2021年12月09日( 木 )
by データ・マックス

低入札に起因する辞退 太宰府市の設計コンサルに指名停止6カ月~福岡県

 福岡県は11月26日、太宰府市の設計コンサル会社「(株)マホコンサルタント」に対し、同日から6カ月間の入札参加停止措置を行った。南筑後県土整備事務所が11月12日に行った指名競争入札において、同社が落札者となったが、正当な理由がなく、契約を辞退したため。

 県によると、同社は柳川市の県道迂回路設置工事の積算補助業務を予定価格278万7,400円の6割未満となる162万8,000円で落札した。県には、低入札防止対策の要領があり、予定価格の75~80%を下回った場合、同業の指名業者など第三者による成果物の確認が求められているが、同社は第三者が確保できないとして、契約を辞退した。

 次点者の入札金額とは、100万円ほどの開きがあったことから、金額の記入ミスだった可能性もある。なお、同入札は再入札となる予定。

【東城 洋平】

関連キーワード

関連記事