2021年12月09日( 木 )
by データ・マックス

見積もり金額誤り契約辞退 福岡市の建設会社を指名停止

 福岡市は11月12日、福岡市西区の土木工事会社「(有)日進建設」に対し、落札者となったものの、契約を辞退したとして、市発注の競争入札への参加を2カ月間停止すると発表した。入札参加停止期間は今年11月7日から来年1月6日まで。

 市によると、同社は10月31日に開札された「西区太郎丸3,4丁目地内農業用水管設置工事」の落札者(落札金額1,370万円)に決定したが、同日、同社から見積もり金額に計算間違いがあったとして、辞退届が提出されたという。

 正当な理由がなく、契約を締結しなかったことが契約違反に該当するとして、今回の措置に至った。次点者の金額は1,375万円で、差額は5万円だった。再入札とはならず、次点者が落札金額で契約する。

 なお、同社は同じく10月31日、市発注の別工事「県道宮ノ浦前原線道路側溝工事」を1,050万円で落札している。同契約は11月8日に締結。指名停止期間中となるが、市によると、開札されたものに関しては、契約が可能だという。

【東城 洋平】

関連キーワード

関連記事