• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月23日 07:30

販売から施工、メンテまで一貫して実践 顧客第一の太陽光発電施工の未来を示す 一樹百穫 

電設工事
(株)デンショウ

九州全域がテリトリー

代表取締役 村上 研作 氏
代表取締役 村上 研作 氏

 「自分のスタイルで仕事をしたいと思った」。代表取締役の村上研作氏が、それまで勤めていた会社を飛び出し、独立した大きな理由だ。太陽光発電の施工に長らく携わり、これまでの旧態依然としたやり方ではダメだと感じていた。もっと果敢に営業していくことが必要だと考え、たった1人で(株)デンショウを立ち上げたのが2010年。現在では沖縄を含んだ九州全域で業務を推進し、太陽光発電、蓄電池を取り扱う電設工事業者としてよく知られる存在になっている。

 「今も変わらず待ちの姿勢でいるところが多いですね。営業部隊を抱え自分たちで仕事をつくっていこうという会社はそうありません」。村上氏がサラリーマン時代に考えたのは、つまりそこだ。社員も徐々に増え営業スタッフを置くことが可能になり、理想を少しずつカタチにしていった。しかし、この手法が成果に結びつくようになったのは、最近のことだという。

 「それまで職人としては経験を積んできましたが、営業はまったく未知の分野で本当に試行錯誤の連続でした」。数多くの失敗、そして小さな成功を繰り返し、販売から施工まで、顧客第一を実践できる体制を実現。他社との大いなる差別化、そして強さを得た。

売上高推移が示す強さ

太陽光発電施工事例
太陽光発電施工事例

 現在の太陽光発電の現状を見てみよう。これまでは売電の魅力に惹かれて購入を考える一般顧客が大半だったが、ご存知のように住宅用太陽光発電の売電価格(FIT価格)は年々引き下げられ、09年に48円/kWhだった売電価格は19年では24円/kWhと半分になっている。一般家庭にとってのメリットはほぼなくなったというのが実情だ。しかし、一方では太陽光発電の普及や工事技術の向上、何よりも普及による低価格化が進んだことにより、売電から自家消費へと導入メリットの比重が移り変わっていることも事実だ。

 「初期費用が高すぎて断念していたご家庭でも購入を検討するケースが相次いでいます」。デンショウのように営業を積極的に行い、施工からメンテナンスまで担う企業にとって、こうした時流の変化は大きい。実際、同社の売上高を見ると昨年は2億円だったものが、今年はすでに3億円を予定しているというから実に1.5倍の伸び率ということになる。これまでは売電の魅力を全面に出すあまり前傾姿勢になり過ぎる傾向があった太陽光発電業界だが、今後、そのイメージは刷新されるだろう。その過渡期においてデンショウの存在感はさらに際立ちそうだ。

オール電化(リフォーム施工事例より)
オール電化(リフォーム施工事例より)

資格取得を会社全体で支援

2カ月に一度のペースで技術研修を実施する
2カ月に一度のペースで技術研修を実施する

 デンショウの職種は営業、そして施工に大きく分かれる。営業が相手にするのは元請会社から一般のエンドユーザーまで多岐に渡る。営業会社か施工会社かというふうに二分される業界において、この両方を有する企業は稀有だ。

 そして施工は手に職をもつ職人というイメージの強い仕事だ。実際、社内ではそう呼ばれている。下請の職人たちとともに仕事に臨むことも多く、さまざまな人たちと触れ合うなかで技術力、人間性を培っていくことになる。

 施工については、現場で必要になってくる資格や専門知識がある。同社ではこれを、会社を上げて支援し、資格取得については受験費用を全額負担する。とくに太陽光発電、蓄電池の施工をやっていくうえで有利になる電気工事士2種の資格については、社長の村上氏が自ら講義をするというから、さぞかし熱のこもった指導だろう。

 ちなみにこの資格がないと業務に従事できないということではないようだ。しかし、かつての村上氏がそうであったように、職人としての自分の仕事に自信や誇りをもつ、あるいは将来独り立ちをするというときのために、国家資格は必ず武器になる。この仕事に携わるならぜひとも手に入れておきたいものだ。

これからも業界を牽引する

 太陽光発電のみならず電設工事全般の販売・施工を担う同社にとって、これから必要となってくる人材は、「責任感をもって自分の仕事と向き合っていける人」と村上氏は答える。エンドユーザーを直接相手にする同社だ。その最前線で求められるのは、顧客とのスムースで洗練された対応になる。何気ない疑問に即座に回答し、場合によっては顧客がわからない、関知しないところまでプロとして抜かりのない対処が求められる。言われたことだけをやっているようでは通用しない。

 同社の平均年齢は35歳。仕事に対して前向きで明るい社員が揃う活気あふれる職場だ。46歳の村上氏も穏やかな人物で、社内の居心地は極めていい。「最近の人たちはみんなで呑みに行こうという感じではないので、夜は食事ということにしています。みんな真面目で優しいですね」と、職場の雰囲気を評する。「太陽光発電や蓄電池の需要はこれからますます増えていくでしょうし、売電から自家消費にウエイトが移っていくことで、営業のスタイルは変わっていくでしょう。でも、それを一足先にやっているのが弊社です。私たちが業界をリードする。そんな気概で邁進していきます」と、力強く語る。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:村上 研作
所在地:福岡県太宰府市国分1-19-34
設 立:2011年11月
資本金:100万円
TEL:092-408-9681
URL:http://www.denshou-co-ltd.jp/job_offer/

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月29日 09:00

根強い低価格志向、マルキョウ7品目を値下げ~主要3社食品18品目売価調査NEW!

 根強い値下げ圧力――データ・マックスが26日に調べた低価格3社の食品18品目売価によると、1月6日時点に比べ、トライアルは値上げ1品目、値下げ2品目、ルミエールは値...

2020年02月29日 07:00

2016年発達障害者支援法が改正 雇用障害者数、過去最高を更新(2)NEW!

 2016年4月に新たな障害者雇用促進法(2013年改正)が施行された。改正のポイントは3つ。(1)障害があることを理由に採用を拒否したり、低い賃金を設定したりするこ...

2020年02月28日 18:49

【新型コロナ】繁忙期真っ只中の住宅業界「在庫で対応も長期化を懸念」

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、TOTO、LIXILなど住宅設備機器の一部で納期遅延が発生したことで、地場の住宅業界でも影響が出始めた。

2020年02月28日 18:34

休校要請、対応わかれる各自治体~東京23区

 安倍晋三首相は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために全国の小中学校、高校、特別支援学校に3月2日から春休み終了まで臨時休校にするよう要請した。

2020年02月28日 18:11

【ベトナム視察記】ぼったくり額は交渉で決定~タクシー運転手

 ベトナムの移動手段として定着した配車アプリ・GRAB。今回の視察では手頃な料金と位置確認ができる安全性から日本人の間ではタクシーより利用頻度が高いことがわかった。

2020年02月28日 17:53

「まるで、政府への忖度強要だ!」イベント中止・延期要請に悲鳴を上げる九州の演歌公演業界

 安倍首相は2月26日、「全国的なスポーツ、文化イベントなどについては、今後2週間は中止・延期、または規模縮小などの対応を要請することといたします」と政府の新型コロナ...

2020年02月28日 17:29

シリーズ・コロナ革命(3)~中国人系経営者に聞く:業務減のため社員を休職に

 中国で共産党関連組織での勤務経験のあるインバウンド企業の経営者A氏に話を聞いた。

2020年02月28日 17:20

ベトナムの最前線にみる「勢い」と「現況」

 データ・マックスは2月14日から17日にかけて、近年急成長を遂げているベトナムのハロン湾(自然世界遺産)、ハノイ市街近郊を視察した。

2020年02月28日 17:14

九州地銀の株価全面安続く

 本日(28日)の東京株式市場の日経平均株価は、前日比▲ 805円27銭の2万1,142円96銭(▲3.67%)。一時1,000円を超え2万1,000円を割る局面もあ...

2020年02月28日 17:12

コロナで業界再編が加速か~学習塾業界

 安倍首相が新型コロナウイルス感染症対策として、全国小中高に休校を要請したことを受けて、学習塾各社も対応に追われている。現時点では、学生や保護者に対して予防措置を訴え...

pagetop