• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月13日 10:56

西日本新聞よ!現実を直視せよ(5)─(株)西日本新聞社OB鼎談(ていだん)─

 ――単刀直入にうかがいます。西日本新聞社は、このままだと消滅しますか

 ABC:残念ながら、そうなるでしょう。

 ――では、西日本新聞社は生き残るために何をすればよろしいでしょうか

 A:現経営陣を一掃しなければならないことは、明白です。今の経営陣にはマネジメント能力がありません。そして、社内の自浄能力も残っていません。繰り返しますが、1日も早く抜本的に経営体制を変えることが必要です。

 B:同社を含め、地方紙が1つになって、大同合併することがベストでしょう。どの企業が連携していくかは未知数ですが、まずは数社が一緒になることです。

 そして、リーダー(経営者)は新聞業界の人間にこだわる必要はなく、他業界の方でも構いません。経営改革に長けた方々は、たくさんいらっしゃいます。これまでの慣習にとらわれることなく、覚悟と信念をもった改革を実行できるリーダーが現れれば、生き残る可能性があります。

 新聞は、すでにデジタルの時代です。同社は、その時流に乗り遅れています。新聞の役割は普遍的で、行政や企業に対するチェック機能が求められます。広告は「個告」の時代で、これまで以上に、いかにより近いターゲットに訴求できるかが必要となってきます。できることはまだまだあるのです。

 C:太宰府に保有していた不動産を西日本鉄道へ転売するなど、保有する不動産を次々と売却したこと。グループ会社の西広が博報堂の傘下に入ったこと。そして、同社の100%子会社だった西日本新聞旅行は業界大手の日本旅行へ株式の70%を譲渡し、事実上、日本旅行のグループになるなど、資産と事業を切り売りして「延命」しています。

 決算書上は、黒字ですが、本業である新聞販売がどうにもならない状態です。つまり、事業構築ができていないのです。

 最終的には天神本社、つまり西日本新聞会館の売却です。会館の土地保有は、50%で建物は100%同社です。現在中核テナントである博多大丸さんへのテナント料の交渉もできない、定期借地権など契約の更新もできていません。

 近い将来、同会館の土地も建物も売却し、自分たちが「店子」になるのではないでしょうか。そうなると末期ですね。そうならないように、現経営陣が退き、先輩方がおっしゃる通り、新たなリーダーで立て直し、新たな事業をつくり上げることです。

 A:今の代表(柴田建哉氏)のままでは、ますます窮地に陥ってしまうでしょう。

 B:その通りです。紙媒体に固執すれば、近いうちに破綻し、西日本新聞社の歴史にピリオドが打たれてしまいます。業界人にこだわることなく、他分野から経営リーダーを招いて、新たな体質をつくり上げていくしかありません。そして、報道機関として地方紙ができる価値創造を追求し、新たなメディアとして確立させていくことにすぐ着手することです。

 C:西日本新聞社は収益を生み出すということに関して、真剣に取り組めないと推察しています。報道、ジャーナリズムの組織として生き残るには、NPOに鞍替えすることがベストでしょう。

 現在のデジタルでのニュースや情報発信は猛烈なスピードで進化しています。西日本新聞社が、価値あるニュースや特集記事などをデジタルで実現させることは、極めて困難でしょう。なぜなら、それらを構築できる人材が不足しているからです。

 だからNPOとして、地元の情報を地道に報道していく団体として歩んでいくしかないのです。

 ――皆さんの熱い想いが西日本新聞社に伝わることを祈っています。

(了)
【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)NEW!

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)NEW!

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

2019年10月18日 15:32

(株)海商、山本一隆氏が代表取締役社長に就任

  (株)海商(福岡市東区)は、代表取締役社長に山本一隆氏が就任したことを発表した。9月20日に山本峰雄会長が死去したことを受けてのもの。

2019年10月18日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」10月11日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop