• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月15日 07:00

再審開始の湖東記念病院事件 県警の捜査資料から新たな疑惑(後)

滋賀県警察本部
滋賀県警察本部 

虚構の自白の原作者は暴力刑事

 では、「アラームが鳴るまでの時間を数えた」という虚構の自白を創作した取調官は誰なのか。裁判記録を検証したところ、滋賀県警刑事部捜査第一課の山本誠刑事(巡査部長)が7月20日に1通、同22日に1通、同24日に2通、大津地検の早川幸延検事が同25日に1通、「アラームが鳴るまでの時間を数えた」という趣旨の西山さんの供述を録取した自白調書を作成していた。時系列から見て、この虚構の自白の原作者は山本刑事であることが明白だ。早川検事は、山本刑事が作成した自白調書の内容を踏襲し、西山さんの虚構の自白を調書にまとめたのだろう。

山本刑事が作成した2004年7月20日付け自白調書の問題部分
山本刑事が作成した2004年7月20日付け自白調書の問題部分
※クリックで拡大
山本刑事が作成した2004年7月22日付け自白調書。供述が20日付けのものより詳細になっている
山本刑事が作成した2004年7月22日付け自白調書。供述が20日付けのものより詳細になっている
※クリックで拡大

 実はこの山本刑事に関しては、これに限らず、すでに複数の問題が明るみに出ている。まず、この事件では、西山さんが任意の取り調べ中に男性刑事に好意を抱き、そのせいで容疑を自白したことが報道されているが、実はその男性刑事は山本刑事のことだ。裁判での西山さんの説明によると、山本刑事に好意を抱いて自白した後、否認に転じようとしたが、山本刑事は「逃げるな」ときつい口調で迫ってきたり、突き飛ばしてきたりした。

 一方で山本刑事は「ワシに全部任せておいたら大丈夫や」「殺人でも死刑から無罪まである。執行猶予がつくこともあるし、保釈がきくこともある」などと“優しい言葉”もかけてきたという。発達障害と軽度の知的障害を有する西山さんが、このような脅迫と偽計を駆使した取り調べを受けたら、無実の罪を自白したり、自白をなかなか撤回できなかったりしても仕方ない。

 対する山本刑事は05年5月31日に西山さんの第一審に証人出廷した際、「自分は過去に一度も裁判で自白の任意性、信用性が争われたことがない」と断言したうえ、西山さんが訴えるような脅迫や偽計を取り調べで用いたことを否定している。しかし、実は裁判では、山本刑事が初公判の3日前にも不審な行動をしていたことが明らかになっている。西山さんが勾留されていた滋賀刑務所まで面会に訪ね、西山さんに「検事さんへ」という書き出しで始まる次のような“自供書”を書かせていたのだ。

 〈もしも罪状認否で否認しても、それは本当の私の気持ちではありません。こういうことのないよう強い気持ちをもちますので、よろしくお願いします〉。

 こんなものを書かされたため、西山さんは動揺し、初公判で罪状認否ができない状態にまで追い込まれた。こんな工作めいたことまでした山本刑事が、西山さんの取り調べで不当なことを一切していないとは考え難い。さらに山本刑事は西山さんの第一審に証人出廷した3日後に、とんでもない不祥事を起こしていたことも判明している。その不祥事の内容は、筆者が滋賀県警への情報公開請求で入手した山本刑事を対象とする懲戒処分者名簿(作成は05年7月14日)の「懲戒の理由」欄に、こう記されている。

 〈被処分者は、平成17年6月3日午後10時50分頃から同日午後11時05分頃まで間、滋賀県■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■取調室内において、窃盗事件の容疑者を取調べ中、同人に足蹴りするなどの暴行をした。〉

(■は、原本では黒塗り。ほかは原文ママ)。

山本刑事が市民を誤認逮捕し、暴行した際に作成された懲戒処分者名簿
※クリックで拡大

 この懲戒処分者名簿には書かれていない情報を補足すると、山本刑事が暴行した「容疑者」は、パチンコ店で起きた窃盗事件で「誤認逮捕」された男性だった。つまり、山本刑事は無実の市民を誤認逮捕したうえ、暴行していたのだ。この不祥事の内容からしても、山本刑事がこの時以外は常に適切な取り調べをしていたなどとはおよそ考え難い。

 ちなみに、山本刑事はこの不祥事により特別公務員暴行陵虐容疑で書類送検されたが、不起訴処分となり、懲戒処分も減給100分の10(1カ月)で済んでいる。さらに山本刑事の近況を調べたところ、現在、階級は警部で、長浜署の刑事課長を務めるまでに出世していたことがわかった。県警の内部で、山本刑事の不祥事が軽く扱われているのは明白だ。

 西山さんはこういう。

 「山本刑事のことは、今はなんとも思っていなくて、『もう関わりたくない』という思いだけです。でも、私が、山本刑事のいうことを信じて嘘の自白をしたせいで、自分だけでなく、お父さんやお母さんまで苦しめました。それが本当に申し訳ないです」。

 西山さんが冤罪であることが動かし難くなった今、山本刑事はこの西山さんの言葉をどう受け止めるのか。

 筆者は本稿の執筆に際し、「アラームが鳴るまでの時間を数えた」という西山さんの自白は山本刑事が創作した虚構なのか否かについて、山本刑事本人にも確認のためにウェブ速達で取材を申し入れた。しかし、回答をもらうために長浜署に電話すると、現在は同署の刑事課長である山本刑事は電話に出ず、代わりに田中充警務課長が電話に出て、こう述べた。

 「山本のほうの個別の取材は受けておりませんので」。

 滋賀県警は今後も山本刑事を守り続けるつもりのようだ。

(了)
【片岡 健】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月12日 07:00

日本橋川に「青空を取り戻す」 首都高の地下化プロジェクト(前)NEW!

 日本橋の直上を通る首都高速道路(以下、首都高)の地下化プロジェクトがついに始動する。今年9月、東京都の都市計画審議会は、都心環状線の日本橋区間約1.8km(トンネル...

2019年11月12日 07:00

五ケ山ダムにみるインフラツーリズムNEW!

 水害や渇水に対応するために、1983年に事業着手し、2018年3月に竣工した「五ケ山ダム」が今、脚光を浴びている。ヤフオクドーム約22杯分という福岡県内最大の総貯水...

2019年11月11日 17:01

【業界ウォッチ】スポーツオーソリティ アーバンステージ

 イオンのスポーツ専門店「スポーツオーソリティ」は、新業態の「スポーツオーソリティ アーバンステージ 」を10月25日開業した広域型ショッピングセンター「テラスモール...

2019年11月11日 15:31

【12/7】「マンション資産を守るセミナー」開催

 一般社団法人200年価値あるマンション研究会は、分譲マンションなどの建築物所有者・居住者の生命と生活の安全と保護を目的とした、研究・啓蒙そして瑕疵の調査、専門的技術...

2019年11月11日 15:02

【注目!高知県知事選】福岡出身の野党統一候補と下村博文・元大臣支援のカジノ推進官僚が激突――れいわ旋風で奇跡の勝利あるか

 11月7日に告示された高知県知事選(24日投開票)が「大都会優先・地方冷遇」の安倍政治に対するイエスかノーかを問う与野党激突の決戦となりつつある。自公推薦の元総務省...

2019年11月11日 13:55

日本の政治の何が問題か(4)

  拓殖大学大学院地方政治行政研究科 特任教授 濱口 和久 氏 「安全保障関連法案」審議と民主主義  平成27年9月19日未明に安全...

2019年11月11日 13:30

土木技術者が語る日本の防災のあるべき姿(後)

  (株)共同技術コンサルタント 福岡支店長 松永  昭吾  氏 危険な臨海部になぜ人が集まったのか  東日本大震災では2万人...

2019年11月11日 13:00

九州地銀の2020年3月期 中間決算発表~今日11日は6行

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の第二四半期(中間期/9月期)決算の発表日の推移表である。 ※クリックで拡大 ...

2019年11月11日 12:29

業法違反で熊本県の貨物運送会社に行政処分~九州運輸局

   九州運輸局は11月8日、熊本県天草市の貨物運送業者に対し、輸送施設の使用停止命令(240日車)のほか、運行管理者に資格証の返納を命じた。ドライバーに健康診断を実...

11/15午後5時「いま消費税を問う!」緊急院内集会

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回はすべての人が「しあわせ」を感じて生きてゆける社会を構築するためには現...

pagetop