• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月18日 17:25

大麻取締法違反で逮捕の宇美町議員、辞職へ

 福岡県糟屋郡宇美町の現職町議・時任裕史容疑者(42)が大麻取締法違反(譲渡)の疑いで沖縄県警に逮捕されたことを受け、宇美町議会は11月14日、時任容疑者の辞職届を受け取ったことを明らかにした。

 宇美町議会事務局の担当職員は、10月24日の沖縄県警による捜査の際、捜査令状に時任容疑者の名前と逮捕容疑(大麻取締法違反)が書かれていたことから、報道が出る直前に逮捕を匂わすような動きがあったことを明らかにし、「(時任容疑者は)午前中行われた町議会広報委員会の途中休憩時、いったん議場の外に出てその後議場に戻ってこず、連絡もつかなくなっていた。どうやら議場から出てきた時任容疑者に沖縄県警が任意同行を求め、そのまま逮捕に至ったようだ」と話した。

 辞職届は11月15日に古賀ひろ子議長によって許可され、現在、許可の通知書が国選弁護人宛に送られている。国選弁護人が通知書を受け取った時点で正式に辞職が確定となる。

【長谷川 大輔】

▼関連リンク
宇美町に激震 現職町議、大麻譲渡疑いで逮捕

関連キーワード:大麻  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop