• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月09日 13:30

日本最大のミュージカル集団に育てた創業者 劇団四季に賭けた浅利慶太氏の人生(2)

ジャーナリスト 元木 昌彦 氏

演劇の世界は不平等なものだ

 次第に四季の実力が認められるようになると浅利さんは、1958年に、石原慎太郎さん、江藤淳さん、谷川俊太郎さんら若手文化人らと「若い日本の会」を結成して注目を浴びる。1961年には日生劇場の取締役に就任する。浅利演出が世の中に広く認められるのは、1966年から始まった歌手・越路吹雪さんのリサイタル公演だった。

 越路さんは宝塚の男役のトップスターだった。宝塚退団後は、東宝専属の女優として活躍し、歌手としても、フランスのエディット・ピアフのようだと評され“シャンソンの女王”といわれた。代表曲に『愛の讃歌』『ラストダンスは私に』などがある。日生劇場で始まったリサイタルは、浅利さんの演出によって大きな話題を呼び、チケットが取れない公演として、越路さんの名声を不動のものにした。劇団四季も順調で、渋谷区参宮橋にある稽古場では、浅利さんによる厳しい稽古が連日続いていた。

 そのころ、一番心に残っている、浅利さんが研修生たちを前にしていったひと言がある。「演劇の世界は不平等なものだ」。役者だったら主役になりたい、そう思うはずだ。役が発表されて、主役が自分より下手だと思うやつに回れば面白くない。「何であいつが」と思うだろう。だが、自分が思っている評価と他人が見た評価は違う。そんなことにいつまでもこだわっているようでは、何をやらせてもダメだということだろう。

スケールの大きさに魅了される

 参宮橋に遊びに行って、稽古が終わると、浅利さんに誘われて彼のマンション近くのバーで呑むのは至福の時間だった。浅利さんは政治好きでもあった。佐藤栄作総理が辞めるときの演出をしたのは彼だった。中曽根康弘総理とは刎頚之友だった。

 私が浅利さんを知るきっかけになったのも政治絡みだった。田中角栄総理の金脈問題で自民党内の保守派と若手たちが対立し、河野洋平さんや田川誠一さん、山口敏夫さんらが自民党を飛び出し、新自由クラブをつくったのは1976年だった。河野さんはカリスマ性があり、カネまみれの自民党を厳しく批判する若き政治家に、有権者は期待を寄せ、結党直後の総選挙では17議席を取り、新自由クラブブームが起きた。

 その当時、自民党所属のある都議会議員がいた。彼は、新自由クラブから出馬するよう、河野さんたちから熱心に誘われていた。その都議会議員のスキャンダルを、当時、『週刊現代』にいた私がつかんだのである。取材を始めると、突然、浅利さんが私を訪ねてきて、「河野に会ってくれないか」というのだ。詳しい経緯は省くが、以来、浅利さん、河野さんと親しく付き合うようになった。河野さんも魅力的な人だったが、浅利さんというスケールの大きい人間に魅了された。

 教養はある、話はうまい、包容力がある。これほどすべてを備えた人を、ほかに知らない。私はうぬぼれの強い人間である。作家でも評論家でも、政治家はもちろん、こいつには適わないと思ったことはなかった。しかし、浅利さんには適わない、そう心底思った。浅利さんも、私のことを信用してくれたようだった。

順風だったが突然暗転

 その当時、こんなことがあった。ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川氏が、少年たちに性的虐待をしているのではないかという疑惑を、一般週刊誌で初めて『週刊現代』にいた私が書いたのである。記事が出た後、ジャニーズ事務所は『週刊現代』を発行している講談社に対して、「今後は一切、うちのタレントは出さない」と宣告してきた。

 講談社には、ジャニーズ所属のアイドルを使いたい少年少女向けの雑誌が多かったという社内事情もあったのだろうが、私を突然、婦人雑誌へ異動させたのである。こんな会社辞めてやる! 30代半ばで血の気が多かった私は、結婚したばかりだということも忘れて、そう腹を決めた。すぐに浅利さんに会って、あなたの秘書にしてくれと頼み込んだ。私の話を聞いた浅利さんは、「わかった」といってくれ、こう続けた。「だが、君は『婦人倶楽部』がどういうところか知らないだろう。半年我慢してみたまえ。それでも嫌だというのなら、僕が面倒を見る」。

 この言葉がなければ、私は講談社を辞めていただろう。だが、当時は浅利さんも大変な時期だったのである。順風に見えた劇団四季が、突然暗転するのだ。ドル箱だった越路吹雪さんが、絶頂期の1980年11月に、56歳の若さで突然亡くなってしまうのだ。

(つづく)

<プロフィール>
元木 昌彦(もとき・まさひこ)

 1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学新社)などがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月17日 18:55

東京マラソン、一般参加の中止~参加予定ランナーの声

 3月1日開催の東京マラソンは、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、一般ランナーの出場を取りやめ、招待選手などエリート選手のみで行われることが決まった。

2020年02月17日 16:39

【定点観測】東京・午前8:00~マスク着用率は…

 都内ではマスクを着用する人の姿が多く見られるようになった。下の写真は、今朝の通勤時(午前8時ごろ)のものである。地下鉄丸ノ内線・中野坂上駅を降りて改札に向かう乗客の...

2020年02月17日 15:25

下請業者に不当な減額や返品を要求~伊藤忠商事の子会社に下請法違反

 公正取引委員会は2月14日、伊藤忠商事の100%子会社で、婦人服ブランド「レリアン」「キャラ・オ・クルス」「ランバンコレクション」などのブランドを展開する(株)レリ...

2020年02月17日 14:47

(株)INS(旧・(株)ヰノセント)(東京)/婦人服販売

 INSは2月14日、東京地裁に特別清算の申請を行った。

2020年02月17日 14:30

これからのカードは指紋センサー搭載カードに(前)

 中国発の新型コロナウイルスは全世界に大きなショックを与えており、新型ウイルスのワクチンがない現在、さらなる感染拡大が心配されている。新型コロナウイルスは感染者と接触...

2020年02月17日 14:00

老舗企業のお手本となるマネジメント~(株)未来図建設

 地場総合建設業の(株)未来図建設は地元のまちづくりに貢献し続け、顧客および取引先などステークホルダーから高い評価を受け絶大な信用を得ている。同社代表取締役・菅原正道...

人災としてのコロナウイルス感染拡大

 想定された事態が発生している。日本全国で新型コロナウイルス感染者が確認され始めた。しかも、中国・湖北省から日本に移動した人、中国・湖北省を訪問した人ではない。そもそ...

2020年02月17日 13:30

神奈川県知事肝いりで推進!「人生100歳時代の設計図」(後)

 人生100歳時代では、リタイアしてからスムーズにセカンドキャリア、あるいは新たな生活ステージに移行できるかがポイントとなる。

2020年02月17日 11:52

【書評】有森隆著『創業家一族』を読む~かつて日本の創業者は起業家精神が旺盛だった!(前)

 永らく日本はベンチャー不毛の地と言われてきた。インターネットの勃興に合わせて、米国ではGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)が、中国にはBAT(バ...

2020年02月17日 11:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第2章・肉親を「看取る」ということ(4)

 石田弘次郎(仮名)は、母の葬儀を、ひとりですべて準備・段取りして、取り仕切った。「母が亡くなってから葬儀までは、悲しんでいる暇などなく、葬儀の準備から会葬していただ...

pagetop