• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月27日 13:00

世界のパワーバランスの変化に食い込む孫正義の投資戦略(前編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2019年9月27日付の記事を紹介する。


 日本はもちろんアジア、世界全体が大きな地殻変動の渦に飲み込まれようとしている。しかも、政治、経済ともに先が読めない。前言をあっという間に翻す大統領がいるかと思えば、終身皇帝の座を確保するために憲法をいとも簡単に変えてしまうリーダーもいる。そうした不安定な国際情勢を前に、ビジネスの世界では冒険心や挑戦の気概を失い、立ち止まってしまう経営者が大半である。

 そんな中、トランプ大統領やプーチン大統領、そしてモディ首相や習近平国家主席の心を鷲掴みにする「サムライ経営者」が孫正義氏だ。サウジアラビアのムハンマド皇太子を魅了し、100兆円近い投資を引き出すことに成功した。彼が率いる「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」は運用資金の規模では世界最大を誇る。リスクを取ることに躊躇していない。

 そこには「世界を変える」という未来へ賭ける情熱が感じられる。「日本を洗濯する」と訴えた坂本龍馬を理想とし、毎朝、坂本龍馬の肖像画に向かい「龍馬に負けない決定を下す」と自問自答する孫正義氏。彼の胸中には「日本から世界を変える」という思いが煮えたぎっているようにも見える。と同時に、彼は世界のパワーバランスの変化に人一倍敏感だ。

 例えば、タイを例にとってみよう。アセアン第2の経済規模を誇り、アジア版NATOの主要メンバーとしてアメリカとの強い絆を国内の治安安定の柱に据えてきた。アメリカはアジア最大の6,000人を擁するアメリカ大使館をバンコクに構えている。そんなタイがこのところ急速に中国との政治、経済、軍事関係を強化しはじめた。中国から戦車や装甲車をはじめ、同国初となる最新鋭の潜水艦も購入することになった。

 アメリカはタイを繋ぎとめようと無償の武器援助を明らかにしたが、タイに言わせれば「そんな旧式の装備品をもらっても役に立たない」とのこと。それどころか、アメリカの反対を押し切って、中国のファーウェイ製の5G技術を導入することを決定。マレーシアもフィリピンも同様の決定を下した。

 言い換えれば、アジアにおけるアメリカの影響力が急速に消滅し始めているのである。過去の延長上でアメリカの同盟国であれば、政治も経済も安定し発展が約束される時代ではなくなった。そのことにタイを筆頭にアジアの国々が目覚めたのである。こうした流れは孫正義氏にとってはまたとないチャンスであろう。

 なぜなら、これまでのアメリカ製品による独占体制が崩れ、中国との競争環境が生まれたわけで、世界にネットワークをもつソフトバンクとすれば新たな販路を切り開く絶好の機会が到来したに等しいからだ。孫氏は持ち前のソフトパワーを全開させ、アメリカや中国のコネクションを活かしながら、アジアに猛烈な食い込みを展開している。

※続きは9月27日のメルマガ版「世界のパワーバランスの変化に食い込む孫正義の投資戦略(前編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月29日 16:50

私の履歴元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(26)パナマ運河鉄道改修工事NEW!

 日本帰国後最初の南米プロジェクトはパナマ運河鉄道改修工事プロジェクトであった。業務本部南米首席として日本からのミッションに同行。長期パナマ出張を命じられたのだ...

2020年10月29日 14:29

【10/31~】イオンモール筑紫野でパンコレクション開催NEW!

 大型ショッピングセンター「イオンモール筑紫野」を舞台に、10月31日(土)~11月8日(日)の期間限定で「第4回パンコレクション」が開催される...

2020年10月29日 13:47

織田信長の天下統一は濃尾平野の豊かさのおかげNEW!

 10月19、20日名古屋へビジネス出張。その際、清州城(清須市)、金華山・岐阜城、犬山城(犬山市)を4時間半の短い時間であったがタクシーで駆け巡った。この地域に戦国...

2020年10月29日 12:01

スピード設置と検温が可能なサーマルカメラで感染拡大防止をサポート~スリーアールグループNEW!

 新型コロナウイルス感染拡大の防止に向けて、あらゆる場面で検温が求められる時代。スリーアールグループはこのウィズコロナ時代に対応した商品を相次いで開発しており、オフィ...

2020年10月29日 11:00

急速にEV(電気自動車)化が進むインド~モディ政権のEV推進で3輪、2輪が先行(前)

 インド・モディ政権は、貿易赤字解消のための石油の輸入減や大気汚染の解決などを目的に、電気自動車(EV)推進政策を実施。インドの自動車(4輪)市場は、中国、米国、日本...

2020年10月29日 10:42

【福岡市役所インサイダー】トップが変わっても、政治の「陰険・隠蔽」体質は変わらず

 政府は、日本学術会議が推薦した会員候補のうち6名の任命を拒否して、その理由についてまともな説明を一切していない、っていうか説明できない状況が続いている。安倍から菅に...

2020年10月29日 10:00

8月中間期の粗利益率、イオン九州除き改善 チラシ自粛で特売減る

 上場5社の8月中間決算の粗利益率は、イオン九州を除き前年同期から大幅に改善された。コロナ禍による緊急事態宣言で特売チラシを自粛したことで安売りが減ったことによる...

2020年10月29日 09:33

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命の論理学(前)

 内閣総理大臣の違法行為・犯罪行為が国民からこれほどまでに非難を受けない「似非文明国」は、日本をおいてほかにない。日本はなぜ、こんな哀れな国になったのか...

2020年10月29日 07:00

バイオ企業・林原の元社長、林原健氏が死去~マスコミを利用した“バイオの寵児”の神話は砂上の楼閣(4)

 林原グループは2011年2月2日、東京地裁に会社更生法を申請した。倒産によって、林原の経営実態があぶり出された。これまで非上場を理由に一切の財務諸表の公表を拒否して...

2020年10月29日 07:00

ストラテジーブレティン(263)~コロナパンデミックの経済史的考察(5)

 各国政府は従来、財政の健全化を“錦の御旗”とし、財政赤字の抑制を最重点政策課題としてきた。たとえばユーロ圏参加国は、財政赤字対GDP比3%以下、政府債務対GDP比6...

pagetop