• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2019年10月18日付の記事を紹介する。


 そこで、欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。

 先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学を教えるベン・イシャイ博士による5Gが人体の発汗作用に及ぼす影響に関する実験である。それによれば、「5Gネットワークが使用する周波数はわれわれ人体内の汗が流れる管に徐々にではあるが破壊的な影響を与える」とのこと。ということは、人間の皮膚や人体内の臓器にも悪影響を及ぼすことは避けられないだろう。汗が皮膚を通じて流れ出る管はらせん状になっているが、5Gの発する75から100GHzの周波数はこうした管に影響をもたらすため、発汗作用が異常をきたし、ストレス解消のための発汗作用が機能しなくなる恐れが出てくるというわけだ。

 より注目すべき研究はワシントン州立大学の名誉教授で生化学の専門家マーティン・ポール博士による「5Gのもたらす電磁波が人体に及ぼす影響」に関するものである。無線放射線や電磁波の専門家でもある同博士によれば、「5Gの電磁波は人間の生殖能力、脳、心臓機能に影響をもたらし、最終的には遺伝子(DNA)にも作用を与える」とのこと。

 同博士の実験によると、妊娠中の牛が電磁波を発する基地局の近くにいると、生まれた子牛が白内障に罹る可能性が高くなることが判明した。253頭の子牛のうち、32%に当たる79頭が白内障に罹患。基地局からの距離にも影響はあるのだが、100メートルから199メートルの範囲内にいたメス牛から生まれた子牛にはそれ以上の距離にいた場合よりも高い確率で重度の白内障が見つかったという。

 実は、もともと5Gはアメリカの国防総省が冷戦時代に旧ソ連との電子戦争を想定して開発したものに他ならない。いわば、「誘導性の電磁波兵器」なのである。自立型の装甲車を走らせる際に必要とされる電磁波用のレンズとして開発が進められたもの。その意味では通信用ではなく、あくまで兵器としての使用を前提としたものであった。

 当然、非殺傷兵器としても応用が期待されていた。警察が暴徒化したデモ参加者や群衆を排除する目的で開発されたもので、ミリ単位の電磁波を発する。照射されても死に至ることはないが、照射された瞬間には火炎に包まれたような衝撃を受けることになる。

 もちろん、こうした電磁波を恒常的に浴びていると、人体は突然変異を起こす可能性が高まる。現時点では起きないにしても、次世代になってから細胞内に異常が見られるようになり、最終的に突然変異に見舞われることになるとの指摘もあるほどだ。

※続きは10月18日のメルマガ版「次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月25日 16:38

スーパーゼネコン決算好調も受注は減少傾向 コロナ影響も不透明

 清水建設は25日、延期していた2020年3月期の決算発表を行った。同期は売上高1兆6,982億円、経常利益1,379億円を計上...

2020年05月25日 16:31

「広報いとしま」、全国広報コンクールで初の入選2席

 糸島市の広報紙「広報いとしま(2019年5月15日号 / No.225)」が、「令和2年全国広報コンクール広報紙市部」(日本広報協会主催)で入選2席に選定された...

2020年05月25日 16:23

中国外相が全人代で記者会見~香港への統制強化を正当化、米国からの新型コロナ損害訴訟をはねつけ

 24日、全国人民代表大会(全人代)で王毅・国務委員兼外交部長(外相)による記者会見が行われた。外相の記者会見は全人代でとくに注目されるイベントの1つ。今年は新型コロ...

2020年05月25日 16:11

【政界インサイダー情報】安倍一強政権末期、またまた墓穴を掘る

 エリート中のエリートである黒川弘務・東京高検検事長の「賭けマージャン」発覚に加え、卓を囲んだメンツが検察担当の新聞記者という癒着の発覚。さらに、黒川氏の辞任騒動に伴...

2020年05月25日 15:33

コロナで明暗 サイバーが電通の時価総額を上回る

 5月20日、(株)サイバーエージェント(東証一部、藤田晋代表)の時価総額が、終値ベースで(株)電通グループ(東証一部、山本敏博代表)を初めて上回った。サイバー社の6...

2020年05月25日 15:11

ゼロから農福連携を目指す 福の浦ファーム

 新たな挑戦に年齢は関係なし――70歳を目前にして農業経営をはじめた、福の浦ファーム代表の高木教光氏。高木代表は家業のガソリンスタンド経営に携わったのち、病気のためや...

2020年05月25日 14:52

ロイヤル・ボックスの藤堂和子ママ~中洲の灯の「復活宣言」

 自粛解除により、いよいよ6月1日から中洲のクラブも一斉に営業を再開する。そこで5月22日、弊社取材ルームにて「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子ママにインタビューを行っ...

2020年05月25日 14:44

経産省、新型コロナウイルスに有効な洗剤120商品を公表

 経済産業省と(独)製品評価技術基盤機構(NITE)は22日、新型コロナウイルスに有効と判断した界面活性剤を含む家庭用洗剤の商品リストを公表した...

2020年05月25日 14:06

カテキンや緑茶による新型コロナの効果についての根拠なし~標ぼうする広告宣伝に注意!

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、お茶などに含まれるカテキンに、新型コロナウイルス感染症があるといった広告宣伝に対し、現時点でそのような効果は確認されてい...

2020年05月25日 13:24

コロナ禍で大量失業の“泥沼”にはまった世界経済(前)

 目に見えない小さな存在でありながら、ウイルスが人々を混乱に陥れ、既存の制度を崩壊させ、新しい制度にとってかわるような結果を招くこともある。歴史を振り返ってみると、伝...

pagetop