• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月20日 09:30

【働き方改革はブラック企業を漂白できるか】「何を言うか」より「何をしたか」で評価される企業へ(後)

ブラック企業アナリスト 新田 龍 氏

 経営者や上司が自らの立場を利用し、地位や人間関係で立場の弱い従業員や部下に対して精神的・身体的な苦痛を与えることが日常的に行われている会社―これらは俗に「ブラック企業」と呼ばれる。その一方で、あり得ない主張や批判を繰り返して職場に迷惑をかけ、業務のスムーズな進行を妨げる「ブラック社員(モンスター社員)」も問題視されるようになってきた。「ブラック企業アナリスト」として双方の事情に詳しい新田龍氏に、双方のブラックたる所以について聞いた。

【聞き手:長谷川 大輔】

「ブラック社員」とは~中小企業にとっての注意点

※クリックで拡大

 「ブラック社員」についてはまだ決まった定義はありませんが、「会社に不平不満をもち、他者にネガティブな情報を吹聴し、労働者の権利のみを主張し、組織を混乱させる悪質な存在」と認識されています。多様なタイプがいますが、大まかには3つに分けられます【図Ⅳ】。昨今は①「入社後あばれる型」が、単体ではなく悪意あるユニオンや労働弁護士と一緒に乗り込んできて、団体交渉と称する恫喝によって高額な和解金をせしめるビジネスが行われるケースがあります。

※クリックで拡大

 中小企業におけるブラック社員の扱いについての注意点は、前提としてそもそもブラック社員を採用しないことが先決です。選考時には【図Ⅴ】の「STAR」に沿って掘り下げた質問をし、「本当に経験していなければ語れない事実」「事象における思考パターン・行動パターン」を確認することで、能力不足の者を採用するリスクは防げます。

 さらには、前職の退職理由や不満理由が自社にも通底していないかなども詳しく確認し、労務提供に関して必要な質問をすべて聞いたうえで、労務提供において大事な職務経歴を詐称したり、信頼関係を破綻させるような嘘をついたような場合には内定取消ができるよう、就業規則にその旨を定めた規定を入れておくとよいでしょう。それでも心配な場合は、念のため契約社員として採用して試用期間を延長するとともに、問題がなければ初めて正社員登用するなどのルールにしておくことをお勧めします。

 それでもブラック社員を採用してしまった場合ですが、労務管理を確実に行い、残業代未払などの違反行為がないようにしておくことが最も重要です。そして普段のコミュニケーションにおいては、決してハラスメント的にならず、噛んで含めるような丁寧な対応を心がける必要があります。

 「すべてのメールや会話は記録・録音されているもの」と心しておくことと、万が一外部に流出したとしても、胸を張って「正当な指導の一環である」と説明できるような内容にしておくことが大切です。

 万が一に備え、就業規則を整備しておくことも必要でしょう。サボって仕事をしない者、遅刻や無断欠勤などの問題行動を繰り返す従業員に対しては、懲戒処分を繰り返して地道に退職勧奨していくしかありません。その処分を適正に行うためにも、「どんなことをしたら懲戒処分になるのか」という定義を就業規則に定めておかねばなりません。

それでもブラック企業にならざるを得ない…経営者の悩み

 「有能人材を確保できるのは大手有名企業だけ。地方の無名零細企業なんて、誰も見向きもしない」とお考えでしょうか。確かに、就職にまつわる情報が不透明な時代にはそのようなことがあったかも知れませんが、幸いにも現在は、戦い方次第では地方の中小企業でも、大手企業に伍していける時代になっています。

 有能な人材から選ばれる企業とは、決して会社の規模や知名度、給与水準が優れたところだけではありません。「業績好調」で「尊敬・信頼できる経営者」がおり、「友人に勧めたくなる会社」であれば、たとえ小規模でも、地方にあっても、少々給与水準が低かろうが、実際に選ばれているのです。

 逆にいえば、顧客の理不尽な要求でも残業でカバーして何とか乗り切り、罵声と根性論で人を管理し、法律に違反してでも自社の利益を追求するような会社は、もはや誰からも選ばれなくなる時代になりつつあります。会社が求職者を「採用してやる」のではなく、働き方改革を推進して良い会社になり、有能な人材に「選んでもらう」ことを志向しなくてはなりません。

 残念ながら、「働き方改革」や「ワーク・ライフ・バランス」といった言葉はまだまだ広く誤解されており、最初のボタンの掛け違えが「不幸な働き方改革推進によるブラック化」につながってしまうケースもあります。一方で、それらの本質を踏まえて実践できている企業は、就職希望者や市場から選ばれています。よくある誤解と正しい解釈を対比してみましょう。

働き方改革とは…
×:残業を減らして従業員をもっと休ませる「福利厚生の一種」
○:不採算ビジネスや不合理な仕組みを根本から改め、儲かる強靭な体質に変革する「攻めの経営戦略」

ワーク・ライフ・バランスとは…
×:忙しくても定時になったら帰らせる「従業員を甘やかすような取り組み」
○:これまで残業前提でダラダラやっていた仕事を、定時までに絶対やり切る「高密度な働き方」

● ● ●

 働き方改革において「残業削減」や「休日増」ばかりが注目されるあまり、経営者が現場に対して「残業するな!」「もっと有休を取れ!」「生産性を上げろ!」と号令をかけるだけで、根本的な業務量や仕組みは何1つ変わっておらず、結局シワ寄せは全部現場に来るなどという不満をよく聞きます。

 しかし、実際に選ばれ、人が定着する会社は「何を言っているか」よりも「何を成し遂げたか」で判断されているのです。すなわち、働き方改革においてやるべきことは、儲からないビジネスを見直し、「何事も残業でカバーする」という悪習を止め、仕事を棚卸しして「無駄」「無理」「ムラ」をなくし、「短時間で効率的に仕事をこなせる人」や「効率化や人材育成に貢献した人」を正当に評価する、といったかたちで、働く人のマインドと制度双方にメスを入れて改善していく「根本治療」なのです。

 「労基法なんてまともに守っていたら潰れる!」と愚痴るよりも、「ウチの会社が求職者や顧客、地域社会から選ばれ、応援される存在になるにはどうしたらいいのか?」と考え、改革へ一歩踏み出す勇気をもつことをお勧めします。

(了)

<プロフィール>
新田 龍 新田 龍(にった・りょう)

 1976年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、複数の上場企業において事業企画、営業管理職、コンサルタント、人事採用担当職などを歴任。2007年「働き方改革総合研究所(株)」設立。働き方改革推進による労働環境とレピュテーション改善、およびブラック企業やブラック社員など、悪意ある取引先や従業員に起因するトラブル解決を手がける。また、厚生労働省プロジェクト推進委員として政策提言を行うとともに、各種メディアで労働問題、ブラック企業問題に関するコメンテーターとしても活動。「ワタミの失敗」(KADOKAWA)ほか著書多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月08日 16:38

シリーズ・コロナに潰される

 コロナウイルスの終焉がいつになるかによって変わってくるが、ある経済団体での討議のなかで「中洲の正常化が3カ月後の6月末であれば、まだ未練がある」という発言があった。...

2020年04月08日 15:30

アネーラ税理士法人が横浜事務所を設立

 アネーラ税理士法人(福岡市中央区)と河村会計事務所(神奈川県横浜市)は4月1日付で経営統合し、アネーラ税理士法人横浜事務所を設立した...

2020年04月08日 15:18

(株)アキラ水産が持株会社制に移行~(株)アキラホールディングスに

 (株)アキラ水産(福岡市中央区)は1月24日に(株)アキラホールディングスを設立し、持株会社制に移行した...

2020年04月08日 14:35

かたはらいたしの御用芸人政権擁護発言

 全世帯に布製マスク2枚を郵送で配布する。マスクが不足しているのは事実だが、マスクを保持している人もいる。布製マスクはサージカルマスクと比べれば性能が落ちる...

2020年04月08日 14:09

産業廃棄物を自社敷地内に不法投棄~神奈川県の建設会社に営業停止処分

 神奈川県は3月23日、土木一式工事などを手がける(株)立川建設(神奈川県相模原市、西埜進代表)に対し、営業停止7日間の処分を下した...

2020年04月08日 13:11

井筒屋、緊急事態宣言を受けて一部休業

 福岡県に緊急事態宣言が発令されたことを受け、北九州地区で百貨店を運営する(株)井筒屋は8日、小倉店と黒崎店のショップの一部休業を発表した。今回の判断は各ショップによ...

2020年04月08日 12:30

民間再開発ラッシュ、名古屋・栄はどう変貌するのか?(前)

 名古屋市中区にある栄地区(約9.4km)は、松坂屋、三越などの百貨店や、パルコなどのショッピング施設のほか、ルイ・ヴィトンなどの海外高級ブランド店などが集まる。中央...

2020年04月08日 12:08

スペワ跡地に賑わい取り戻せるか アウトレット&新科学館が22年開業(後)

 「またいつか、別の星で、会いましょう。」――スペースワールドは17年12月31日をもって、市民を始めとした多くのファンに惜しまれつつも閉園を迎えた...

2020年04月08日 11:55

社内コミュニケーションを向上させ、ボトムアップでより良い決定ができる会社に(前)

 (株)ニシケンの新社長に2020年1月、田中誠一氏が就任した。金融業界出身の田中社長は、他社に自社の資産を貸すという点において建機レンタル業界との類似性を感じるとと...

2020年04月08日 11:39

【追報】石村萬盛堂前社長・石村善悟さん死去

 (株)石村萬盛堂の前社長・石村善悟氏が4月8日、福岡市内の病院で死去した。71歳。石村氏は東京大学卒業後、1971年に同社入社。専務取締役を経て79年に3代目社長に...

pagetop