わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月10日 11:22

【超高齢化と地域医療】「モバイルクリニック」で高齢化と医師不足に対応~長野県伊那市で国内初の試み

伊那市の「モバイルクリニック」の実証で使われている移動診察車。トヨタ・ハイエース福祉車両の改造車(フィリップス・ジャパン提供)
伊那市の「モバイルクリニック」の実証で使われている移動診察車。
トヨタ・ハイエース福祉車両の改造車(フィリップス・ジャパン提供)

■移動診察車「モバイルクリニック」

 ICT技術によって高齢化と医師不足に対応する遠隔医療サービス「モバイルクリニック」の実証事業が、長野県の山間の街・伊那市で進められている。国内初の取り組み。2021年度の実用化を目指す。

 移動通信システムが第4世代(4G)から、間もなく第5世代(5G)に移行する。高速(現行の100倍の通信速度)、多数同時接続(基地局1台から端末約2万台との同時接続)、超低遅延(現行の4分の1以下のタイムラグ)が大きな特徴だ。

 その5Gの普及を念頭に、医師が同乗せず、看護師が患者の自宅を回る移動診察車「モバイルクリニック」の実証が昨年12月、伊那市で始まった。

 トヨタ自動車の「ハイエース」福祉車両の改造車に、心電図モニタ、血糖測定器、血圧計、パルスオキシメーター(脈拍と血中酸素濃度測定器)、AED(自動体外式除細動器)といった医療機器を搭載。看護師とドライバーが乗り、事前に医師と患者が決めた予約スケジュールに沿って巡回する。医師はクリニックに残って、テレビ電話を通じ車内の患者を問診。看護師の手を借りながら診察し、必要に応じて検査や処置を看護師に指示する仕組みだ。

移動診察車の車内(フィリップス・ジャパン提供)
移動診察車の車内(フィリップス・ジャパン提供)

■65歳以上の高齢化率は35年間で倍以上に増加

 昨年7月、厚労省の遠隔診療ガイドラインが改訂され、情報通信機器を使うオンライン診療が緩和された。診療対象は高血圧症や糖尿病といった症状が安定期の慢性疾患の患者など。緊急時は30分以内に対面診療が可能という条件が付く。

 長野県の面積は全国4位。県域は10圏域に分かれ、伊那市、駒ケ根市、伊那郡6町村の「上伊那地域」は3番目に広い。一方で人口は地域拠点都市の伊那市で6万8,000人。同市の1平方キロあたりの人口密度は99.8人。65歳以上の高齢化率は1980年の13.3%から2015年は30.1%と倍以上に増えた。

 医療機関は、伊那市に立地する拠点病院の伊那中央病院(394床)をはじめ上伊那地域で146施設(厚労省の17年医療施設調査)。どこの街でもそうであるように市街地に遍在する。高齢者に多い慢性期疾患は、重症化の予防には健康管理が欠かせない。しかし通院は容易ではない。といって往診は医師の数が限られ制約される。

 医師を補助する看護師を乗せて走る「モバイルクリニック」は、ICТ技術を採り入れたMaaS (マース=Mobility as a Service)と呼ばれるモビリティ(移動)サービスと医療を融合させる試み。限られた数の医師で増える高齢者に医療サービスを持続的に提供するシステムともいえる。

 参加するのは、トヨタ自動車やソフトバンクなどが出資する「モネ・モビリティーズ」。オランダの医療機器大手フィリップス・ジャパン。モネ社が改造車を提供し予約システムを構築。フィリップスは必要な医療機器を用意する。

■ドローンによる処方薬の宅配も計画

 伊那市は「『モバイルクリニック』は、5Gのサービスが実際に普及してみないと、できること、できないことをはっきりと区別できないところもある」(企画政策課)と話す。すでに10回ほど看護師だけが乗った移動診察者で機器の操作や診断した画像の鮮明度といった事前準備を繰り返し、3月から医師の遠隔診療を始める。並行してオンラインによる患者への服薬指導、さらにドローンによる処方薬の宅配も計画する。

 実証ではインターネットイニシアティブ(IIJ)が、名古屋大学付属病院先端医療臨床研究支援センターと共同開発した情報共有システム「IIJ電子@連絡帳」というクラウドサービスが使われている。愛知県や茨城県で普及が進み、長野県では県立長野こども病院が導入。重症障害児らの在宅医療を推進するため、県内各地の小児科医との“病診連携“に役立てている。

 伊那市は、「IIJ電子@連絡帳」を医療従事者(医師、看護師、薬剤師、保健師など)はもちろん、介護従事者や福祉従事者など“多職種連携”への拡大も視野に入れている。

【筑紫 次郎】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月09日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(4)NEW!

 近年拡大の一途をたどる「指定校推薦」制度は、若者らのそうした傾向を助長するのみならず、学生らのうちに要らぬ分断さえ生み出している。大学が特定の高校と協定を結び、その...

2021年05月09日 07:00

【コロナで明暗企業(6)】日本製鉄と日立製作所~企業城下町の栄枯盛衰(中)NEW!

 日本製鉄は茨城県鹿嶋市の東日本製鉄所鹿島地区にある高炉1基の休止を決めた。鹿島地区は旧住友金属工業の基幹拠点である。住友金属工業が製鉄所を開いた1960年代以降、鹿...

2021年05月08日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(3)

 このような調子でこれまでどうやって入試や定期試験をクリアしてきたのか、と学生に率直な質問をぶつけてみたことがある。そのとき、ある学生の一群(私立大)は、それは誇らし...

2021年05月08日 07:00

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(後)

 『具体的な要望としては、軽油引取税についてですね。軽油は一般的にディーゼルエンジンなどに利用されて軽油引取税がかかりますが、最終処分場で使う重機については減免されて...

2021年05月07日 18:56

【成り行き注目】(株)九設(大分)/電気設備工事ほか

 同社は、5月6日付の決済が不調に終わったことが判明した。

2021年05月07日 17:59

芝浦グループ 建築中の新本社ビルを公開

 芝浦グループホールディングス(株)は、45周年となる2022年に向けて、福岡市中央区に新本社ビルを建設している。これまで同グループが施工してきた物件のなかでも最大級...

2021年05月07日 17:52

掲載予告~山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が当社に届く

 当社児玉社長と浜崎裕治顧問宛てに、山口銀行の現役行員から4月30日付で山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が送付されてきた。詳細については来週月曜日から掲載す...

2021年05月07日 17:45

【5/30まで】国際政治経済学者・浜田和幸氏の「創作漢字書展」が開催中

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏の「創作漢字書展」が東京・銀座...

2021年05月07日 17:38

イーロン・マスク氏が先導役を務めるBMIビジネスの最先端事情

 世界を騒がすことに関しては天才的な能力を発揮するのがイーロン・マスク氏である。確かに、電気自動車の「テスラ」から宇宙ロケットの「スペースX」の開発などを通じて世間を...

2021年05月07日 17:24

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(前)

 産業廃棄物を適正処理することは生活環境の保全と国民経済の発展を図るために不可欠なうえ、近年は大規模災害の多発などで被災地における災害系廃棄物の処理も大きな社会問題と...

pagetop