• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月01日 07:30

福岡を代表する総合建設会社 60年のたしかな技術力で挑む海外事業 一樹百穫 

建設業
松山建設(株)

社会インフラを支える

代表取締役 松山 孝義
代表取締役 松山 孝義 氏

 2016年に創業60周年を迎えた松山建設(株)。福岡市中央区に本社を構え、九州を中心に数々の主要な建築・土木工事に携わってきた。

 公共工事では、高速道路、九州新幹線、福岡空港、福岡都市高速や九州自動車道の関連工事を始め、橋梁やトンネル、海洋・河川やダムの土木工事など、民間企業からの依頼では、商業施設を始めマンション、集合住宅、教育施設、医療・介護施設などの建築実績を誇る。

 これまで培ったたしかなノウハウと信頼は、海外でのチャレンジへつながった。ODA事業で16年2月にカンボジアのシアヌークビル州で「シアヌーク病院」を竣工。それを足がかりとし、アジア諸国への技術提供という新展開にも力を注いでいる。

 確かな技術力は、高い評価を受けている。九州地方整備局による「平成30年度国土交通行政功労表彰」では、優良施工業者として3期連続で選ばれた。

 ほかにも、「平成29年度工事成績評定ランキング」ではトップ5社のうちの1社に選ばれ「平成29年度工事成績優秀企業」にも決まった。また以前は、技術面だけでなく建築デザインにおいても高い評価を受け、「福岡県美しいまちづくり建築賞大賞」を受賞している。最近では国土交通省九州地方整備局より「令和元年度工事成績優秀企業」として認定された。

工事成績優秀企業認定書
工事成績優秀企業認定書
※クリックで拡大

社員同士の仲の良さが自慢

 建設業界は入職者自体が少ないうえ、別業種へ転職する人も少なくない。やはり大手ゼネコンの人材確保については意識せざるを得ないが、1人ひとりの存在が際立つ会社環境のなかでより深く業務に関われることで密度の高い経験を積むことができるのではないだろうか。

 同社は福岡事業部、椎田事業部を展開し社員数は70名を超える。新卒の採用は毎年1〜2名、最近では福岡だけでなく九州の地方都市からの志望者が増えている。社員の定着率を上げ、人材を育てるためには「近くに相談できる人がいる」という安心感のある環境づくりが大切と考え、社員1人ひとりの意識を変えていくことに取り組んできた。

 具体的には、「ひと声かける」「ひと手間かける」という忙しい業務のなかでつい省きがちになる人と人とのコミュニケーションの工夫だ。「いつも心に留め実践しています」と松山孝義氏。「以前より、周りの人に気を配る意識が高まってきたと思います。明るくて風通しの良い社風は私自身もあり難く思っています。これからも社員がお互いに信頼し合える、つながりを感じられる環境づくりに努めていきます」と同氏。自社内の結束を高められるよう工夫し、人材不足の課題にも取り組んでいる。

福岡地元の環境を整備

春吉橋の架け替え工事
春吉橋の架け替え工事

 「福岡のまちづくりに携われることに誇りを感じます」と松山氏。天神と博多を結ぶ主要な道路の1つである国体道路に架かる「春吉橋」が老朽化にともない、13年度より架け替え事業が始まり、総合施工業者に同社が選ばれている。福岡市都心部に位置し、周辺には観光資源も豊富にあるまさに中心的役割を担うエリアにある春吉橋は、福岡市によるリバーフロント計画の一部となっている。

 「まずは地震や豪雨災害などさまざまな課題をクリアにし安全な橋を造り上げることが第一です。これから5、6年後に新しく生まれ変わった春吉橋が福岡市民や観光客に親しまれ愛されることを願っています。福岡の景観に関われることはやはり喜ばしいことです」(松山氏)。

 民間の土木工事にも力を入れており、福岡県京都郡苅田町では、(株)レノバ、住友林業(株)や九電みらいエナジー(株)など5社が出資をする「苅田バイオマスエナジー(株)」、豊前市でもイーレックス(株)、九電みらいエナジー(株)、(株)九電工が出資する「豊前ニューエナジー(同)」による発電所建設計画が18年から動き出し、それにともなって同社では「苅田バイオマス事業、豊前バイオマス事業」における燃料タンクの建設を請け負っている。

 建設業としての精神である安全・責任を第一に、地域の発展と貢献することで企業価値を高めていくことが同社の目標となっている。

豊前市バイオマス事業
豊前バイオマス事業

アジア諸国への技術提供

 建築や土木は、社会インフラを支える事業の中心的役割も担っている仕事だ。「目につくことは少ないですが、人々の安全で安心な日々の基盤を造る必要不可欠なことに携われることがこの仕事の魅力だと感じています。そこに喜びを感じて向上心を忘れずに努力できる人は、大きな活躍ができると思います。基本のことではありますが、素直で明るく、元気であることは一番の強みになります」(松山氏)。

 同社が現在、力を入れている「ODA事業」が今後展開を見せていくことで従来の建築や土木の役割は広がり、活躍の場も増えていくだろう。アジア諸国への技術提供は、同社が60年以上の歴史と実績を積み重ね、公共や民間において幅広く得てきた信頼によって成せることなのだ。確かな技術力と提案力をもち、福岡県を代表する総合建設業として確立した松山建設。これからは、海外での仕事も視野に入れた活躍も期待できることは同社の魅力の1つになるはずだ。「人々の日々の生活を支える基盤づくりといえる事業に誇りをもち、常に技術を向上させ上を目指していくことが社会貢献につながる」。この想いが同社の原動力となっている。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:松山 孝義
所在地:福岡市中央区高砂2-24-23
設 立:1956年9月
資本金:4,000万円
TEL:092-533-0001
URL:http://www.matsuyama-k-co.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年06月23日 17:59

【読者ご意見】山口FG・吉村会長への内部告発状について(12)NEW!

 NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。

ワクチン接種は税金の無駄遣いNEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事を抜粋して紹介する。今回は、「リスクが未知数のワクチンに巨額の税金を投入することは税金の無駄遣いだ。ワ...

2021年06月23日 16:56

華僑、日本へ移住NEW!

 「日本人はちょろい、カモカモ」と大声で喋りながら我がもの顔で闊歩する中国系アメリカ人。つまり資産をアメリカに持ち逃げして米国籍を得た中国系である。

2021年06月23日 16:23

コーセーアールイー、大橋駅徒歩30秒の用地にファミリーマンション建設へNEW!

 (株)コーセーアールイーは西日本シテイ銀行大橋支店の跡地を2年前に購入しており、この地は西鉄大牟田線大橋駅徒歩30秒という交通の要所に位置する。

2021年06月23日 16:13

大幅増益で「攻めの姿勢」へ 面積、戸数ともに九州トップクラスNEW!

 20年の「全国分譲マンション 売主・事業主別供給占有面積ランキング」(※)では、1位が野村不動産で供給面積は27万4,276m2、2位がプレサンスコーポレーションで...

2021年06月23日 15:30

【凡学一生の優しい法律学】民間学術研究団体のお粗末な憲法論(前)NEW!

 米国のマーク・ラムザイヤー教授の「従軍慰安婦≠性奴隷」説に対する韓国と中国からの批判論に対して、民間団体「国際歴史論戦研究所」(杉原誠四郎会長)は「学問の自由に対す...

2021年06月23日 14:45

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(32)~新福岡空港島(案)への高速道「新空港アクセス道」の検討NEW!

 新福岡空港への道路アクセスは、前回述べた鉄軌道と同様に、地下トンネルでのアクセスとする必要がある。

2021年06月23日 14:00

元労働基準監督官・中野公義弁護士の著書『同一労働 同一賃金 裁判所の判断がスグわかる本』プレゼント~先着で5名さまに

 元労働基準監督官という経歴を有する「労働事件のスペシャリスト」中野公義弁護士の著書『同一労働 同一賃金 裁判所の判断がスグわかる本』が6月20日に発刊された...

2021年06月23日 13:15

【福岡県警】新型コロナ休業支援金の不正受給で3人逮捕 全国初の摘発

 福岡県警は22日、新型コロナウイルスの影響により休業し、休業中に休業手当を受けとれていない労働者に国が支給する「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」をめ...

2021年06月23日 12:01

主要12社の経常利益率、コロナで軒並み急上昇 ナフコ8%、MrMax4.36%、マルキョウ4.09%

 主要12社の2021年2~3月期決算によると、期間の儲け具合を示す経常利益率(経常利益÷営業収益)はコロナ特需でほとんどの企業で急上昇した。巣ごもり消費による好売れ...

pagetop