• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月23日 07:30

販売から施工、メンテまで一貫して実践 顧客第一の太陽光発電施工の未来を示す 一樹百穫 

電設工事
(株)デンショウ

九州全域がテリトリー

代表取締役 村上 研作 氏
代表取締役 村上 研作 氏

 「自分のスタイルで仕事をしたいと思った」。代表取締役の村上研作氏が、それまで勤めていた会社を飛び出し、独立した大きな理由だ。太陽光発電の施工に長らく携わり、これまでの旧態依然としたやり方ではダメだと感じていた。もっと果敢に営業していくことが必要だと考え、たった1人で(株)デンショウを立ち上げたのが2010年。現在では沖縄を含んだ九州全域で業務を推進し、太陽光発電、蓄電池を取り扱う電設工事業者としてよく知られる存在になっている。

 「今も変わらず待ちの姿勢でいるところが多いですね。営業部隊を抱え自分たちで仕事をつくっていこうという会社はそうありません」。村上氏がサラリーマン時代に考えたのは、つまりそこだ。社員も徐々に増え営業スタッフを置くことが可能になり、理想を少しずつカタチにしていった。しかし、この手法が成果に結びつくようになったのは、最近のことだという。

 「それまで職人としては経験を積んできましたが、営業はまったく未知の分野で本当に試行錯誤の連続でした」。数多くの失敗、そして小さな成功を繰り返し、販売から施工まで、顧客第一を実践できる体制を実現。他社との大いなる差別化、そして強さを得た。

売上高推移が示す強さ

太陽光発電施工事例
太陽光発電施工事例

 現在の太陽光発電の現状を見てみよう。これまでは売電の魅力に惹かれて購入を考える一般顧客が大半だったが、ご存知のように住宅用太陽光発電の売電価格(FIT価格)は年々引き下げられ、09年に48円/kWhだった売電価格は19年では24円/kWhと半分になっている。一般家庭にとってのメリットはほぼなくなったというのが実情だ。しかし、一方では太陽光発電の普及や工事技術の向上、何よりも普及による低価格化が進んだことにより、売電から自家消費へと導入メリットの比重が移り変わっていることも事実だ。

 「初期費用が高すぎて断念していたご家庭でも購入を検討するケースが相次いでいます」。デンショウのように営業を積極的に行い、施工からメンテナンスまで担う企業にとって、こうした時流の変化は大きい。実際、同社の売上高を見ると昨年は2億円だったものが、今年はすでに3億円を予定しているというから実に1.5倍の伸び率ということになる。これまでは売電の魅力を全面に出すあまり前傾姿勢になり過ぎる傾向があった太陽光発電業界だが、今後、そのイメージは刷新されるだろう。その過渡期においてデンショウの存在感はさらに際立ちそうだ。

オール電化(リフォーム施工事例より)
オール電化(リフォーム施工事例より)

資格取得を会社全体で支援

2カ月に一度のペースで技術研修を実施する
2カ月に一度のペースで技術研修を実施する

 デンショウの職種は営業、そして施工に大きく分かれる。営業が相手にするのは元請会社から一般のエンドユーザーまで多岐に渡る。営業会社か施工会社かというふうに二分される業界において、この両方を有する企業は稀有だ。

 そして施工は手に職をもつ職人というイメージの強い仕事だ。実際、社内ではそう呼ばれている。下請の職人たちとともに仕事に臨むことも多く、さまざまな人たちと触れ合うなかで技術力、人間性を培っていくことになる。

 施工については、現場で必要になってくる資格や専門知識がある。同社ではこれを、会社を上げて支援し、資格取得については受験費用を全額負担する。とくに太陽光発電、蓄電池の施工をやっていくうえで有利になる電気工事士2種の資格については、社長の村上氏が自ら講義をするというから、さぞかし熱のこもった指導だろう。

 ちなみにこの資格がないと業務に従事できないということではないようだ。しかし、かつての村上氏がそうであったように、職人としての自分の仕事に自信や誇りをもつ、あるいは将来独り立ちをするというときのために、国家資格は必ず武器になる。この仕事に携わるならぜひとも手に入れておきたいものだ。

これからも業界を牽引する

 太陽光発電のみならず電設工事全般の販売・施工を担う同社にとって、これから必要となってくる人材は、「責任感をもって自分の仕事と向き合っていける人」と村上氏は答える。エンドユーザーを直接相手にする同社だ。その最前線で求められるのは、顧客とのスムースで洗練された対応になる。何気ない疑問に即座に回答し、場合によっては顧客がわからない、関知しないところまでプロとして抜かりのない対処が求められる。言われたことだけをやっているようでは通用しない。

 同社の平均年齢は35歳。仕事に対して前向きで明るい社員が揃う活気あふれる職場だ。46歳の村上氏も穏やかな人物で、社内の居心地は極めていい。「最近の人たちはみんなで呑みに行こうという感じではないので、夜は食事ということにしています。みんな真面目で優しいですね」と、職場の雰囲気を評する。「太陽光発電や蓄電池の需要はこれからますます増えていくでしょうし、売電から自家消費にウエイトが移っていくことで、営業のスタイルは変わっていくでしょう。でも、それを一足先にやっているのが弊社です。私たちが業界をリードする。そんな気概で邁進していきます」と、力強く語る。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:村上 研作
所在地:福岡県太宰府市国分1-19-34
設 立:2011年11月
資本金:100万円
TEL:092-408-9681
URL:http://www.denshou-co-ltd.jp/job_offer/

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月23日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(10)NEW!

 中川氏は「米中貿易戦争」に関して、ソ連や日本が経験した「トゥキディデスの罠」に言及した...

2020年09月23日 07:00

独自性を高める事業構築NEW!

 2015年1月に設立された総合建設業(株)スエナガ。同社は設立して5年の新鋭企業である。同社の企業スローガンとして『土地に夢を、建物に想いを』を掲げ、賃貸マンション...

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

pagetop