• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月11日 17:14

「コロナ恐慌革命」以降どうなるのか(12)~「時代規定」を確認しよう(中)

 第一次世界大戦での壮絶な「殺し合い」によって、ヨーロッパで封建的国家体制を敷く帝国の大半が地球上から消滅した。これがアメリカの「世界支配」の始まりとなり、対抗馬として社会主義国家・ソビエトが勢力伸長の野望を抱き台頭し出した。

 世界平和の恒久を希求してヴェルサイユ体制が構築された。連合軍とドイツによる協定である。その流れに沿って国際連盟が設立された。またドイツにおいては1919年、ワイマール憲法が施行された。20世紀において最先端の民主主義制度を導入したと評価されている(生存権、男女平等)。この自由・平等の風潮は日本においても「大正デモクラシー」と称賛されたが、わずか10年足らずの短命で、あえなく瓦解した。やはり人類を変革に駆り立てる要因は経済である。1929年に大恐慌が勃発、10年後の1939年には第二次世界大戦へと突入していったのである。

「前現代」のスタート、16年間新時代づくりのために塗炭の苦しみ

 10年間、世界は戦争復興事業景気に湧き、自由を満悦し、大いに沸いた。しかし、唯一、「世界覇権国家」として快走してきたアメリカで経済恐慌が勃発する。前記した戦争特需が急減することで、一瞬にして経済の悪化が世界に拡大した。そこで各国はブロック経済体制を敷いた(我が国ファースト、お国の民優先策)。「植民地、オイル・エネルギーを持つ国」アメリカ・イギリス・フランス・オランダ対「持たざる国」ドイツ、イタリア、日本がそれぞれに別れた。つい「この前」、ドイツと日本は戦争し、反目していたが、今回は「身内」となった。

 連合国陣営は基本的には資本主義民主主義国家である。対抗する枢軸国陣営は資本主義体制ながら独裁国家だった(中味は違う。ドイツ、イタリアは個人独裁国家。ヒトラー、ムッソリーニが国会で多数派を握る政権。日本は天皇を君主にした軍部独裁国家という差がある)。

 連合国家に後から加わったソ連は社会主義独裁国家、中華民国は資本主義移行期の軍閥国家である。

 「塗炭の苦しみ」と表現したが、戦死者数がケタ違いに増加したことには驚愕する。日進月歩の兵器の進化、軍民共同の戦争戦略、「民殲滅(せんめつ)爆撃」、ジェノサイド(民族皆殺し)と戦死者が急増する方式が主流になっていった。第二次世界大戦における民間人の死者は3,800万人~5,500万人、軍人戦死者が2,000万人~2,500万人で、最大で8,000万人が犠牲になったことになり、世界人口の2.5%を構成する死亡者数である。ちなみに第一世界大戦の戦死者は1,600万人で4.5倍に“膨張”した。

 6年間の第2次世界大戦を通じて世界の「新組織体制の構築」は、まさしく塗炭の苦しみとなった。両陣営の生き残りを賭けた戦争は最大で8,000万人の犠牲を招いたが、何の成果が上がったのか!自慢できるのは世界の植民地の大半が独立したことだ。もちろん、植民地をもっていても経費が増すだけで採算に合わないという現実的な打算もあった。だからこそ、植民地支配国家も独立運動を認めたのである。

 敗北した枢軸国はどうなったのか。日本は資本主義経済を固めて民主主義国家へと脱皮した(70年間、アメリカの「隷属国家」になり下がった状況が続いている)。イタリアも同じ道を歩み始めてきた。ドイツは西・東の陣営に分離された(資本主義民主国家と社会主義独裁国家)。ドイツは1989年に東ドイツを吸収して民主国家として「再デビュー」をした。

意外と“しぶとく”勢力を拡大した「ソ連社会主義国家圏」

 アメリカが世界の覇権を握ったのは1919年の第一次世界大戦終了後、アメリカの底力を見せつけたのは第二次世界大戦でもしかり。しかし、予想に反して健闘し、勢力圏を拡大させたのがスターリンのソ連である。ドイツ・ヒトラーにとどめを刺したのはソ連だというのは誰しも認めるところだ。その証拠にソ連は東ドイツを押さえた。1946年には早々に「鉄のカーテン」とか「米ソ激突=第三次世界大戦への可能性」と危惧された。

 しかし、人類は馬鹿ではない。アメリカ陣営はまず国際連合を立ち上げ、ニューヨークに本部を設置した。アメリカが本格的に関与する姿勢を誇示したのである。また経済復興に関しては「マーシャル・プラン」などを推進し、気前よく資金を「ばら撒いた」。アメリカはアジア、ヨーロッパで軍事同盟を結び、「世界の警察役」を引き受けた。これらはすべて「対ソ連対抗軸」を強化する目的だった。

 1950年に朝鮮半島で戦争が勃発。半島の「赤化」を食い止めるためにアメリカは必死になって軍事力を駆使した。このような民主義国家陣営を防衛できたのは1955年までアメリカの製造業が順調に拡大発展を持続できたからである。ソ連との戦いは、ソ連自らがソビエト連邦を解散する1989年まで続いた。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月06日 07:00

年間700万人が日台間を往来 教育、歴史など広がりを見せる文化交流(前)

 台北駐福岡経済文化弁事処(以下、福岡弁事処)は中華民國駐長崎領事館を前身とし、1970年の福岡移転を経て、台湾の代表機関として日台間の交流促進などの役割をはたしてい...

2020年06月06日 07:00

主要11社の経常利益率ランキング タイヨーなど5社が上昇

 これまでに判明した主要流通企業11社の2020年2~3月期決算によると、期間のもうけ具合を表す経常利益率(経常利益÷営業収益)は前年度から5社が上昇、6社が低下した...

2020年06月05日 17:05

【みやき町】「元なでしこ」海堀ディレクター委嘱式・女子サッカーチーム・ユニフォーム発表

 佐賀県みやき町こすもす館において、5日、海堀あゆみ氏のみやき町スポーツ政策ディレクター委嘱式および「みやきなでしこクラブU-15」のユニフォーム発表会が行われた...

2020年06月05日 16:58

コロナ危機の裏で深刻化する食糧問題と加熱する種子争奪戦争(中編)

 あまり知られていないが、アフガニスタンは40年前には豊かな農業の輸出国であった。アメリカ軍はアフガニスタン侵攻に際し、「2007年までには同国が再び食糧に関して自給...

2020年06月05日 16:00

伊都きんぐの感謝の0円販売、あっという間に終了

 「どらきんぐエース」、「どらきんぐ生(期間限定商品)」などを販売する伊都きんぐ。同店は公式Twitterを通じてあまおう苺入りチョコレート「いちごの卵」の「訳アリ大...

2020年06月05日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月1日発表 福岡労働局分

 6月1日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年06月05日 14:51

国家インフラに「負担金」不可解(前)

 遅々として進まない整備新幹線を尻目に、JR東海が手がけるリニア中央新幹線は着実に整備が進んでいるように見える...

2020年06月05日 14:40

今できることに堅実に挑む~(有)金谷洋瓦工事店

 屋根工事一筋53年の社歴を有し、福岡県内だけでなく、県外でも多くの受注実績を有する(有)金谷洋瓦工事店。金谷宏之代表を始めとした熟練した技術者および同社専属職人の高...

2020年06月05日 13:30

「博多廊」「星期菜」などが1日より営業再開~IMD Allianceの取り組み

 営業再開にあたってのあいさつと同社の感染予防対策についてのメールが寄せられたので、以下に紹介する...

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

pagetop