• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月28日 07:00

連載 東亜大学~疑惑の指導者更迭(3)─指導者、そして学生の将来を奪った

 過去、当NetIB-Newsでは(学)東亜大学学園の東亜大学の学校経営マネジメントに対して、疑義を報じてきた。今回、「東亜大学の女子柔道部の監督が昨年9月に突然更迭された。客観的に当該監督は、何ら落ち度はないにもかかわらず…。監督本人そして関係者は当惑している」とする旨の情報が外部関係者から弊社へもたらされた。

あまりにも突然の更迭

 同学女子柔道部へ入部した選手を育成した高校柔道部の関係者は、以下の話を寄せながら、同学に対して厳しい姿勢をみせた。

 「本当に突然のことでした。私には、東亜大学の監督から直接連絡があり知りました。連絡くださったとき、監督ご自身も狼狽されていました。“明確な理由がわかりません。突然更迭を通告された”とおっしゃっていました。監督・学生(選手)とも不憫で気の毒でなりません。これは東亜大学の不当行為です。絶対に許されない。もっと許されないのは、東亜大学側から一切の連絡がなかったということです。無礼というより非礼です」と憤りを隠さず、同学に対する不信感を激白。

 続けて「監督の指導者としてのキャリアはこれからです。つまり、指導者として成長段階にあったのですよ。指導者としての経験はまだまだですが、最善を尽くしながら選手の指導に真摯に取り組まれていました。ひたむきに、そして学生を第一とした熱心かつわかりやすい指導は、私含め柔道界でとても好評でした。学生の将来を一生懸命考えて、誠実に指導にあたられておりました。監督の人格と品性をわかっていたので、我々も安心して生徒をお任せしたのです」と話した。あまりにも一方的な女子柔道部監督の更迭を実行したことが明白だ。

 「東亜大学事務局へ直接連絡いたしました。その際“必ず後日連絡する”と返答がありましたが、連絡があったのは2週間後、櫛田理事長兼学長からでした。その言い分は、“大学の内情は話せないが、人事での配置転換”のみに終始しておりました。不信感が増大したので、さらに問いただしたところ“6カ月の契約で、その更新が9月30日であった”と…。つまり表面上は、9月30日で監督としての契約は満了であるということですが、事実上の更迭ですよ。契約に関して社会通念上、大学側は少なくとも当事者つまり監督に対して、1カ月前程度に何らかのコミュニケーションをとらねばなりません。監督は今も、学内職員として勤務されているようですが、“閑職”に追いやられているようですね。今年4月に入学予定の学生および保護者の高校へも、当初は監督自ら事情を話されていたのです。そのことに対しても憤りを覚え、櫛田理事長兼学長へ“あなたが高校側に説明しなさい”と忠言し、その後実施したようですが、私の教え子は突然の監督更迭によって、大きなショックを受けて落胆してしまい…。将来、日本代表に到達するレベルの選手でありました。夢と希望を抱きながら、日々文武両道に勤しんでいたのですが。その教え子の人生をも変えてしまったのです。本当に東亜大学を許さないです。そして、監督の今後が心配です」と同学に対して厳しい意見を述べた。なお、同様の話はほかの関係者からも聞かれた。

 このように、明確な理由を明示されることなく監督は更迭され、女子柔道部員それぞれの前途を奪ったのである。

(つづく)
【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月08日 17:55

加速する建設現場へのICT技術の導入、「i-Construction大賞」授賞式開催〜国土交通省NEW!

 国土交通省は5日、「i-Construction大賞」の授賞式をオンラインで開催した。同賞は、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」に係る優れた...

2021年03月08日 17:44

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(1)NEW!

 ニューヨークはアートの街として2つの点で有名である。1つは、ニューヨークには「メトロポリタン美術館(MET)」「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など83もの美術...

2021年03月08日 17:32

【東日本大震災から10年】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月08日 17:07

【福岡県知事選2021】元国交省局長・奥田氏が出馬断念 2日の速報ピタリNEW!

 小川洋・福岡県知事の辞職にともなう県知事選に出馬する意向を示していた、元国交省局長の奥田哲也氏(59)が今日午後、立候補を断念すると表明した。自民党の二階俊博幹事長...

2021年03月08日 16:51

大野城~水城橋梁補修、14.8億円で前田建設工業が落札NEW!

 福岡県北九州高速道路公社発注の「大野城~水城橋梁補修工事(R2-3)」を、前田建設工業(株)九州支店が14億8,690万円(税別)で落札した...

2021年03月08日 16:22

テスラは電気自動車の最後の勝者になれるのか?NEW!

 二酸化炭素の排出抑制など、環境への配慮を優先する機運が高まり、自動車業界でも電気自動車へのシフトが本格化している。そのような状況下で、新型コロナウイルスによるパンデ...

2021年03月08日 16:09

【怪文書】故・田中久也県議の後継めぐり怪文書 出所をほぼ特定NEW!

 昨年12月30日に亡くなった自民党福岡県議の田中久也氏(享年87)の後継をめぐる補欠選挙が、県知事選と同じ4月11日に行われる...

水のリーディングカンパニーとして 地域社会に安心安全を提供し続けるNEW!

 ゼオライト(株)は1969年11月、「良い水創り・人財(ひと)創り」を経営理念に河村恭輔氏が創業。70年8月に株式会社に改組して、恭輔氏が代表取締役に就任。2004...

街をデザインすることで地域貢献 時代を越えて残る住まいを提供NEW!

 西武ハウス(株)は、「デベロッパー業務を通じて広く社会に貢献する」という経営理念のもと、環境・プラン・品質・デザインあらゆる点で「つくり手が住みたくなる住まい」を追...

2021年03月08日 14:57

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(5)

 『安倍前首相は米国とイランの国際関係を仲裁しようとイランを訪問しましたが、イラン核合意では成果が出ませんでした。欧州はイランの核合意復帰を望みますが、バイデン政権は...

pagetop