• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月28日 17:12

コロナで業界再編が加速か~学習塾業界

 

 安倍首相が新型コロナウイルス感染症対策として、全国小中高に休校を要請したことを受けて、学習塾各社も対応に追われている。現時点では、学生や保護者に対して予防措置を訴えるところから、早々と全教室の休校を打ち出す塾まで対応がわかれているが、当面は休校にせざるを得ないだろう、というのが業界内の大方の見方だ。学校を休校にしたにもかかわらず感染が広がっては、その責任を問われかねないからだ。

 

 当然ながら、学習塾にとって休校は業績の下振れ要因となる。集団指導の塾、個別指導の塾など、塾の形態によって影響は異なるが、それ以上に、講師の雇用形態が大きな影響を与えそうだ。講師が学生のアルバイトであれば、休校に対して講師を抑制することが可能だが、講師を社員として抱えているところは、そうもいかない。塾にとってコストとなる講師の給料が、重荷となってしまうからだ。影響がいつまで続くか不透明な状況では、大きな不安要素である。

 またサービスのIT化の進展度も重要になる。通常時であれば、塾の補完的なサービスであるITを活用したサービスが、塾に通えない状態が続けば、今後は重要な役割を担う可能性もある。ただITを活用したサービスを強化するにも、新たな設備投資負担を強いられることになる。

 業界関係者は「今回のコロナウイルスの影響で体力がないところは潰れるだろう。M&Aの加速など業界再編も進むのではないか」と予想する。この混乱した状態をどう乗り切るかで、それぞれの学習塾の明暗がはっきりと別れそうだ。

【緒方 克美】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月03日 09:31

【コロナに負けない(11)】葬儀社は勝ち組ではないNEW!

 福岡トップクラスの葬儀社を直撃取材した。「新型コロナウイルス蔓延は、葬儀業界にとって特需でしょう?」と皮肉っぽく質問を投げかけた。ところが意外な回答であった...

2020年04月03日 07:00

イタリアにおける新型コロナウイルスの最新状況(後)NEW!

   新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、Brexitや、アメリカからの追加関税、ドイツからの経済需要減速などが続いたことにより、イタリアが景気後退の局面に立たさ...

2020年04月02日 17:27

アンケートを利用して大学生を勧誘し、無理やり契約迫る~東京都のセミナー運営会社に行政処分

 東京都は3月31日、学生向け就職活動教育や支援、人材育成塾「一生懸命塾」の運営などを手がける(株)もといに対し、特定商取引に関する法律に基づき、4月1日から3カ月の...

2020年04月02日 17:26

【コロナに負けない(10)】時間差で真理が逆転する

   韓国の友人に以下の謝罪文を送った。  「正直に検査をし、大量の新型コロナウイルス感染者を出して、韓国の医療システムが崩壊したなどと批判された。しかし、結果は...

2020年04月02日 17:25

【政界インサイダー情報】新型コロナウイルス問題 IRを直撃

 ここにきて、我が国も東京、大阪の大都市を筆頭に、日々急激な新型コロナウイルスの全国的拡散で、経済への大打撃も含めて予断を許さない状況です。とくに、米国の状況は...

2020年04月02日 17:21

危機認識・検査拡大・経済対策即時実施が不可欠

 国会審議における中核野党の存在感が低い。国民民主党が自公側に寝返っている印象が強い。このような時期であるからこそ、国会の役割、野党の役割が大きい...

2020年04月02日 17:18

【速報】福岡県立学校がゴールデンウィークまで始業を延期 新型コロナウイルスの感染拡大で

 福岡県は2日、福岡県立学校の始業をゴールデンウィークまで延期することを決めた。福岡県教育委員会で今日午前から続いていた検討会議で決定したもの。5月7日からの始業を目...

2020年04月02日 16:00

新宿区に続いて渋谷区も~夜間営業の店舗やライブハウスなどの出入り自粛を要請

   東京都渋谷区は4月1日、区のHPで「区長メッセージ」と題したリリースを公表。「ライブハウスやさまざまな飲食店などエンターテインメント施設や娯楽施設が多いのは渋谷...

2020年04月02日 15:30

【突撃レポート】破産手続申請の原鶴温泉咸生閣

 データ・マックスは3月31日に福岡地裁久留米支部に破産手続きの開始を申請した原鶴温泉咸生閣に向かい、突撃レポートを敢行した。その模様を動画でお届けする...

2020年04月02日 15:00

日本でも拡大する「医療ツーリズム」の現状

 日本の高度な医療サービスを求め、外国人が観光と合わせて訪れる「医療ツーリズム」が新たな市場として成長している。主に中国を始めとしたアジア圏を中心に、引き合いが増加...

pagetop