• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月20日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(1)

 2015年4月1日に誕生した機能性表示食品制度は、それまでの「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」の行政主導の動きから、官邸主導の決定となり、食品の機能性表示の仕組みを根幹から変えた。とくに事前承認制から事後規制への移行、企業の自己責任による届出制、科学的根拠に新たに研究レビューの採用、届出書類の原則全面公開など、これまでは考えられなかったさまざまな取り組みが実現した。一方で、これらの流れに、業界自身が対応しきれていないのでないかという疑問も浮かぶ。トクホと機能性表示食品との棲み分けは、多くの業界関係者がさまざまな意見を発するものの、明確な方向性はいまだ見えてこない。

トクホの公正競争規約を発表する日本健康・栄養食品協会の下田智久理事長(2019年7月23日)
トクホの公正競争規約を発表する日本健康・栄養食品協会の下田智久理事長(2019年7月23日)

 機能性表示食品は5年目に入り、届け出完了数も実数で2,126件(8月30日現在)。2017年の届出数は452件、18年は690件となっており、令和に入ってからも届出受完了数は順調にその数を伸ばしている。

 一方で特定保健用食品(トクホ)の届出総数は1,068件(19年8月28日現在)と、ピーク時の16年の約1,200件から減少傾向だ。年間の許可件数も17年度は30件、18年度は39件で、18年に至っては機能性表示食品の約20分の1という状況だ。

 これは、トクホ制度で初めて景品表示法違反に問われた事件も大きく影響している。16年9月23日、消費者庁は、日本サプリメント(株)が販売していたトクホ6商品に表示通りの成分が含まれていないにもかかわらず販売を続けていた問題で、これらのトクホ6商品の表示許可を制度開始後、初めて取り消した。

 問題はここからで、この事件を受けて再発防止を目的にトクホ全商品について「トクホ全商品について成分含有量、販売実績、失効予定の調査」が行われ、同年11月1日に結果が発表された。それによると、販売されているトクホの商品数は366商品、調査が間に合わなかった7商品を除く359商品について、成分含有量に問題はなかったとのことではあった。

 しかし、そもそも当時1,271商品が許認可を受けていながら7割を超える903商品が販売されていないという調査結果は業界に衝撃をもって受け取られ、追い打ちをかけるように消費者庁から「販売予定のない商品に対して失効届の提出」を勧告された(現実的に「失効届」を出す予定との回答をしたのは196商品にすぎなかった)。

(つづく)
【取材・文・構成:継田 治生】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop