わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月29日 07:00

珠海からの中国リポート(15)

福岡大学名誉教授 大嶋 仁 氏

日韓関係の将来

 日韓関係はこじれっぱなしだが、両国はこれを楽しんでいるのではないのかと思うことがある。切っても切れない関係の兄弟が、意地を張って「自分のほうがエライんだ」と強がり合戦をしているように見える。深刻なようで、実は滑稽な「茶番劇」なのではないか?

 30年も前、新宿のカフェでまだ元気だったM叔父と会ったことがある。そのとき叔父は韓国の女性を連れていた。その女性は30歳くらいだったか。顔が百済観音みたいだったので、日本文化の故郷は朝鮮半島だったのかと漠然と感じたものだ。

 柔和で、静寂で、奥ゆかしい。陰のあるその表情の奥には、決して消えない情熱の炎がある。大声でわめく韓国女性はテレビドラマでよく見かけるが、その向こうにこういう静謐の美があるのだ。こういう女性のいる国は、日本人にとっては大切なはずなのに、そのことを日本人はなかなか悟ろうとしない。

 つい最近、珠海から飛行機で2時間の杭州に行った。それと日韓関係とどう関係あるのかといえば、そこで韓国からの留学生C君と出会ったからだ。そのC君に、私は日韓関係のあるべき未来を感じた。

 若干23歳の彼は日本在住期間わずか3カ月というのに、極めて見事な日本語を操っていた。マンガ本で覚えたというが、にわかに信じがたい。そういう彼がどうして中国の大学にいるかといえば、日本の大学を受験して失敗したからだという。「で、中国では何を勉強しているの?」と聞くと、「中国古典文献学」、つまり漢籍の研究だという。

 「なんのために?」と聞くと、「韓国や日本の古典を理解するには中国の古典を理解する必要があるから」という。何の力みもなく、事もなげにそれをいえるこの若者に、私は感服してしまった。

 こんな若者は韓国でも稀であるに違いないと思っていた矢先、もう1人稀な青年と出会った。今度は日本人である。2人とは別々に会ったのに、それがほとんど同時であったことに因縁めいたものを感じた。

 その青年はH君といって、日本では大学院で中国の書の研究をしていたが、どうしても本場で書の伝統を見極めたくなって中国にきたのだという。名門である浙江大学大学院に入るには中国語の試験と書道の実技と書の歴史に関する試験があったそうだが、この分野での留学生が珍しいこともあって、比較的楽に入れたという。

 「書の研究」と言われてもピンと来なかった私は、「つまり、どういうことをするの?」と聞くと、極めて簡潔に「甲骨文字の研究です」という。「甲骨文字?それって、うんと古い時代のでしょ?」「ええ、僕は古いものが好きなんです。そういう時代の文字を彫り込んで印鑑をつくる。これを趣味にしています」

 これが21世紀の日本の若者かと思うと、そばにいて不思議な気がした。まるで、別の宇宙から舞い降りてきた生き物のように思えたのだ。顔をのぞき込むと、繊細そうでありながら眼がらんらんと輝いている。おそるおそる、「どうして古い時代のものが好きなの?」と尋ねると、これもきっぱりとした答えだった。「古いものは、それだけ神様に近いから」

 何もいえなくなった私は、そのまま彼を離れた。こういう人間はそのままにしておけばいいと思ったのだ。

 晩になって、どうしてもその彼を韓国のC君に引き合わせたくなった。早速2人と連絡をとり、30分後に3人で近くのカフェに入った。

 「君たち2人とも自分たちの伝統文化を理解するために中国にきてるんだね」と私がもちかけると、C君は「僕は昔のものは、それを実感しなければ消え去ってしまうと思ってるんです。博物館に行ったって、陳列品を昔の生活のなかに置いてみて実感する。それがなければ、伝統はただの言葉です」と答えた。

 一方のH君は、はじめは押し黙っていたが、やがて口を開くと、こんなことを言った。「僕は毎晩寝る前に万葉集を読むんです。古い言葉を感じたいから」

 なるほど、この青年はいわゆる「言霊」に敏感なのだ。その感受性が21世紀の日本にも残っていて、その持ち主が日本を離れてこうして中国にいる。これは偶然なのか、それとも必然か。

 「僕は日本では変人に過ぎませんから、ここにきて息をついてるんです」

 そういうH君の言葉に、C君はうなずいた。「どうせ生まれたからには、好きなように生きないといけないと思って、いまここにいるんです。朝鮮半島は北と南に分断されているけど、それ以上に悲劇なのは、若者が伝統文化から切り離されていることではないですか。でも、伝統を実感することは不可能ではない。そう思って勉強しています」

 H君もこれに納得したようだった。「また会って一緒に呑もう」、そう言って2人は別れた。その晩、私はいつも以上に興奮して寝つけなかった。日韓関係の将来は必ずしも暗いものではない、そう思えたのだ。

(つづく)

<プロフィール>
大嶋 仁 (おおしま・ひとし)

 1948年鎌倉市生まれ。日本の比較文学者、福岡大学名誉教授。 75年東京大学文学部倫理学科卒業。80年同大学院比較文学比較文化博士課程単位取得満期退学。静岡大学講師、バルセロナ、リマ、ブエノスアイレス、パリの教壇に立った後、95年福岡大学人文学部教授に就任、2016年に退職し、名誉教授に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月16日 17:00

右翼に「こっち来て質問すればいいのに」と山本太郎氏 横浜NEW!

 れいわ新選組の山本太郎代表は14日、JR横浜駅西口高島屋前で開いた街頭記者会見で、開始前から自身を中傷して回る右翼に対して、「そんな所でやってないで、こっちにきて質...

2019年12月16日 16:31

【交通取締情報】12月17日、西区、朝倉市で実施NEW!

 福岡県警は12月17日(火)、西区と朝倉市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年12月16日 15:49

久留米市の若手画家・吉武弘樹氏の作品を筑邦銀行のカレンダーに採用NEW!

 福岡県久留米市諏訪野町に本店を置く筑邦銀行は、同行が制作、配布する2020年版のカレンダーに久留米市出身で現在、同市内で創作活動を行う画家・吉武弘樹氏の作品を採用した。

2019年12月16日 15:19

ピンチに立たされている韓国の保険業界(前)NEW!

 生命保険の場合、保険商品が販売され、保険会社が保険料を受け取ると、その保険料は、会社を経営する経費となったり、将来の保険金等の支払いに備えた積立金となったり、運用資...

2019年12月16日 13:24

出資を断り続けたヤマダは、なぜ大塚家具を子会社にするのか~ニトリとの全面戦争が勃発か!(前)

 大塚家具は資金破綻が秒読みに入っていた。その土壇場で、家電量販店のヤマダ電機が、救済の手を差し伸べた。ヤマダは43億7,400万円出資し、大塚家具を子会社化する。ヤ...

2019年12月16日 12:51

キャンプ感覚でステーキを楽しむ「ハングリーコヨーテ」オープン

 スーパーなどの施設内に出店し食肉や総菜などの販売を手がける北九州市門司区の橋本食品(株)(兒玉斉社長)は12月14日、レストランをオープンした。場所は国道3号沿い、...

2019年12月16日 12:39

糸島市誕生10周年、「郷土糸島の偉人たち」募集中

 糸島市は2020年1月1 日に市制施行10周年を迎える。市ではこれを記念し、さまざまなイベントを企画しており、そのなかの1つとして「郷土糸島の偉人たち」を募集中だ。

2019年12月16日 12:30

「財政健全化はただのDV野郎」と山本太郎、新規国債による生活底上げを主張

 れいわ新選組の山本太郎代表は13日、茨城・つくばエクスプレスつくば駅前広場で街頭記者会見を開き、「財政健全化はただのDV(国内暴力)野郎」と批判し、国民生活の底上げ...

2019年12月16日 09:42

市営弥永住宅工事、8.9億円で照栄・博栄JVが落札

 福岡市発注の「令和元年度市営弥永住宅(その2地区)新築工事」を、照栄・博栄建設JVが8億9,770万2,300円(税込)で落札した。契約の履行期間は2019年12月...

2019年12月16日 09:41

筑紫野市 西鉄筑紫駅西口に新築マンション

 福岡県筑紫野市の筑紫駅西口土地区画整理事業内にマンションが新築される。事業主は個人で、設計・施工は上村建設(株)。

pagetop