶品グルメとして知られているが、そのなかでも人気の高い「岡本屋地獄蒸しプリ...

2021年04月13日 07:00

バイデン大統領の諸政策と韓国への影響(後)

 バイデン政権の経済政策では、環境、労働、人権が優先されることが予想される。バイデン政権はパリ協定への復帰をはたし、50年までに二酸化炭素排出ゼロを目指すことになるだ...

2021年04月13日 07:00

【マンション管理を考える】新制度検討会、ウェブ総会も認容

 国土交通省は、2020年7月に「マンション管理の新制度に関する検討会」を設置。22年6月の改正マンション管理適正化法の全面施行に向け、議論を重ねている...

2021年04月12日 17:17

【縄文道通信第65号】縄文文化―音楽とオノマトペ~縄文道――武士道――未来道

 縄文人は自然のなかで、自然の摂理に従って生き続けてきたことからも、体の内からの声を音楽として自然に発していたことは想像できる...

pagetop