• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月06日 09:54

今や霞ヶ関では「矜持」という言葉は完全に死語となった!(1)

 安倍政権では日本官僚の宝であったはずの「公文書」も政権にとって毒と思えば、いとも簡単に「廃棄したこと」にしてしまう。それに異を唱える高級官僚もいなくなった。今や「矜持」という言葉は霞ヶ関では完全に死語となった。

 師走が迫った12月13日(金)午後6時半~午後8時半にお茶の水ブックカフェ「エスパス・ビブリオ」において鼎談『国家はなぜ嘘をつくのか』(主催:エルズバーグ実行委員会、NPJ(News for the People in Japan))が行われた。会場には遠く仙台からの参加者を含む約80名が参集した。演者は前川喜平 現代教育行政研究会代表(元文部科学事務次官)と猿田佐世 弁護士(新外交イニシアティブ(ND)代表)、コーディネーターは梓澤和幸 弁護士(NPJ代表)だった。

 

鼎談風景(向かって左から、猿田佐世氏、前川喜平氏、梓澤和幸氏)
鼎談風景(向かって左から、猿田佐世氏、前川喜平氏、梓澤和幸氏)

その人の内面と勇気に接し、希望を語るためである

 主催者のエルズバーグ実行委員会とは何か。コーディネーターの梓澤和幸弁護士は次のように説明した。

 ダニエル・エルズバーグ米国元国防次官補補佐官が命がけで明らかにした「ペンタゴン・ペーパーズ」(「米国防総省秘密報告書」)は「ベトナム戦争の嘘」を自分の論調ではなく、政府自身の言葉で語っている。

 刑罰で真実をおさえつける特定秘密保護法(2013年成立)に直面した時、ペンタゴン・ペーパーズを暴露したその人の内面と勇気に接したかった。日本にお招きしたがかなわないとわかり、どうしても、と願う者たちでエルズバーグ実行委員会をつくり、2016年3月19日、20日の2日間に渡り、サンフランシスコ近郊のエルズバーグ氏宅を訪問しインタビューした。それを、書物にしたのが『国家秘密と良心 私はなぜペンタゴン情報を暴露したのか』(梓澤 登、若林希和 訳・岩波ブックレット2019.4.5)である。絶望に陥りがちな私たちが希望を語るためにどうしても本書が必要であった。(当日、会場に持ち込まれた岩波ブックレットは完売した)

「ベトナム戦争の嘘」を政府自身の言葉で語らせた

 国家が民衆を駆り立て、200万人ともいわれるベトナム側の犠牲者、5万7,000人におよぶアメリカ軍兵士の戦死者、4,968人の韓国軍兵士死者、これだけの痛みと悲しみを強いた戦争が嘘だった。象徴的なものは「トンキン湾事件」の顛末である。

 トンキン湾事件とは、1964年8月2日トンキン湾でアメリカの駆逐艦「マドックス」が、さらに同月4日に「マドックス」と僚艦「C.ターナー・ジョイ」が北ベトナム魚雷艇の攻撃を受けた事件である。ジョンソン大統領は上下両院議会のトンキン湾決議(大統領に無制限ともいうべき戦争遂行権を付与)に基づき、北側の砲撃を口実に北ベトナムへの爆撃を大規模に拡大した。

 しかし、今では、トンキン湾事件を遡ること3カ月も前の1965年5月にハワイで、上下両院の決議文のシナリオ「北の攻撃を口実にして、南を防衛するため北爆の大規模な拡大をする。その戦争遂行権限をアメリカ両院議会は大統領に付与する」ができ上がっていたことがわかっている。事件当時は1964年8月、ベトナム中部トンキン湾で北ベトナムの軍艦が2回に渡り、アメリカの軍艦を砲撃したと報道された。しかし事実は、1回目はアメリカ側の挑発による砲撃であり2回目は実際にはなかった架空の出来事であった。

(つづく)
【金木 亮憲】

【ダニエル・エルズバーグ(Daniel Ellsberg】
 1931年シカゴ生まれ。戦略研究者・平和運動家。元国防総省勤務、元国防次官補補佐官。ハーバード大学卒業後、ケンブリッジ大学に留学、ランド研究所、米国国務省で政策研究。「ペンタゴン・ペーパーズ」作成に関わるが、1971年に国防総省のベトナム政策決定経過を「ニューヨークタイムズ」や「ワシントンポスト」に内部告発して合衆国法典793条e項(国防機密漏えい罪)に問われ、起訴、解任。その後、ロサンゼルス連邦地裁で控訴棄却の判決。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月20日 16:54

福岡県、東京都内で予定していた企業誘致セミナーを中止

 福岡県は2月20日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、3月9日に東京都内の会場で予定していた「福岡県外資系企業誘致セミナーin東京」の開催を中止すると発表した。

2020年02月20日 16:45

中国の新型肺炎の新規患者数が約25日ぶりに1,000人以下に~都市封鎖の効果が出始めたか

 中国国家衛生健康委員会の発表によると、中国における新型コロナウイルスによる肺炎の新規患者数の増加がペースダウンしてきている。18日から、肺炎に罹ったものの、回復し退...

2020年02月20日 15:54

ホークス、ファンサービスなど自粛~新型コロナウイルス感染対策で

 福岡ソフトバンクホークスは本日20日から、新型コロナウイルス感染予防のために選手によるファンサービスを当面の間、自粛する。ファンサービスの内容は、サイン、ハイタッチ...

2020年02月20日 15:20

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第3章・「尊厳死」とは(前)

 運営する「サロン幸福亭ぐるり」(以下「ぐるり」)で、新年をはさみ2件の常連客を亡くした。1人は82歳の男性Sさんで、死因は血液のガン。もう1人は77歳の女性Eさんで...

2020年02月20日 14:51

ベトナムの「光と影」(前)

 経済発展が進むベトナムの「最前線」を体感することを目的に、2月14日から18日の期間、12名でハノイを視察した。一言でいえば、現地・ハノイは新型コロナウイルスに戦々...

2020年02月20日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(2)

 2つの基調講演が行われた。1つ目は、クリフォード・スターンズ米国前下院議員、2つ目は、申宰元・現代自動車副社長である。クリフォード前議員は、今言論人を取り巻く環境は...

2020年02月20日 13:30

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(3)

 かつて株価は経済を映す鏡と言われた。株価上昇は景気回復の先行指標であり、株価下落は景気後退の先行指標だった。しかし、この関係が崩壊している。第2次安倍内閣が発足して...

2020年02月20日 12:57

糸島市、福吉地区活性化計画を策定

 糸島市は、農山漁村の活性化を目的として、国や地元福吉の産直市場「福ふくの里」と協議を進めていた「福吉地区活性化計画」を策定した。

2020年02月20日 11:30

生活より景観が優先された「鞆の浦」「ポニョ」の舞台も人口減と高齢化、観光も低迷(前)

 鞆の浦の路線バスは通常のバスより小さいが、道路沿いの家に触れそうなほど車体を近接させて通行していた。これでは有事の際、消防車や救急車が到着するのに通常以上の時間を要...

2020年02月20日 11:24

新型コロナウイルス、輸入建材関係の調達にも影響

 新型コロナウイルス感染拡大の影響が、建設業界にも出始めているという。福岡県内の戸建事業者は、戸建住宅用の資材は主に輸入建材を使用いるが、今回のコロナウイルス感染拡大...

pagetop