• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月25日 10:31

「信用」はどこへ 相次ぐ信金信組の不祥事件

 11月、熊本第一信用金庫(熊本市)と鹿児島興業信用組合(鹿児島市)で元職員による多額の着服事件が発表された。被害額はそれぞれ1億2,000万円と1,900万円に上った。いずれも顧客を騙し、ローンを実行。融資金を無断で引き出す手口だった。信頼を大きく揺るがす事態であり、不祥事を起こした金融機関には徹底的な再発防止策が求められる。

 企業の不祥事には、複数のケースがあるが、自分のお金が知らない間に消えていったり、身に覚えのない借入金が発生していたりと、金融機関の不祥事の被害者は顧客であることが多い。顧客は金融機関には絶対の信頼を寄せており、まさか銀行に預けたお金がなくなったり、勝手に借金を背負わされたりするなんて、想定していない。

 まずは「何かの間違いではないか?」と、コンピューターの異常や故障を疑うこともあるだろう。「金融機関に不正はない」という神話に初動対応が遅れる顧客がいるのは間違いない。上述した2件も、被害者は複数で、1年以上前から不正行為が行われており、発覚までに時間がかかっている。これは、金融機関への絶対的な信頼がその発覚を遅らせているように思えてならない。

 しかし、現実に「まさか」は起こっている。インターネットで【金融機関 不祥事】といれて、検索してみるといい。今年だけでも、何件も不祥事件が発覚している。金融機関からすれば「ほんの一部の不良な金融機関が起こしたこと」と言いたいだろうが、もはや「銀行神話」は存在しないのだ。金融機関にお金を預けなければいいのだが、そういうわけにはいかない。銀行以上に安全に保管できる場所はないからだ。

 人がお金に携わる限り、このような事件はなくならない。利用者ができることは、金融機関に任せきりにしないことだ。あくまで自分のお金は自分で守る意識をもつことが重要ではないか。身近なところでいえば、こまめな通帳記入や複数口座への預金の分散。そして、世の中に「絶対」はないことを知ることだ。

【東城 洋平】

▼関連リンク
金融機関に「夫の生命保険を奪われた」~預金が「溶けていく」謎を追う/鹿児島3金融機関との闘い(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月08日 17:55

加速する建設現場へのICT技術の導入、「i-Construction大賞」授賞式開催〜国土交通省NEW!

 国土交通省は5日、「i-Construction大賞」の授賞式をオンラインで開催した。同賞は、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」に係る優れた...

2021年03月08日 17:44

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(1)NEW!

 ニューヨークはアートの街として2つの点で有名である。1つは、ニューヨークには「メトロポリタン美術館(MET)」「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など83もの美術...

2021年03月08日 17:32

【東日本大震災から10年】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月08日 17:07

【福岡県知事選2021】元国交省局長・奥田氏が出馬断念 2日の速報ピタリNEW!

 小川洋・福岡県知事の辞職にともなう県知事選に出馬する意向を示していた、元国交省局長の奥田哲也氏(59)が今日午後、立候補を断念すると表明した。自民党の二階俊博幹事長...

2021年03月08日 16:51

大野城~水城橋梁補修、14.8億円で前田建設工業が落札NEW!

 福岡県北九州高速道路公社発注の「大野城~水城橋梁補修工事(R2-3)」を、前田建設工業(株)九州支店が14億8,690万円(税別)で落札した...

2021年03月08日 16:22

テスラは電気自動車の最後の勝者になれるのか?

 二酸化炭素の排出抑制など、環境への配慮を優先する機運が高まり、自動車業界でも電気自動車へのシフトが本格化している。そのような状況下で、新型コロナウイルスによるパンデ...

2021年03月08日 16:09

【怪文書】故・田中久也県議の後継めぐり怪文書 出所をほぼ特定

 昨年12月30日に亡くなった自民党福岡県議の田中久也氏(享年87)の後継をめぐる補欠選挙が、県知事選と同じ4月11日に行われる...

水のリーディングカンパニーとして 地域社会に安心安全を提供し続ける

 ゼオライト(株)は1969年11月、「良い水創り・人財(ひと)創り」を経営理念に河村恭輔氏が創業。70年8月に株式会社に改組して、恭輔氏が代表取締役に就任。2004...

街をデザインすることで地域貢献 時代を越えて残る住まいを提供

 西武ハウス(株)は、「デベロッパー業務を通じて広く社会に貢献する」という経営理念のもと、環境・プラン・品質・デザインあらゆる点で「つくり手が住みたくなる住まい」を追...

2021年03月08日 14:57

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(5)

 『安倍前首相は米国とイランの国際関係を仲裁しようとイランを訪問しましたが、イラン核合意では成果が出ませんでした。欧州はイランの核合意復帰を望みますが、バイデン政権は...

pagetop