• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月07日 07:00

超高齢社会における医療課題は「フレイル対策」 介入手段は薬物療法から栄養療法へ(2)

 令和元年度の高齢社会白書によれば、総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は28.0%、75歳以上人口は65〜74歳人口を上回る1,798万人となり、総人口に占める割合は14.2%となった。2065年には約2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上になると推計されている。超高齢社会における医療課題はそのまま高齢者医療であり、とくに地域医療では認知症、サルコペニア(筋肉減少症)などにつながるフレイル対策が大きな課題となっている。

 

富士山静養園
富士山静養園

寝たきり防止に定期的な検査を

 高齢になると油っこいものや肉料理を避け、野菜や魚中心の食生活になる傾向がある。「こうした食生活を続けていると、知らず知らずのうちに低栄養に陥る場合がある」と指摘するのは、日本栄養士会理事の西村一弘氏。西村氏は7年程前の病院勤務時代に、隣接する老健施設に入所してくる75歳以上の高齢者118名の栄養状態を調べたところ、低栄養が疑われる人は7割に上ったという。入所者への聞き取り調査では、認知症による食べ忘れなどで栄養失調になるケースや、嚥下機能や咀嚼機能が落ちて、限られたものしか食べられない人が多いことがわかった。

 低栄養かどうかを調べる手法には身体計測と血液生化学検査がある。身体測定では、BMIや皮下脂肪厚などを測定して貯蔵エネルギーや身体機能を推測することができる。生化学検査では、血清アルブミン、トランスサイレチン、トランスフェリンなどの値を指標にする。血清アルブミンは栄養状態の指標として広く用いられるが、ほかの疾患などさまざまな因子の影響で変動しやすく、また、半減期が約21日と長いため、急性疾患患者の栄養状態をみる場合は適切な指標とはならない。このため医療施設では、半減期が3~10日と短いトランスサイレチンやトランスフェリンの値を指標にする場合が多い。

 ここで問題になるのは施設によって検査体制が異なる点だ。一般病床では、平成22年度の診療報酬改定で「栄養サポートチーム加算」が新設され、栄養障がいの患者に対し、栄養療法を行った場合に点数が加算されることになったこともあり、栄養療法を行う施設が急増している。これに対し、高齢者が多いにもかかわらず、算定要件を満たさない療養病床は、栄養療法の導入が遅れており、その結果、体重測定を定期的に実施しても生化学検査は入所時に行うだけという施設がほとんど。西村氏は、「寝たきりにさせないためにも療養病床でも定期的に検査する体制を早急に整備すべきだ」と指摘する。

栄養補助食品で栄養素を補給

 加齢にともなう身体の変化を察知するには身体機能を観察することも重要となる。唾液の分泌量が減少していれば口内の糖質消化が不十分になり胃に負担がかかる。胃液の分泌量が減っていればカルシウム、鉄分などの消化吸収力が低下し、消化不良や下痢を起こしやすくなる。これらの状態に応じてさまざまな高齢者食品が開発されているが、利用者本人の判断で選ぶことは不可能に近い。

 「免疫力が落ちているのか、筋肉量や筋力が低下しているのか、それとも骨が弱まり骨折しやすくなっているのか。この辺を見極めながら管理栄養士が利用者に合った濃厚流動食品を選ぶことが重要になる」(西村氏)。

 高齢者の低栄養傾向の1つの指標となるBMI20以下の人の割合は、1975年は3割程度で、それ以降は減少傾向にあったが、2000年あたりからその傾向が鈍り、05年以降はほぼ横ばいになっている。医療の世話にならず、自立して過ごせる健康寿命を延ばすためには低栄養対策が不可欠となる。しかし、医療現場での栄養指導は、過剰摂取のリスクに目が向けられ、下限値の基準についてはほとんど議論されていない状況にある。高齢期を元気に過ごすための栄養指導の在り方を見直す必要があるだろう。

 一方、予防策として高齢者食品を提供する製造者側は、食材の組み合せ、おいしさ、調理方法などの開発段階の課題、そして利用者側に立った流通の在り方など改善すべき課題は多い。また、いくら健康に良いといっても長年の習慣で身に付いた食生活パターンを転換することは難しい。それ自体がストレスになることもある。タンパク質や炭水化物は普段の食事でしっかり摂るように心がけるとともに、微量栄養素などは栄養補助食品で補給することも1つの選択肢といえそうだ。

(つづく)
【吉村 敏】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年06月24日 12:30

【福岡県】中小企業等月次支援金~5・6月分に加え7月分も申請可能に、酒類販売事業者向け給付上限額を拡充NEW!

  福岡県は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態措置またはまん延防止等重点措置にともなう、飲食店の休業・営業時間短縮などの影響により、売上が大きく減少している...

2021年06月24日 11:27

太刀浦コンテナクレーン更新、10.2億円で三井E&Sが落札NEW!

 北九州市発注の「太刀浦コンテナクレーン更新工事(R3)」を、(株)三井E&Sマシナリーが10億2,250万円(税別)で落札した。同入札には、JFEプラントエンジ(株...

2021年06月24日 11:07

【読者からの投稿】朝倉未来戦を見て感じたことNEW!

 先日行われた「RIZIN」の朝倉未来対クレベル・コイケ戦を見ました。朝倉未来を応援していましたが、これまで朝倉未来はセンスだけでやってきました。すごいことではあるの...

2021年06月24日 10:48

コロナ危機を乗り越えて~「選ばれる福岡県」を実現する(1)NEW!

 今年3月24日、病気治療のため3期目途中で辞職した小川洋・前福岡県知事の後継として、4月11日の県知事選で当選をはたした、前副知事の服部誠太郎氏(66)。それまで総...

2021年06月24日 10:25

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(33)~新福岡空港島(案)と玄海国定公園指定区域との位置関係NEW!

 2008年の福岡空港総合的調査で検討された新空港案で示された6案のうち、4案は玄海国定公園の指定区域内に計画されていた。

2021年06月24日 10:17

【福岡銀行】融資型CFでコロナ禍の『山の上ホテル&スパ』を支援 スイートルーム割引もNEW!

 福岡銀行は貸付投資会社「ファンズ」(東京都港区)と連携し、クラウドファンディングで集めた資金を融資する「融資型クラウドファンディング(融資型CF)」で、地場企業を支...

2021年06月24日 09:55

「減塩」など企業の取り組みを推進、今夏に産学官による組織を発足~厚労省NEW!

 厚生労働省の「自然に健康になれる持続可能な食環境づくりの推進に向けた検討会」は23日、日ごろの食生活で健康を維持・増進できる環境の整備を目的に、内食・中食の減塩対策...

2021年06月24日 09:15

【7/6~8】「関家具大川展示会 2021 SUMMER」を開催NEW!

 福岡を代表する家具の総合商社、(株)関家具(福岡県大川市、関文彦代表)は7月6~8日の3日間、福岡本社ショールームで「関家具大川展示会 2021 SUMMER」を開...

2021年06月24日 06:00

【凡学一生の優しい法律学】民間学術研究団体のお粗末な憲法論(後)

 従軍慰安婦問題について、日本学術会議が「学問的立場からの見解を表明すべき」という前提は国際歴史論戦研究所の独りよがりであるため、同研究所の主張や公開質問は道理に合わない。

2021年06月24日 06:00

主要9社の2~3月期の販管費率、チラシ減で軒並み低下 タイヨー2.8、ナフコ2.4、MrMax1.4ポイントなど

 主要9社の2021年2~3月期の販管費率を調べたところ、イズミと丸久を除く7社が前年度から引き下げた。巣ごもり消費で売上が好調だった一方で、チラシなどの販促宣伝費が...

pagetop