• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月15日 07:00

顧客と従業員を信頼しておかげさまで43年 一味違うサッシ工事業者へ 一樹百穫 

サッシ工事
(株)サンヨー建材工業

本社社屋
本社社屋

建物に欠かせないサッシ工事とは

 発注者―元請―下請と多くの事業者が関わる重層構造の建設業界では、お互いの信頼関係が最も重要視されるといっても過言ではない。建具工事業者・(株)サンヨー建材工業もこの重層構造に属している。

 建具とは住宅の開口部に取り付けられる「仕切り」の総称を表す。建物の外と室内を仕切り、風雨を遮る、個室をつくる、さらに個室内を仕切り、収納をつくる。このときに使用される玄関ドアや障子、ふすま、窓やサッシなどが建具の代表的なものだ。これらをみてもわかるように建具がない建物はないのだ。とくに住居用では、断熱性や防音性ひいては防犯性など生活に関わる重要な部分にあたり、取り付ける建具によって建物の性能だけでなく見るものに与えるイメージも大きく変わってくる。

 マンションデベロッパーを主体に構成される業界団体・(一社)九州住宅産業協会に加盟していることからもわかるように、同社が施工するサッシ工事で最も多いのは分譲マンションだが、商業施設や小中学校や高等学校、介護施設など、これまで窓のある建物すべてに関わってきた。メーカーでもデベロッパーでもないため、「サンヨー建材工業」の社名を見かけることは少ないが、同社が関わった建物は街中にあふれているのだ。

顧客目線の徹底により競争激しい業界で躍進

 同社の越智多見男社長は人脈を駆使し、マンションデベロッパーを始め、ゼネコンや介護施設運営会社、メーカーとの信頼関係を構築してきた。また、人脈だけでなく、その施工力を買われて継続的に受注することに成功。受注先は大手ゼネコンから地場ゼネコンまで多岐にわたっている。

 「特別なことはしていません」と話す越智社長だったが、創業来43年にわたって取引先からの信頼を得てきたことについて、次のように続けた。「『努力と機動力』を理念に掲げ、顧客の求めるものを丁寧に聞き、それを徹底することです。それには、『勘―感性』も重要です」。その結果として、サッシ工事業者としては、ほかを圧倒するほどの規模を誇るまでに事業を拡大してきた。

 アルミサッシは木製サッシに比べて施工が容易であることから異業種による参入が増加。競合ひしめくサッシ工事業界で地道な営業活動を積み重ね、飯塚地区・福岡地区で知名度を拡大。ビル用アルミサッシ、スチール・軽量製、ステンレス製建具およびガラス・鏡などの建築資材の販売および施工を手がけてきた。

 工期や価格、施工品質などを重視する顧客目線の戦略が功を奏し、受注は好調に推移。2010年代前半に8億~9億円で推移していた売上高は増収基調をたどり、19年9月期には飯塚本社だけで15億円を超えた。業績を大きく伸ばしたのは、建設需要の高まりだけでなく、徹底的な顧客主義に基づいて長年蓄積してきた施工実績による同社への信頼が最も大きいといえる。

左から越智多見男社長、越智信次常務
左から越智多見男社長、越智信次常務

施工力=従業員を信頼すること

 理念である『努力と機動力』は、顧客ニーズを重視するサンヨー建材工業のスタンスを表した言葉だ。建設需要が高まるにつれ、職人不足が顕在化。「施工業者が見つからない」といった声も多く聞かれるようになったが、施工業者の獲得については、これまで積み上げてきた関係性によって決まることも少なくない。時代の流れを読みながら、時代にあった経営を心がける。このように、当たり前のことを当たり前にできる経営力が同社の基盤を築き、それが右肩上がりの受注を支える要因になっているのだ。

 このように、同社の強みは越智多見男社長の人脈と施工力だ。これらは経営の両輪であり、その相関性は躍進を続ける同社の原動力となっている。仕事熱心で知られる越智社長が同社を牽引しているのは間違いないが、そのリーダーシップと理念に共感した役員と従業員が一丸となって仕事に取り組むことで高い施工力を維持してきたことも忘れてはならない。従業員を信頼しているからこそ、越智社長は経営者としての圧倒的な努力を続けることができ、業績の拡大につなげている。

「勘―感性」がなぜ重要なのか

 実際に越智社長が施工に関わることは少ないが、現場は越智社長が最も重視するところだ。予算から進捗まで、すべてを把握しているからこそ、顧客ニーズを聞き出すことが可能になるのだ。その甲斐あってゼネコンの現場では、従業員が表彰されるなど同社の施工力への信頼は厚い。また、その際には、「よく頑張った」と従業員を励まし、労をねぎらうことも忘れない。

 5年間勤務した税理士事務所での経験を基に、サンヨー建材工業を創業後は計数管理を徹底。しかしながら効率を重んじる面を見せつつも、「勘―感性」の重要性を説く。

 「勘―感性は、私が会社を経営するのに最も大切にしているものです。感性を高めるには、常に顧客の声を聞き、その声を仕事に反映させ進化していくことであり、それを続けていくことが最も重要だと考えています。これが、弊社の理念である『努力と機動力』に集約されています」――越智社長は改めて掲げる理念の重要性を説いた。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:越智 多見男
所在地:福岡県飯塚市秋松941
設 立:1977年10月
資本金:1,000万円
TEL:0948-28-7727
URL:http://www.sanyokenzai.co.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop