• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月05日 07:00

時流を読んだマンション事業からの脱却 社員一丸で“挑戦者”として次なる展開を(3)

新規事業への挑戦で時代の流れに柔軟に対応

 ――次なる“第3期のダックス”の事業イメージとしては、どのように描かれていますか。

代表取締役社長 石原 紀幸 氏
代表取締役社長 石原 紀幸 氏

 石原 一番に手を付けていかなければならないと思っているのは、利益率の改善です。

 たとえば弊社のマンション事業も、ここ最近は売り方にもつくり方にもオリジナリティがなくなってしまい、おそらく利益率が低かったのだと思います。平崎が最前線に立ってマンション事業の陣頭指揮を執っていたころは、いろいろと販売面での良いアイデアや、マンション的にも面白い部分があったのですが、そういったものが最近は薄れてきていました。これも、先ほどお話ししたマンション事業中断の要因の1つです。やはり、そうしたオリジナリティや付加価値などを改めて考えていかないことには、利益の確保が難しいので、そこをどう改善していくのか、しっかりと取り組んでいきたいと思います。

 戸建にしても、おかげさまで今はある程度好調なのですが、今後、大手グループなどが本腰を入れて進出してきた場合、いかにして戦っていくのか――。正直なところ、現在の「P-TELAS」ブランドだけでは差別化が難しいと思いますので、“セカンドブランド”の立ち上げも含めて、検討していかなければならないと考えています。それが、狭小地向けの3階建てが良いのか、はたまた何か別のかたちが良いのかはわかりませんが、技術力のある施工会社とも提携しながら、模索していきたいと思っています。

 ――新たな事業展開については、いかがですか。

 石原 実は今、新規事業として、家庭用蓄電池システムの販売を展開する予定です。このために子会社を立ち上げ、関東エリアのほうから営業を始めています。これは、09年11月からスタートした10年間の住宅用太陽光発電の優遇措置が、間もなく期間満了を迎えることを見越して始めたもので、安い価格で売電するくらいなら、各家庭で蓄電池に電気を蓄えて、夜間に使用してもらおうというものです。

 今年11月以降に日本全国で期間満了を迎える家庭が50万世帯以上あるといわれていますし、来年や再来年まで含めると、100万世帯以上だそうです。この事業は、これから必ず時流に乗ってくる手堅いビジネスとして、今後の成長を期待しているところです。

 ――そうした新規事業の立ち上げなどは、トップダウンで進められているのでしょうか、それとも社員からの提案を取り入れられているのでしょうか。

 石原 これまで弊社では、平崎というカリスマが次々と新規事業を打ち出し、「やるぞ!」という上意下達でやってきました。ですが、平崎も会長に退きましたし、いつまでも頼っているわけにもいきません。また、これまでの矢継ぎ早の新規事業展開によって、社内に「いろいろなものにチャレンジしよう」という精神が根付いてきていますから、もう変わっていかなければならない時期だと思っています。

 実は、先ほどお話しした蓄電池事業も、「蓄電池はこれから当たると思うので、自分がやりたいです」と手を挙げてくれた社員がいて、彼の発案で始めたものです。これまでの新規事業は、平崎を始めとした幹部が中心となって立ち上げてきていますが、今後は社員発信のものも含めて、さまざまなアイデアで世の中に求められるものを見出し、ビジネス化していきたいと思います。

 ――いわゆるデベロッパーの社員の雰囲気とは、随分と違ってきていますね。

 石原 昔はどちらかというと、1人ひとりが“兵隊”というか、言われたことを確実にこなすプロ集団みたいな感じでしたが、今はどちらかというと、アイデアを出して、それを事業化していく“チャレンジャー”のような感じではないかと思っています。

(つづく)
(文・構成:坂田 憲治)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:石原 紀幸
所在地:福岡市中央区長浜1-1-1
設 立:1995年2月
資本金:1億9,134万円
売上高:(19/1)73億8,487万円

<プロフィール>
石原 紀幸(いしはら・のりゆき)

 1963年2月生まれ、福岡市出身。九州大学卒業後、85年4月に(株)リクルートに入社。88年4月に新生住宅(株)に入社した。95年2月、(株)ダックスの設立と同時に入社。2018年3月の代表取締役副社長就任を経て、19年4月に代表取締役社長に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)NEW!

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)NEW!

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)NEW!

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop