• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月01日 09:06

忍び寄る中国の経済危機(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 不動産バブルはどのような状況だろうか。中国の都市化はほかの国と少し異なるところがある。ほかの国でも例外なく都市化は進んでいるが、農村から都市に人が集まると、それに合わせて都市を開発していた。しかし、中国は別のアプローチを選択した。

 1990年以前は農地であった浦東地区に高層ビルを建てると人々が集まってきた。中国はこれをきっかけに、「中国は人口が多いので、先に都市を建設しておくと、人が集まるだろう」と錯覚するようになった。中国の新都市建設計画を合計すると、すでに34億人が住めるような都市が建設されているという。

 中国の内蒙古にある康巴仕(カンパシ)という新都市を例に挙げよう。中国は康巴仕を100万人規模の都市として建設したが、ほとんど住む人がおらず、「幽霊都市」となっている。中国にはこのような幽霊都市が30カ所に上ると推測されている。

 なぜ、このようなむやみにも思える新都市開発が進められているかというと、都市開発に成功すると、地方自治体に莫大な利益がもたらされるからだ。地方自治体は農民から二束三文で土地を収用し、建設会社に高く売ることによって利益が発生していた。2007年から2015年までの7年間で、このような土地販売によって得た収益は22兆元に上るという。また、不動産開発は腐敗した公務員にとって収益が発生する絶好の機会でもあり、こうした不動産開発によって中国の経済が発展してきたといっても過言ではない。

 しかし、中国政府の経済の支えでもある不動産価格は2016年には上昇が止まり、2018年から価格が下降に転じている。不動産バブルがはじけると、地方自治体をはじめ、銀行、建設会社などが軒並み問題に直面することになる。

 不動産価格の下落により、中国経済の問題が徐々に浮き彫りにされつつある。とくに、中国の不動産開発会社は破産の危機に見舞われている。これまでは海外からの負債で開発を進めてきたが、不動産価格の下落により、資金繰りに追われて、危機に瀕しているからだ。中国の不動産開発会社の負債合計は3,500億ドルだが、その内965億ドルは今年返済しないといけない。

 最後に、中国のゾンビ企業について述べていこう。2018年以降、中国の成長率が下がることによって、ゾンビ企業が大幅に増えているとされ、大きな問題となっている。

 ゾンビ企業がなぜ問題かというと、競争力のない企業が市場から消えずに生き残って、生存のために価格を下げたりすると、ほかの企業もだめにして、さらにゾンビ企業を増やす恐れがあるからだ。

 中国は国営企業が多く、市場原理よりも政府の支援によって維持している企業が多いので、政府の補助金をなくしてしまうと、赤字に転落する企業はもっと多くなるだろう。中国は鉄鋼、造船、化学など21の業種で、過剰生産に悩まされている。ゾンビ企業の悪影響の端的な例である。
 統計によると、中国の企業の20%ほどがゾンビ企業であるとされているが、その統計すら信用できない。中国の企業負債はGDP対比160%。米国70%、ドイツは50%なので、いかに中国の企業負債が多いのかがわかる。

 借金をして不動産開発を行い、成長してきた中国経済だが、それに限界が見え始めている。中国の経済危機は現実化しそうだ。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

pagetop