• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月09日 17:18

九電工、宇久陸上競技場近くの駐車場を無断使用し安全祈願

 長崎県佐世保市宇久町にある宇久陸上競技場と野球場周辺は、現在宇久島で進められているメガソーラー事業に従事する作業員の宿泊施設建設が予定されている。10月1日、宇久陸上競技場近くにある駐車場で事業者である九電工による安全祈願が執り行われたが、関係者に取材を行ったところ、事前に市への使用申請が必要であるにもかかわらず、無許可で駐車場を使用していたことが明らかとなった。

 同施設を管理する佐世保市スポーツ振興課の担当職員によると、「(九電工側からは)半年に一度、全社行事の一環として行っている安全祈願を執り行ったと説明を受けた」とのことだが、同施設を利用するにあたって事前の相談や届出などは行われておらず、いわば「現場の勝手な判断で」執り行われたかたちだ。市は今後、同様のことがないよう、九電工の現地責任者に対し口頭で注意したという。

 同地での宿泊施設建設に反対する住民の声も挙がっており、事業者と住民との話し合いは平行線のまま。にもかかわらず、無許可でわざわざ安全祈願を行った真意は何なのか――九電工側に確認したところ、全社行事「安全祈願」の一環であることは認めたが、駐車場を無許可で使用した件については、「詳しいことは現地の担当者に確認する」との回答にとどまり、本稿入稿までに正式な回答が来ることはなかった。

 同社は今年9月、築上町し尿処理施設建設工事の談合事件で社員に有罪判決が下されたことを受け、「すべての事業活動において法令遵守(コンプライアンス)を徹底し、皆様からの信頼の回復に努めていく」としていた。それに照らし合わせれば、今回の安全祈願については、市への事前申請はもちろん、島民に対する十分な説明や配慮がされるべきではないだろうか。

 先行きの見えないメガソーラー事業に不信感を募らせ、十分な説明を求める島民もいるなかで、同社の「身勝手」ともとれる軽率な行為は、島民の不信感を募らせ、改めて同社の企業コンプライアンスの低さを露呈するかたちとなった。

【長谷川 大輔】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

pagetop