• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月09日 15:57

中小企業が“主役”になれる時代がやってきた!(前) 一樹百穫 

シンクタンク・ソフィアバンク 代表 藤沢 久美 氏

 不確実な時代を生き抜くリーダーにはどんな能力が求められるのか。正解などもちろんなく、どの選択肢を選んでも副作用(リスク)がついてくる現代、どのようにしたらチームや組織を活性化させることができるのだろうか。民間シンクタンク・ソフィアバンク代表の藤沢久美氏に聞いた。藤沢氏は「勇猛・大胆、ついていきたくなるカリスマ性、頼りになるボス猿」というリーダー像のイメージは過去のものになりつつあり、「一流のリーダーの多くは、内向的で、心配性で、繊細である」という。また今回、藤沢氏はインタビューのなかで、終始一貫「小さな企業の現場にこそ日本の未来がある」という姿勢を崩さなかった。それはなぜなのだろうか。

ビジョンを提示すること、決めること、環境を整えること

 ――これからの経営者像、また企業の人材採用・育成についていろいろとお聞きしたいと思います。その前に世界・日本の経営者の現状について少し俯瞰していただけますか。

 藤沢久美氏(以下、藤沢) おそらく、経営者の人物像そのものはそんなに大きく変わっていないと思います。しかし「第4次産業革命」という言葉にも象徴されますように、世界を取り巻く技術(ロボット工学、人工知能・AI、ブロックチェーン、ナノテクノロジー、量子コンピュータ、生物工学、モノのインターネット・IoT、3Dプリンター、自動運転車など)は大きく革新しました。このような時代、経営者1人が計画して何かを進めて行こうとするやり方では、世の中のスピード(「先週喜ばれたものが、今週には陳腐化している」)に追いついていけません。

 そう考えていくと、これから経営者がやらなければいけない大きな役割は3つあると思います。1つ目は「ビジョンを提示すること」です。ビジョン(「メンバーがワクワクして自ら動き出すような働く目的」)で思いを伝えることが大事で、共感してもらった後の実際の動きは現場に任せていくことです。新しい発想は経営者よりむしろ現場の人に出してもらうことが必要になります。

 2つ目は「決めること」です。経営者はその事業を“やるかやらないか”そして“誰に任せるのか”をスピーディーに決めることができないといけません。また、やった後は、“止めるのか続けるのか”も的確に判断できないといけません。

 3つ目は、先の2つにも関係することですが、現場の人が「成長できる環境を整えること」です。

視野が広く、時間軸が長く、人間について深いのです

 ――先生はダボス会議※などで世界の経営者とお会いする機会も多いと聞いています。日本の経営者と比較して何か違った点を感じましたか。

 藤沢 私はダボス会議に行って正直大きな違いを感じました。それは世界のリーダー・経営者が必ずもっていると思われる3つの視点についてです。

 1つ目は「広さ」です。その視野の広さは、地域、国、地球を超えて宇宙「今宇宙で何が起きているか」にまでおよんでいます。

 2つ目は、「長さ」です。過去は宇宙誕生の138億年前まで遡り、未来は100年後、1000年後に人類が「宇宙に移住している」という時間軸で語られます。

 3つ目は、「深さ」です。高邁な精神である世界平和、人間の美しさなどについて語られる一方、人間のもつどろどろとした醜さ(悪意、汚さなど)までとても幅広く語られます。

 すなわち、世界のリーダー・経営者は、日本のリーダー・経営者に比べて、「視野が広く、時間軸が長く、人間について深い」のです。

 ダボス会議には、企業家や政治家、学者の他に、非政府組織NGOの方も招かれています。今申し上げました3つのことは、世界的ビジネスを展開する企業家だけでなく、世界の片隅で人道支援をやっている非政府組織・NGOの方にも共通しています。

(つづく)
【金木 亮憲】

※【ダボス会議】
世界経済フォーラムの通称:世界の大手企業などで組織する民間団体、世界経済フォーラム (本部ジュネーブ) が毎年1月、スイスのダボスに世界を代表する企業家や各国の政治家、学者、非政府組織 NGOを招いて開催する年次総会。世界が直面する問題を明らかにし、それについての議論の場を設けること、また、経済界あるいはそのリーダーが世界のより幅広い問題に目を向け、それに取り組むよう促すことが目的となっている。

<プロフィール>
藤沢 久美(ふじさわ・くみ)

 大阪市立大学卒業後、国内外の投資運用会社勤務を経て、1996年に日本初の投資信託評価会社を起業。99年、同社を世界的格付け会社スタンダード&プアーズに売却後、2000年にシンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画。現在、代表。07年には、ダボス会議を主宰する世界経済フォーラムより「ヤング・グローバル・リーダー」に選出され、07年には、世界の課題を議論する「グローバルアジェンダカウンシル」のメンバーにも選出され世界40カ国以上を訪問。政府各省の審議委員、日本証券業協会やJリーグ等の公益理事といった公職に加え、静岡銀行や豊田通商など上場企業の社外取締役なども兼務。自身の起業経験を基に、NHK教育テレビ「21世紀ビジネス塾」のキャスターとして、全国の中小企業の取材を経験後、国内外の多くのリーダーとの交流や対談の機会に積極的に参画し、取材した企業は1000社を超える。現在、政官財の幅広いネットワークを生かし、官民連携のコーディネータとして活躍するほか、ネットラジオ「藤沢久美の社長Talk」のほか、書籍、雑誌、テレビ、各地での講演などを通して、リーダーのあり方や社会の課題を考えるヒントを発信している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月23日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(10)NEW!

 中川氏は「米中貿易戦争」に関して、ソ連や日本が経験した「トゥキディデスの罠」に言及した...

2020年09月23日 07:00

独自性を高める事業構築NEW!

 2015年1月に設立された総合建設業(株)スエナガ。同社は設立して5年の新鋭企業である。同社の企業スローガンとして『土地に夢を、建物に想いを』を掲げ、賃貸マンション...

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

pagetop