• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月23日 07:30

販売から施工、メンテまで一貫して実践 顧客第一の太陽光発電施工の未来を示す 一樹百穫 

電設工事
(株)デンショウ

九州全域がテリトリー

代表取締役 村上 研作 氏
代表取締役 村上 研作 氏

 「自分のスタイルで仕事をしたいと思った」。代表取締役の村上研作氏が、それまで勤めていた会社を飛び出し、独立した大きな理由だ。太陽光発電の施工に長らく携わり、これまでの旧態依然としたやり方ではダメだと感じていた。もっと果敢に営業していくことが必要だと考え、たった1人で(株)デンショウを立ち上げたのが2010年。現在では沖縄を含んだ九州全域で業務を推進し、太陽光発電、蓄電池を取り扱う電設工事業者としてよく知られる存在になっている。

 「今も変わらず待ちの姿勢でいるところが多いですね。営業部隊を抱え自分たちで仕事をつくっていこうという会社はそうありません」。村上氏がサラリーマン時代に考えたのは、つまりそこだ。社員も徐々に増え営業スタッフを置くことが可能になり、理想を少しずつカタチにしていった。しかし、この手法が成果に結びつくようになったのは、最近のことだという。

 「それまで職人としては経験を積んできましたが、営業はまったく未知の分野で本当に試行錯誤の連続でした」。数多くの失敗、そして小さな成功を繰り返し、販売から施工まで、顧客第一を実践できる体制を実現。他社との大いなる差別化、そして強さを得た。

売上高推移が示す強さ

太陽光発電施工事例
太陽光発電施工事例

 現在の太陽光発電の現状を見てみよう。これまでは売電の魅力に惹かれて購入を考える一般顧客が大半だったが、ご存知のように住宅用太陽光発電の売電価格(FIT価格)は年々引き下げられ、09年に48円/kWhだった売電価格は19年では24円/kWhと半分になっている。一般家庭にとってのメリットはほぼなくなったというのが実情だ。しかし、一方では太陽光発電の普及や工事技術の向上、何よりも普及による低価格化が進んだことにより、売電から自家消費へと導入メリットの比重が移り変わっていることも事実だ。

 「初期費用が高すぎて断念していたご家庭でも購入を検討するケースが相次いでいます」。デンショウのように営業を積極的に行い、施工からメンテナンスまで担う企業にとって、こうした時流の変化は大きい。実際、同社の売上高を見ると昨年は2億円だったものが、今年はすでに3億円を予定しているというから実に1.5倍の伸び率ということになる。これまでは売電の魅力を全面に出すあまり前傾姿勢になり過ぎる傾向があった太陽光発電業界だが、今後、そのイメージは刷新されるだろう。その過渡期においてデンショウの存在感はさらに際立ちそうだ。

オール電化(リフォーム施工事例より)
オール電化(リフォーム施工事例より)

資格取得を会社全体で支援

2カ月に一度のペースで技術研修を実施する
2カ月に一度のペースで技術研修を実施する

 デンショウの職種は営業、そして施工に大きく分かれる。営業が相手にするのは元請会社から一般のエンドユーザーまで多岐に渡る。営業会社か施工会社かというふうに二分される業界において、この両方を有する企業は稀有だ。

 そして施工は手に職をもつ職人というイメージの強い仕事だ。実際、社内ではそう呼ばれている。下請の職人たちとともに仕事に臨むことも多く、さまざまな人たちと触れ合うなかで技術力、人間性を培っていくことになる。

 施工については、現場で必要になってくる資格や専門知識がある。同社ではこれを、会社を上げて支援し、資格取得については受験費用を全額負担する。とくに太陽光発電、蓄電池の施工をやっていくうえで有利になる電気工事士2種の資格については、社長の村上氏が自ら講義をするというから、さぞかし熱のこもった指導だろう。

 ちなみにこの資格がないと業務に従事できないということではないようだ。しかし、かつての村上氏がそうであったように、職人としての自分の仕事に自信や誇りをもつ、あるいは将来独り立ちをするというときのために、国家資格は必ず武器になる。この仕事に携わるならぜひとも手に入れておきたいものだ。

これからも業界を牽引する

 太陽光発電のみならず電設工事全般の販売・施工を担う同社にとって、これから必要となってくる人材は、「責任感をもって自分の仕事と向き合っていける人」と村上氏は答える。エンドユーザーを直接相手にする同社だ。その最前線で求められるのは、顧客とのスムースで洗練された対応になる。何気ない疑問に即座に回答し、場合によっては顧客がわからない、関知しないところまでプロとして抜かりのない対処が求められる。言われたことだけをやっているようでは通用しない。

 同社の平均年齢は35歳。仕事に対して前向きで明るい社員が揃う活気あふれる職場だ。46歳の村上氏も穏やかな人物で、社内の居心地は極めていい。「最近の人たちはみんなで呑みに行こうという感じではないので、夜は食事ということにしています。みんな真面目で優しいですね」と、職場の雰囲気を評する。「太陽光発電や蓄電池の需要はこれからますます増えていくでしょうし、売電から自家消費にウエイトが移っていくことで、営業のスタイルは変わっていくでしょう。でも、それを一足先にやっているのが弊社です。私たちが業界をリードする。そんな気概で邁進していきます」と、力強く語る。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:村上 研作
所在地:福岡県太宰府市国分1-19-34
設 立:2011年11月
資本金:100万円
TEL:092-408-9681
URL:http://www.denshou-co-ltd.jp/job_offer/

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月05日 07:00

プラスチック製レジ袋の有料化 各社各様でスタート

 7月1日から全国で一律にプラスチック製レジ袋の有料化が始まった。持ち手のない袋やバイオマス素材25%以上配合の袋は対象外となる...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(4)

 そもそも7年前に導入が決まった時点では、1基の建造費は800億円と言われていた。それが、あれよあれよという間に2倍以上に膨れ上がり、2基併せて4,500億円になって...

2020年07月04日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】関電責任取締役提訴事件(3)真実隠蔽過程の序章

 かつて「関電疑獄」として、関電収賄事件の解説記事を連載した。そのとき、不祥事を引き起こした取締役会自身の手によって、ヤメ検を中心とした真相究明を目的とする「第三者委...

2020年07月04日 07:00

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(後)

 「単純作業の自動化が重要だと思っています。たとえば、営業で問い合わせを受けたときに必ず行うルーティン業務があります...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(3)

 実は、EMP攻撃のリスク分析はアメリカでは20年前から行われている。というのも、国防総省そのものが、仮想敵国を標的にしたEMP兵器の開発に取り組んできたからだ...

2020年07月03日 16:57

この世界、どうなる?(8)「マイアミ・ナイス」

 私が学生のころ、日本のテレビでは「マイアミ・バイス」というアメリカ製のテレビドラマが流行っていた。ドラマ・アナリストによると、「よくできたシリーズ」だったそうだ...

2020年07月03日 16:45

加熱処理乳酸菌FK-23は抗ガンに高い効果 酵素処理乳酸菌LFKはインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制

 DEVNETは、ニチニチ製薬と提携して、FK-23を免疫強化や抗ガンなどに、LFKをインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制、花粉症などのアレルギー対策などに役立ててい...

2020年07月03日 16:15

6月、九州北部地方の月平均気温が過去最高の24.9℃に

 福岡管区気象台によると、6月の九州北部地方(山口県を含む)の地域平均気温平年差は、1946 年の統計開始以降最高となり、もっとも暑い6月となった...

2020年07月03日 16:02

手ぶらでBBQ!カリフォルニアバーベキュービーチでアイドルが体験レポート

 福岡のアイドルグループ、ふくおか官兵衛Girlsの白石ありさと、NEO☆学院の望月琉菜が「California B.B.Q BEACH」(福岡市西区今宿)をレポート...

筑後商事(株)(旧・(株)マミーズ)(福岡)/スーパー「マミーズ」経営

 同社は6月22日、福岡地裁柳川支部から特別清算開始決定を受けた...

pagetop