• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月07日 10:00

「社長が注目する経営者」はワークマンの小濱氏とアイリスオーヤマの大山氏(中)

“中興の祖”は栗山清治・前社長

 作業服からスポーツ、アウトドア系の衣料、男性中心から女性をターゲットにしたカジュアル業態への転換は、栗山清治社長(当時)の決断だ。京都府立大学文学部卒。シノヤという会社を経て、85年にワークマンに転職。商品開発を担当し、リーマン・ショックの翌09年、社長に就任した。

 18年2月22日放送のテレビ東京『カンブリア宮殿』に栗山氏が出演し、ワークマンの成長の秘訣について語った。それによると、減り続ける労働人口に危機感を募らせた栗山氏は、プライベートブランド(PB)を立ち上げ、アウトドアやカジュアルの市場に舵を切った。作業服専門のオーナーたちからは、「本当に売れるのか」といった疑問の声や反発が相次いだ。しかし、低価格を売りとするPB商品が売れたことから反発は収まった。

 18年9月5日、東京都立川市のショッピングセンター(SC)「ららぽーと立川飛」に新型店「ワークマンプラス」1号店をオープンした。作業服を中心に扱う既存店と異なり、スポーツやアウトドア系の衣料を専門に扱う。アウトドアブランドの店舗も出店しているが、新型店の中心価格帯は1,900~2,900円と安く、価格面で差異化した。

 ワークマンの株主はべイシアの創業家一族が大半を保有している。資本と経営が分離した形態だ。栗山氏は19年4月、取締役に退き、6月の株主総会で取締役も退任した。

カジュアル業態「ワークマンプラス」の出店を拡大するのを機に、経営の若返りを図る。栗山氏は、PB商品の強化で8期連続の増収増益を達成するなど同社の成長を指揮。”中興の祖”と呼ばれている。

新社長に託された新業態店「ワークマンプラス」

 栗山氏から社長を引き継いだのは小濱英之氏。小濱氏は高崎商科短大を卒業後、90年にワークマンに入社し、商品部長などを歴任した生え抜き。19年4~9月期の実績で、PB商品は947アイテムとなり、チェーン全店売上高構成比の44%を占める。路面店の開業やSC内への出店や既存店の改装を進め、20年3月末までにワークマンプラスを169店まで増やす計画を掲げ、PB商品の構成は5割強に高める。

 19年10月からの消費増税で、慎重な見方をとる小売業界のなかで、ワークマンは強気だ。既存店の売上高は2ケタ増を続ける。20年3月期は、売上高は前期比10%増の733億円、純利益は11%増の108億円を見込んでいる。

 スポーツ・アウトドア衣料は大手が競う大激戦区だ。「ワークマン女子」に頼った業態転換で、ワークマンは小売業の”勝ち組”であり続けることができるのか。腕の見せどころだ。

アイリスオーヤマは総合家電に大変身中

 アイリスオーヤマの大山晃弘社長は「日の丸家電復権」へ攻勢をかける。米国や中国のネット通販向けに事業を拡大し、2022年にグループ売上高1兆円を目指す。非上場を維持し、本社は仙台から移さない。

 これまでは炊飯器など白物家電を手がけてきたが、白物だけでは目標を達成することが難しいと判断。液晶テレビを起爆剤としてAV機器(音響・映像)も手がける総合家電メーカーへと脱皮する。アイリスの液晶テレビはシャープやパナソニックなど電機大手から転職してきた技術者が開発し、中国メーカーに生産を委託する。

 アイリスは、創業時にはプラスチック収納容器やペット用品が主力製品だったが、近年は発光ダイオード(LED)照明が収益源となっていた。いまや、大型テレビやエアコン、洗濯機など家電製品が中心である。

 目をつけているのが世界最大の電子商取引(EC)市場の中国だ。中国では洗濯機や冷蔵庫といった大型家電までネットで売れる。かつて世界の市場を席捲した日本の白物家電は、中国や韓国などの低価格商品に市場を奪われた。中国のネット通販市場の変化で、そこに復活の兆しを見た。中国に10カ所の生産拠点を設け、中国のネット通販に対応する。

 その重責を担うのが、18年7月に社長に就いた大山晃弘氏。創業者、大山健太郎氏の長男で97年に東北学院高校を卒業。米国のベロイト大に留学したが中退。03年にアイリス米国法人に入り、海外畑を歩いた。10年にアイリス本体に戻り、開発部長を経て15年からはアイリス取締役に就き、持株会社オーヤマの代表を父から譲り受けた。健太郎氏は会長だ。

(つづく)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

pagetop