• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月23日 13:26

ソフトパワー戦争に突入したアメリカとイラン 日本は仲介役をはたせるのか?(1) 未来トレンド分析シリーズ 

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏

トランプ大統領の「不都合な真実」

 2020年は波乱含みのスタートとなった。トランプ大統領がイランの国民的英雄ソレイマニ司令官(62歳)をイラクの首都バグダッドの空港でドローン攻撃によって暗殺したためだ。イランには通常の軍隊とは別に「革命防衛隊」と呼ばれるエリート部隊が存在する。その部隊のなかでもとくに優秀な兵士を擁し、空軍や海軍も傘下に収める「コッズ部隊」の司令官がソレイマニ准将であった。一時期はアメリカの要請を受け、中東各地でテロ対策にも貢献した筋金入りの軍人である。

 そんなイラン政府の中枢的存在を宣戦布告もなく暗殺したことで、イラン国民の反米意識はいやが上にも高まった。最高指導者であるハメネイ師も「復讐」を誓った。早晩、イランによる反撃が展開されるだろう。とはいえ、正面切っての軍事対決はアメリカもイランも望まない。国際社会も双方に自制を促している。しかし、イランがこのままおとなしく引き下がる保証はない。

 当面、想定されるのはアメリカの金融機関や政府機関を狙ったサイバー攻撃やアメリカ人を標的にするテロであろう。殺害されたソレイマニ司令官の娘もイランのメディアに登場し、「父親の殉死を嘆き、国民は復讐に立ち上がるよう」訴えた。イランのインスタグラムでは「トランプ大統領やその家族を“血祭の対象”にせよ」と呼びかけるメッセージで溢れ返っている。

 それにしても、トランプ大統領は議会の承認も得ないまま、国防総省の責任者も「まさか」と耳を疑ったといわれるような、外国訪問中のイランの軍事司令官を殺害するという命令をなぜ下したのだろうか?

 日本ではあまり知られていないが、トランプ大統領のイラン敵視の発想は筋金入りである。何と、12年の時点で、「イランをぶっ壊し、石器時代に逆戻りさせる」と過激な発言を繰り返していた。15年には「イランをぶっ飛ばし、核開発能力を木っ端みじんにする」とエスカレート。いずれも大統領に就任する以前の発言である。

 そして、20年1月5日には「イランの52カ所の歴史的文化遺産を吹き飛ばす」とまで異常なほどの反イランの感情を露わにした。とはいえ、この発言にはユネスコも猛反発。アメリカ国内でもトランプ大統領を諫める声が高まり、日本では報道されていないが、アメリカ各地で反トランプのデモが展開されることになった。

 問題は1955年にアメリカとイランは友好条約を締結しており、いまだに破棄されていないこと。そのため、2018年10月3日、ハーグの国際司法裁判所は「アメリカによる対イラン経済制裁は条約違反にあたる」と全会一致で裁定を下したほどだ。しかし、トランプ政権はこのような国際法上の問題の指摘を一切無視している。この点も日本ではまったく触れられていない。

 なぜ、トランプ大統領は異常なまでにイランを敵視するのだろうか?

 実は、ビジネスマン時代、トランプ氏はイラン革命防衛隊傘下の建設企業と提携し、アゼルバイジャンのバクーに超高級のトランプタワーを建設しようとしていた。当時からイラン革命防衛隊はアメリカ政府からテロ組織と認定されており、そうした組織とのビジネスは違法行為に他ならない。娘のイバンカが責任者となり、世界中から高価な建築資材や内装品を集め、ホテルはほぼ完成していたが、オープン直前にワイロ問題が発覚し、アゼルバイジャン政府高官やイラン関係者が相次いで逮捕されたため、トランプタワー建設計画は破綻することに。15年のことであった。

 トランプ氏曰く「イラン人のやり方がまずく、大きな損失を被った。この落とし前は必ずつけてもらう」と捨て台詞を残し、バクーから撤退。この一件を通じてイラン革命防衛隊への恨みが骨髄に染みたようだ。しかし、アメリカの法律に違反して、イランとの裏取引を進めていたことは事実であり、こうした「不都合な真実」を暴かれると11月の大統領再選にも危険信号が灯るだろう。ソレイマニ司令官の命を奪ったのも、同司令官がトランプ大統領の過去の悪行を知っていたために消そうとしたに違いない。

(つづく)

<プロフィール>
浜田 和幸(はまだ・かずゆき)

 国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局などを経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選をはたした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。最新刊は19年10月に出版された『未来の大国:2030年、世界地図が塗り替わる』(祥伝社新書)。2100年までの未来年表も組み込まれており、大きな話題となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月21日 17:39

【福岡県に緊急事態宣言】(14)コロナを舐めてはいけない(5)NEW!

 2021年の年賀に「今年をもってご縁を切ります」と通告があったAとは、40年を越える付き合いがある。今年11月、80歳になる。「それなら惜別の一杯を飲み交わそう」と...

2021年01月21日 17:34

【大規模買収事件】公選法違反・河井案里被告に有罪判決NEW!

 東京地裁で21日、参議院選挙広島選挙区における買収容疑で公選法違反罪に問われている河井案里被告(47)の判決公判があり、高橋康明裁判長は広島県議4人に対する買収罪成...

2021年01月21日 17:31

西鉄、新社長に林田浩一氏~倉富氏は会長にNEW!

 西日本鉄道(株)(福岡市博多区)は21日、4月1日付で林田浩一取締役専務執行役員(55)を社長に昇格する人事を発表した。

2021年01月21日 17:07

【長期連載】ベスト電器消滅への道(1)NEW!

 かつて家電業界で日本一の売上高を誇ったベスト電器がヤマダ電機に完全に吸収された。なぜ、このように消滅するという事態になったのか!当社は長期にわたってベスト電器に関す...

2021年01月21日 16:51

福岡ロジテム、小郡市に大型物流拠点を設置へNEW!

 日本ロジテムグループの運送会社・福岡ロジテム(株)(福岡県粕屋郡宇美町、小林専司社長)は、小郡市に大型物流拠点を設置する...

2021年01月21日 16:45

政府は財政規律を凍結し積極財政を展開せよ(前)NEW!

 菅政権は73兆円規模の経済政策を決定し、これに基づいて3次補正予算を実施することを発表した。1次補正、2次補正も同規模の大きな対策が図られてきたということで、これを...

2021年01月21日 16:19

体にやさしく、おいしい水とは?『生命(いのち)の水はミネラルバランス』を先着10名さまにプレゼントNEW!

 (株)ミネラルクリスター(福岡市博多区)は、創業から30数年にわたり、生命にとって良い水の研究開発に取り組み、これまでに数多くのビル、マンション、食品加工工場などに...

2021年01月21日 16:12

いとしまの鉄道111周年記念きっぷ発売~インスタで事前予約をNEW!

 九州旅客鉄道(株)(以下、JR九州)は、いとしまの鉄道が今年で111周年を迎えることを受け、記念きっぷを発売する。糸島市立伊都国歴史博物館で開催する冬季特別展「鉄輪...

2021年01月21日 15:42

【福岡県に緊急事態宣言】(13)コロナを舐めてはいけない(4)NEW!

 1月16日、110名参加の結婚式に列席した。新郎の父親から、「コロナ蔓延の時期に申し訳ない。出席不可に関しては遠慮なく回答してください」と電話がかかってきた...

2021年01月21日 15:24

五ケ山ダムが供用開始、防災や渇水対策に期待NEW!

 五ケ山ダムが本日から供用開始となった。五ケ山ダムの利水容量は、渇水対策容量を含む3,170万m3。12月22日に試験湛水を終えていた。福岡市関連の利水容量合計は、南...

pagetop