• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月15日 07:00

顧客と従業員を信頼しておかげさまで43年 一味違うサッシ工事業者へ 一樹百穫 

サッシ工事
(株)サンヨー建材工業

本社社屋
本社社屋

建物に欠かせないサッシ工事とは

 発注者―元請―下請と多くの事業者が関わる重層構造の建設業界では、お互いの信頼関係が最も重要視されるといっても過言ではない。建具工事業者・(株)サンヨー建材工業もこの重層構造に属している。

 建具とは住宅の開口部に取り付けられる「仕切り」の総称を表す。建物の外と室内を仕切り、風雨を遮る、個室をつくる、さらに個室内を仕切り、収納をつくる。このときに使用される玄関ドアや障子、ふすま、窓やサッシなどが建具の代表的なものだ。これらをみてもわかるように建具がない建物はないのだ。とくに住居用では、断熱性や防音性ひいては防犯性など生活に関わる重要な部分にあたり、取り付ける建具によって建物の性能だけでなく見るものに与えるイメージも大きく変わってくる。

 マンションデベロッパーを主体に構成される業界団体・(一社)九州住宅産業協会に加盟していることからもわかるように、同社が施工するサッシ工事で最も多いのは分譲マンションだが、商業施設や小中学校や高等学校、介護施設など、これまで窓のある建物すべてに関わってきた。メーカーでもデベロッパーでもないため、「サンヨー建材工業」の社名を見かけることは少ないが、同社が関わった建物は街中にあふれているのだ。

顧客目線の徹底により競争激しい業界で躍進

 同社の越智多見男社長は人脈を駆使し、マンションデベロッパーを始め、ゼネコンや介護施設運営会社、メーカーとの信頼関係を構築してきた。また、人脈だけでなく、その施工力を買われて継続的に受注することに成功。受注先は大手ゼネコンから地場ゼネコンまで多岐にわたっている。

 「特別なことはしていません」と話す越智社長だったが、創業来43年にわたって取引先からの信頼を得てきたことについて、次のように続けた。「『努力と機動力』を理念に掲げ、顧客の求めるものを丁寧に聞き、それを徹底することです。それには、『勘―感性』も重要です」。その結果として、サッシ工事業者としては、ほかを圧倒するほどの規模を誇るまでに事業を拡大してきた。

 アルミサッシは木製サッシに比べて施工が容易であることから異業種による参入が増加。競合ひしめくサッシ工事業界で地道な営業活動を積み重ね、飯塚地区・福岡地区で知名度を拡大。ビル用アルミサッシ、スチール・軽量製、ステンレス製建具およびガラス・鏡などの建築資材の販売および施工を手がけてきた。

 工期や価格、施工品質などを重視する顧客目線の戦略が功を奏し、受注は好調に推移。2010年代前半に8億~9億円で推移していた売上高は増収基調をたどり、19年9月期には飯塚本社だけで15億円を超えた。業績を大きく伸ばしたのは、建設需要の高まりだけでなく、徹底的な顧客主義に基づいて長年蓄積してきた施工実績による同社への信頼が最も大きいといえる。

左から越智多見男社長、越智信次常務
左から越智多見男社長、越智信次常務

施工力=従業員を信頼すること

 理念である『努力と機動力』は、顧客ニーズを重視するサンヨー建材工業のスタンスを表した言葉だ。建設需要が高まるにつれ、職人不足が顕在化。「施工業者が見つからない」といった声も多く聞かれるようになったが、施工業者の獲得については、これまで積み上げてきた関係性によって決まることも少なくない。時代の流れを読みながら、時代にあった経営を心がける。このように、当たり前のことを当たり前にできる経営力が同社の基盤を築き、それが右肩上がりの受注を支える要因になっているのだ。

 このように、同社の強みは越智多見男社長の人脈と施工力だ。これらは経営の両輪であり、その相関性は躍進を続ける同社の原動力となっている。仕事熱心で知られる越智社長が同社を牽引しているのは間違いないが、そのリーダーシップと理念に共感した役員と従業員が一丸となって仕事に取り組むことで高い施工力を維持してきたことも忘れてはならない。従業員を信頼しているからこそ、越智社長は経営者としての圧倒的な努力を続けることができ、業績の拡大につなげている。

「勘―感性」がなぜ重要なのか

 実際に越智社長が施工に関わることは少ないが、現場は越智社長が最も重視するところだ。予算から進捗まで、すべてを把握しているからこそ、顧客ニーズを聞き出すことが可能になるのだ。その甲斐あってゼネコンの現場では、従業員が表彰されるなど同社の施工力への信頼は厚い。また、その際には、「よく頑張った」と従業員を励まし、労をねぎらうことも忘れない。

 5年間勤務した税理士事務所での経験を基に、サンヨー建材工業を創業後は計数管理を徹底。しかしながら効率を重んじる面を見せつつも、「勘―感性」の重要性を説く。

 「勘―感性は、私が会社を経営するのに最も大切にしているものです。感性を高めるには、常に顧客の声を聞き、その声を仕事に反映させ進化していくことであり、それを続けていくことが最も重要だと考えています。これが、弊社の理念である『努力と機動力』に集約されています」――越智社長は改めて掲げる理念の重要性を説いた。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:越智 多見男
所在地:福岡県飯塚市秋松941
設 立:1977年10月
資本金:1,000万円
TEL:0948-28-7727
URL:http://www.sanyokenzai.co.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月06日 07:00

年間700万人が日台間を往来 教育、歴史など広がりを見せる文化交流(前)NEW!

 台北駐福岡経済文化弁事処(以下、福岡弁事処)は中華民國駐長崎領事館を前身とし、1970年の福岡移転を経て、台湾の代表機関として日台間の交流促進などの役割をはたしてい...

2020年06月06日 07:00

主要11社の経常利益率ランキング タイヨーなど5社が上昇NEW!

 これまでに判明した主要流通企業11社の2020年2~3月期決算によると、期間のもうけ具合を表す経常利益率(経常利益÷営業収益)は前年度から5社が上昇、6社が低下した...

2020年06月05日 17:05

【みやき町】「元なでしこ」海堀ディレクター委嘱式・女子サッカーチーム・ユニフォーム発表

 佐賀県みやき町こすもす館において、5日、海堀あゆみ氏のみやき町スポーツ政策ディレクター委嘱式および「みやきなでしこクラブU-15」のユニフォーム発表会が行われた...

2020年06月05日 16:58

コロナ危機の裏で深刻化する食糧問題と加熱する種子争奪戦争(中編)

 あまり知られていないが、アフガニスタンは40年前には豊かな農業の輸出国であった。アメリカ軍はアフガニスタン侵攻に際し、「2007年までには同国が再び食糧に関して自給...

2020年06月05日 16:00

伊都きんぐの感謝の0円販売、あっという間に終了

 「どらきんぐエース」、「どらきんぐ生(期間限定商品)」などを販売する伊都きんぐ。同店は公式Twitterを通じてあまおう苺入りチョコレート「いちごの卵」の「訳アリ大...

2020年06月05日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月1日発表 福岡労働局分

 6月1日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年06月05日 14:51

国家インフラに「負担金」不可解(前)

 遅々として進まない整備新幹線を尻目に、JR東海が手がけるリニア中央新幹線は着実に整備が進んでいるように見える...

2020年06月05日 14:40

今できることに堅実に挑む~(有)金谷洋瓦工事店

 屋根工事一筋53年の社歴を有し、福岡県内だけでなく、県外でも多くの受注実績を有する(有)金谷洋瓦工事店。金谷宏之代表を始めとした熟練した技術者および同社専属職人の高...

2020年06月05日 13:30

「博多廊」「星期菜」などが1日より営業再開~IMD Allianceの取り組み

 営業再開にあたってのあいさつと同社の感染予防対策についてのメールが寄せられたので、以下に紹介する...

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

pagetop