• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月21日 10:00

「逃亡者」カルロス・ゴーンの会見を仕切ったPR(広報)会社~仏・イマージュ7と日本のサニーサイドアップ(後)

PR会社のお仕事は「記事の揉み消し業」

 PR(広報)会社というのは、実態のよくわからない不思議な業種である。広告代理店とは違うし、編集プロダクションやイベント企画屋とも違う。口さがない連中からは「記事の揉み消し業」「言論封殺業」「マスコミとりもち屋」と揶揄されてきた。

 「怪文書の研究」で知られる、今は亡き六角弘氏の「ドキュメント 企業犯罪」(KKベストブック)は「企業とマスコミの間で活躍するPR会社の実態」について一節を割いている。これがPR会社のお仕事かと納得がいった。

 単純にいえば、企業から定期的に会費をもらい、企業のために働くのがPR会社である。マスコミ媒体に対しては、契約クライアント以外の企業のマル秘情報を産業スパイもどきにリークしたりする情報網の一つにもなり、必要不可欠な存在になっている。

(中略)イメージダウンになる記事のマスコミ媒体への差し止めのお願い役、マスコミ人士のデータ収集など、企業の広報・総務や秘書室が表だってできないことを代行しているのがPR業の業務内容。

 企業側は、記者の買収、記事の差し止めなどを容易に要求するが、もちろん、めったなことで実現するはずはないので、PRマンは東奔西走。差し止めが不可能なら、社名をイニシャルにとか、見出し、広告から社名を消してもらうとかのお願い事で、マスコミの編集幹部に会って三拝九拝する

 新聞、週刊誌、テレビの記者や編集幹部、ディレクター、プロデューサー、レポーターから、フリーのジャーナリスト、ブラックジャーナリスト、会社ゴロまでのリストづくりもPR会社の仕事で、企業の担当者に渡している。怪文書や誹謗中傷のデマ攻撃を受けた場合でも、企業側は直接動きにくいので、怪文書の犯人探しはPR会社にやってもらうことが多い。

 新聞や週刊誌の編集部の中で、記事掲載の採否の決定権は誰がもっているのか、差しと止め依頼の時には、誰なら止められるのか、その社内の権力構造は常に把握しておかねばならないし、記者とは、できるだけ幅広くつきあう必要がある

”社”の格で記者をランク付け接待工作

 傑作なのは、記者の分類法。

 まず”社”の格でランク付けをし、朝日、毎日、読売、週刊文春、週刊新潮はA、サンケイ、時事、テレビ各社はBなどとし、Aランクの社は何曜日と何曜日、それもライバル社と重ならないように配慮し、同じ媒体の人の接待でも、幹部クラスなら銀座の割烹→クラブ、一線の記者は銀座ならどこのバー、新宿ならどこの小料理屋と決めていること(同上)

 その代金の支払いは、もちろん、クライアントに回す。

 六角氏は、PR会社をこう総括する。

 企業はPR会社と契約した時点で、PR会社に社運を預けることとになる。PRマンは、企業の内部に精通するし、マル秘情報も扱うし、トップともつきあうようになる。考え方しだいでは毒にも薬にも、敵にも見方にもなれる面白い立場であろう

 PR業界の先駆者である共同ピーアール(ジャスダック上場)の創業者、大橋榮氏が2017年7月に亡くなった。享年80歳。

 企業トップのスキャンダルを握った週刊誌に広告出稿とバーターで圧力をかける荒っぽい手法を駆使した。企業とメディアの間をとりもつフィクサーの異名をもつ。大橋氏の死去を大手マスコミは「PR業界の天皇亡くなる」と報じた。

 メディアを操ることに長けたフランスのPR会社の「女王蜂」がカルロス・ゴーン逃亡者の対マスコミ作戦の指揮を執る。「日本のメディアは検察の情報を垂れ流すだけ」と攻撃を仕掛けてくることは目に見えている。

「日本のメディアよ、『女王蜂』に負けるな!」

(了)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月28日 11:30

2016年発達障害者支援法が改正 雇用障害者数、過去最高を更新(1)NEW!

 障害者の職業の安定を図る「障害者雇用促進法」が改正され、障害者雇用率(法定雇用率)の引き上げと、雇用対象となる障害者の範囲に「発達障害を含む精神障害者」が新たに加わった。

2020年02月28日 11:14

トランプ大統領もかなわないインドの強かな国際交渉力(前編)NEW!

 このところモディ首相率いるインドの台頭が目覚ましい。中国を人口の多さでも経済発展の速度でも追い抜く勢いを見せている。何しろ、人口は数年以内に17億に達するというし、...

2020年02月28日 11:00

拡大する九州のベトナム人コミュニティ 九州とベトナムの経済・人的交流の今後(後)NEW!

 海外投資について、ベトナム含め東南アジアへの移転が進んでいることは耳にされているかと思います。ベトナムと日本との間には共通の利益があり、また高度な信頼があります。ベ...

2020年02月28日 10:19

面会拒絶をはじめる病院もNEW!

 中国に端を発する新型コロナウイルスの影響は、日に日に増している。病院Aは患者のお見舞いにきた家族に対して、マスクを配布していたが、最近は備蓄分のマスクに余裕がなくな...

2020年02月28日 10:14

LIXILビバ、九州進出本格化~来月水巻町に5号店NEW!

 ホームセンター6位のLIXILビバ(本社:埼玉県)が九州で攻勢を強めている。来月福岡県水巻町に開店予定の九州5号店・水巻店はそれまでイオン九州の商業施設内への出店だ...

2020年02月28日 10:11

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第4章・老夫婦の壮絶な癌との闘い(4)NEW!

 オヤジは家族のために一心不乱に働き、稼いできてくれた。帰宅は連日夜11時ごろ。オヤジのおかげで自分と弟は2人とも大学に通え、卒業できた。 オヤジは無骨といえば、それ...

2020年02月28日 10:00

『脊振の自然に魅せられて』「残雪の道標補修作業と素晴らしきブナ林」(後)NEW!

 ところどころに残る雪を踏みしめ、アップ・ダウンを繰り返しながら、休憩地点となるビューポイントへと進む。ようやく小爪峠と金山の縦走路の中間点にある岩場のビューポイント...

2020年02月28日 09:30

縮むニッポン、健康寿命延伸で「生涯現役社会」は実現するか(後)NEW!

 実は、保険者には個人のレセプトや健診データは集まっているが、運動や食生活等の生活習慣の改善、糖尿病等の重症化予防に向けた具体的な取り組みなどとは十分つながっていない...

2020年02月28日 07:00

不動産とテクノロジーの融合目指し、既存の業界とテック企業を結ぶ(前)NEW!

 2018年9月、(一社)不動産テック協会は不動産とテクノロジーの融合を促進し、不動産に係る事業ならびに不動産業の健全な発展を図るため設立された。これまで協会では、不...

2020年02月28日 07:00

海外の事例から見る有望な不動産テックとは(前)NEW!

 不動産テックでは、海外のさまざまな先進的取り組みが日本に流入していくのは、時間の問題だ。「海外の有望な成果を取り入れることによって、業界全体が盛り上がる」と期待して...

pagetop