• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月10日 13:00

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第1章・誰もが死を免れない

1:子どもは時間をかけて成長するのが必然

 初孫と対面する。1年間は非常に長く感じた。初めての体験は刺激的で、ドラマチックだからだろう。2人、3人目ともなると慣れてきて、成長を見守っていると1年間が一瞬のうちに過ぎてしまう。

 現在、3人目の孫は5カ月になる。3カ月を迎えるころにはベッドのなかで「この世界はいったい、どうなっているのか」と興味をもち、四方八方を眺めようと必死で努力する。4カ月目、首が座ってくるころには寝返りを始める。

 寝返りは左右の腕力が強い方向から行う。うつ伏せの状態になると、泣きながら「起こしてくれ!!」と訴える。寝返りの悪戦苦闘の過程で、次第に腕力がつき、足で踏ん張る力が養成され、次の「はいはい」の段階へとつながっていく。そして、さらに自力で立つ段階に成長が進む。

 種・ホモサピエンス(人)は親の援助なく、大人になるための研鑚を積んでいく。頭脳の発達も同時に進行し、7歳前後で人として一人前の機能をもつようになる。

2:老化・死に至る道程は時間がかかる

 子どもの成長には時間を要する。同様に「老化・死に至る」道程にも時間がかかる。

 子どもの成長と比較すると、老化のスピードはゆったりとしている。生きることは、すなわち「死から逃避することはできない」という厳しい現実でもある。「30歳あたりから老化が始まり出す」と指摘されているが、鮮明に自覚するようになるのは50歳を境にしてではないだろうか。そしてある日、老化が一気に襲ってくる。

 最近、寂しい場面にしばしば直面する。ゴルフ仲間でもある友人がプレー不能になるのである。友人は「ゴルフができなくなって悔しい」と泣く。自宅に閉じこもる生活になってしまった友人は、テレビでプロゴルフを観戦するのが唯一の楽しみになってしまう。

 男性の場合、「いかに78才を元気にパスできるかが、長生きの分岐点」であると確信し、実際にそれを体験している。ゴルフができなくなってしまうという、先ほどのような例をこの数年、数多く目撃してきた。フルスイングをして腰に激痛が走り、ゴルフを断念した友人もいる。やはり、ゴルフのプレーにおいては徒歩に徹することをお奨めする。

 身内が脳梗塞で意識不明に陥って、すでに7カ月になる。気の毒だが、家族内でも厳しい選択をする時期が迫っている。このケースも78歳での発症だ。

 残念なのは最近のことである。すばらしい経営者が癌で亡くなった。やはり78歳だった。癌の判明から8カ月で急逝された。「あんな慎重な方が、どうして健康診断を怠ったのであろうか!」と悔やんでいる。どうであれ男性は「78歳」というハードルを勢いよくクリアすれば、元気な状態で85歳までは到達できる。女性の場合、老後の結末に接触したことがないので意見・提案は不可能である。

3:再起できるかどうかは情報収集する努力とネットワーク力

 多少、本題と外れているが、「もう駄目だろう」とあきらめられていた人が元気に蘇生された例がある。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長・森喜朗氏が「不死身」の典型だろう。再起のポイントは情報収集をする努力と、絶大な信用がある医者との接点、そして、自己資金力である。

4:本人が人生の「最終ゴール」を描く覚悟、しかし現実はままならない

 本人が人生の最終ゴールを明確に設定しているのであれば、幸せだが、現実は設定どおりにはいかない。

 (1)「卓美さん(仮名)は風呂場で亡くなっていたそうだ。惜しい人だったが、家族にとってはありがたかったろう」という『ピンピンコロリ』な死に方への憧れの念は強い。しかし、長期にわたって寝たきり生活を余儀なくされることもあり得る。こうなると卓美さん本人も悔しくて悔しくてたまらないだろう。意識がしっかりしているのだから…。

 (2)80歳を超えて死に至るパターンは、癌の全身転移からの肺炎が死因になるケース、認知症から体力が衰弱し、死に至る例、脳梗塞などで意識不明のまま安楽死を決断するケースなど様々である。最終ゴールを描いてもままならないのが現実なのだ。現在、幸福な成仏を迎えるとみられているのが、老人ホームを終の棲家として「6~10年、仲間と暮らして亡くなる」というパターンである。

 葬儀の最前線では親の遺体を火葬している間、家族が逃亡するという驚くべき悲惨な事例を耳にすることもあり、「一体、家族の絆とは何か!!」という課題を突きつけられる。

 一方、本連載では親の介護に尽くしてきたドラマ(事実)をレポートする。まともな感覚の持ち主なら、思わず涙を流すことだろう。「あぁ、日本にはまだまだ、すばらしい家族関係が残っているのだ」と感動するはずだ。

 死を目前にして当事者・本人の人生そのものが問われる。「俺は、私は、伴侶、子どもたちと、どのような関係を築いてきたのだろうか!」と過去を振り返りながら、疑心暗鬼になるだろう。「いや、家族の関係性が問題ではなく、自己中心主義=世相が己を『犬畜生』扱いで、あの世に送り出すのである」と自身で納得するしかないのか。

 本シリーズでは「生と死」の狭間で、人々はいかなる覚悟で立ち向かえるかを考えてもらいたい。ぜひ、ご愛読ください。

(つづく)

※介護経験のある方は、ぜひご意見・ご感想をお寄せください。
hensyu@data-max.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月13日 17:21

【みやき町】だ液によるがん発症リスクの研究を開始NEW!

 佐賀県みやき町は13日の記者会見で、福岡大学と医療法人社団如水会今村病院と連携し、だ液によるがんリスクの検査・研究を行うことを発表した...

2020年07月13日 16:40

朴ソウル市長の死去で大きく揺れる韓国社会(前)NEW!

 現在はそうでもないが、数十年前までの韓国は、儒教の影響が強い国であった。今の若者には儒教の影響はあまりないが、筆者の年齢となると、その影響が大きいことを否定できない...

2020年07月13日 16:34

(株)ボルテックスほか1社(東京)/電子電源機器装置製造NEW!

 同社は7月1日、東京地裁より破産手続開始決定を受けた。

2020年07月13日 15:58

コスモス薬品、5月期業績は前期比2ケタ増NEW!

 (株)コスモス薬品(本社:福岡市博多区、横山英昭社長)は10日、2020年5月期決算を発表した...

2020年07月13日 15:43

相次ぐマンションの設計偽装~デベロッパーと行政の「不都合な真実」 仲盛昭二氏 緊急手記(1)NEW!

 コロナウイルスによる混乱のなか、私がマンションの耐震問題を提起した理由、それは区分所有者の生命と資産を守るためだ。2005年に「姉歯耐震偽装事件」が起き、2007年...

2020年07月13日 15:31

流通業界のニューノーマル~ブランドの溶解と新たな形NEW!

 我が国の民事再生法に当たる連邦破産法11章を申請してアメリカの伝統ファッションブランドのブルックスブラザーズが破綻した。同社の創業は、1818年のことだ...

2020年07月13日 14:17

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(4)

 TOBは買収の鉄則である。それならば、始めからTOBをすればよかったのに、なぜ今頃になってTOBを仕掛けるのか...

2020年07月13日 12:07

お仏壇のはせがわ中興の祖・長谷川裕一氏の経営者としての最終的総括(2)持ち前の突進力、結果、負の遺産処理は他人任せ

 前回で紹介した3人の先人たちにとっては、自社の事業を拡大できる市場が存在していたことは幸せであった。単純に、攻め続ければ良かったからである...

感染急拡大下旅行推進という狂気の沙汰

 東京都の感染者数が連日200人を超えて過去最高を更新している。小池都知事は「積極的な検査」の結果だというが、安倍内閣は不必要な検査は行わないとの姿勢を押し通してきた...

(有)え・ん(福岡)/九大キャンパス内でイタリア料理店経営

 同社は7月9日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った。

pagetop