• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月17日 11:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第2章・肉親を「看取る」ということ(4)

金銭的プレッシャーと戦う

 石田弘次郎(仮名)は、母の葬儀を、ひとりですべて準備・段取りして、取り仕切った。「母が亡くなってから葬儀までは、悲しんでいる暇などなく、葬儀の準備から会葬していただいた方々への対応、葬儀社との打ち合わせなど、目まぐるしい時間でした」と当時を振り返る。

 なお、母の死について、父・弘と伯母に知らせたのは、葬儀から数日が経過してからだったという。父、伯母は、それぞれ老人保健施設と病院に入っていたので、極力ふたりに心身の負担をかけたくないという弘次郎の想いからの判断だった。

 母がこの世を去って以降も、父・弘は老健施設に入所、伯母は精神科専門病院での入院生活が続いた。弘は、洋子の逝去後、弘次郎を呼び出す回数が増えたという。「母が亡くなって寂しかったんだと思います。私もドライバーの仕事を続けていたので、そう頻繁に父のところに行くのは難しかったのですが…それでも『父が来てほしい』と願ったので、なんとか時間をやりくりして父に会いに行きました」と弘次郎は語る。

 伯母も状態が悪化し、弘次郎は“保佐人”としての役目を担い、伯母の財産の管理などについてのやりとりを関係各所と行いながら、時折見舞うという日々を過ごした。

 「伯母さんの状態は日増しに重くなってきたので、自宅に戻ることが困難になりました。伯母さんには、本当に申し訳なかったのですが、引き続き病院で治療を続けてもらいました。そこで、伯母さんの自宅をどう管理するのか?ということが課題となりました。各所と協議した結果、改装して賃貸にすることとなりました。その毎月の賃料を伯母さんの入院関係の費用に充てることにしたのです」(弘次郎)

 しかし、当時を振り返る弘次郎は、「母が亡くなった後が一番大変でした」という。理由は、金銭面である。父の入所する老健施設における費用の高騰などが要因となった。伯母の自宅を賃貸にし、その賃料は、伯母の看病に充てられたものの、弘次郎自身の収入が厳しくなってきた。

 母が逝去したことにより、介護・看病をするのが2人になったことで、心身の負担は減った。しかし、それ以上に2人のために“すべきこと”が増え、かつ前述の理由で、金銭的プレッシャーが弘次郎にかかった。

 親族、そして近所の人々の無理解は相変わらずで、弘次郎も周囲に助けを求めなかった。

 「当初からアテにはしていなかった姉ですが、一応、母の葬儀のために福岡に戻ってきました。しかし、通夜・告別式でも石田家の一員として立ち振る舞うことなく、一会葬者という態度で、何も手伝いませんでした。“やってくれ”とも言いませんでしたが…あきれました。実の母ですよ…。さらに、葬儀後に母の遺品を整理する際のみ、いわゆる金目のモノだけ“自分のモノ”として持って行って、その日のうちに東京に戻りました。あきれるのを通り越して、言葉も出ませんでした。私には不要のモノだったので、片付いたことに関しては『良かった』と自分に言い聞かせないと…姉には今後一切、連絡するのをやめました」

(つづく)
【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月12日 20:16

【速報】鹿児島県知事選2020:塩田氏が三つ巴制して初当選 三反園県政に県民は「NO」   

 今日、投開票された鹿児島県知事選挙で、新人で前九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が当選を確実にした。 

2020年07月12日 13:53

【鹿児島県知事選2020】塩田氏一歩リード 現職・三反園氏伸び悩む

 今日、投開票が行われる鹿児島県知事選挙の情勢調査で、新人で前九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が一歩リードしていることがわかった。地元紙などが実施した最新の世論調...

2020年07月12日 07:00

自民党が外国人材受入れ推進を安倍首相に提言~高度人材や技能実習生など(中)

 外国人は、来日時に住居を見つけにくいと言われている。そのため、「外国人のための賃貸住宅入居の手引き」をつくり、部屋探しをしやすい環境を整える...

2020年07月12日 07:00

【縄文道通信第35号】天職ガイド 縄文人の職の現代へのつながり 縄文道 ― 武士道 ― 未来道(後)

 住生活はどうであろうか。縄文の家は竪穴式住居と言われ、地面を少し堀り、そこに石を敷き堅牢な柱を立てて、藁葺と萱で外装と屋根をつくる、すべて木造の建物である...

2020年07月11日 15:19

【みやき町】ふるさと納税再開へ

 佐賀県みやき町は、10日、同町内のコミュニティセンターこすもす館で、ふるさと納税再開に向けた事業者説明会を行った。

2020年07月11日 07:00

開発から半世紀を経て団地再生へ「宗像・日の里モデル」とは(後)

 ほぼ全域が1965年から始まった日本住宅公団(現・UR都市機構)の土地区画整理事業で開発されたもので、その面積は217.6haと、当時としては九州最大規模だった...

2020年07月11日 07:00

変貌しつつある大阪港~アフターコロナ時代の万博を 実現できるか?(4)

 万博関連インフラ整備は、概ね順調に進んでいるが、万博開催については新型コロナウイルスの影響は避けられない状況だ。10月に開催予定だったドバイ万博は1年間延期...

2020年07月10日 17:49

お仏壇のはせがわ中興の祖・長谷川裕一氏の経営者としての最終的総括(1)

 「お仏壇のはせがわ、再生なるか」をテーマに2回にわたって報告した。 (株)はせがわの前途は非常に険しい。潰れることはなくてもじり貧傾向を下っていくであろう。前号で...

2020年07月10日 16:52

新型コロナウイルス感染拡大~関東で猛威

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月10...

2020年07月10日 16:30

自民党が外国人材受入れ推進を安倍首相に提言~高度人材や技能実習生など(前)

 7月1日、自民党政務調査会外国人労働者など特別委員会が開催され、高度人材や技能実習生などの外国人材の受入れ推進について、議論がなされた...

pagetop