• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月25日 15:11

ゼロから農福連携を目指す 福の浦ファーム

地域経済活性に尽力

福の浦ファーム代表の高木教光氏

 新たな挑戦に年齢は関係なし――70歳を目前にして農業経営をはじめた、福の浦ファーム代表の高木教光氏。

 高木代表は家業のガソリンスタンド経営に携わったのち、病気のためやむなく事業を解散した。その後、高木氏はいくつかの企業からオファーを受け、各企業内で販売促進・社員教育および研修、経営の合理化・活性化を手がけた。

 さらに各企業内で数々の実績を残すと、地場企業と学校をつなぎ、就職支援事業や青少年健全育成、起業支援事業などを目的としたNPO法人の代表として活動を始める。その活動は評判を呼び、「地元、福岡の地域経済活性化のために全身全霊を捧げたビジネス人生だった」(地元経済アナリスト)と、一目置かれる存在になっていく。

農業と福祉をつなげる

 長きに渡りビジネス界で活躍した高木氏は、昨年(2019年)3月でいったんピリオドをうつ。そして同年6月からは、糸島市で農業をスタートさせた。農業に精通した旧知のパートナーと2人での船出だ。

 高木氏になぜ農業の世界に転じたのかを問うてみた。

 「もともと農業には高い関心がありました。素人ながら10年近く家庭菜園で野菜を育ててきました。菜園を耕して種を播き、水をやりながら作物を育てることは、とても楽しいです。本業では自ら経営し、各企業でマネジメントの仕事を長い時間やってきました。相応に力を注いで成果を出してきましたものの、何か物足りなさを感じていたのです。前職の業務で福祉業界に関わりをもち、ある現場で農業との連携を実践していることを知りました。ハンディを持つ方々や高齢者が農業に勤しみ、収入を得て社会参加する現場を目の当たりにしました。この姿を見て、農業と福祉を連携する事業で新たな挑戦をすると決心したのです」

“生きがい・やりがい”ある農業

 高木氏が感銘を受けた農業と福祉の連携のかたち「農福連携」は、障がい者など社会的弱者が社会参加する新しい取り組みとして国も推進している。農水省によると、農福連携は「障がい者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいをもって社会参画を実現していく取り組み」で、「障がい者等の就労や生きがいづくりの場を生み出すだけでなく、担い手不足や高齢化が進む農業分野において、新たな働き手の確保につながる」と、その可能性を高く評価している。同省ホームページ内では、農福連携での活動する映像や具体的事例が紹介されており、事業展開に関する詳細も明記されている。

 高木氏は現在1,000m2の畑を2カ所、2,700m2の水田を1カ所保有している。育てる作物は、じゃがいも・たまねぎ・そらまめ・いちじく・ステックセニョール・レモンなど。すべてを無農薬栽培しており、さすがにいくつものビジネスを成功させたこだわりが垣間見える。

 「糸島市内の耕作放棄地を借り受けて、自らの手で土壌整備して作物を育てています。今はまだ農福連携の土台づくり。まずは生産から出荷までの道筋をつくり、最終的には収益を上げていきます。我々の農業経営で障がい者や高齢者の方々に生きがいとやりがいをもっていただくこと、さらに健常者と同等の待遇で働ける環境を提供していきます」(高木代表)

 福の浦ファームは今年10月に2人を雇用する予定で、さらに3年後には農業法人への改組を目指す。農福連携で地域社会をより進化させる高木代表の取り組みを、今後もレポートし続けたい。

【河原 清明】

キーワードタグ:糸島  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月14日 16:00

ストラテジーブレティン(256号)~日本を蘇生に導くハイテク大ブーム~米中対決のカギを握る半導体、言わば現代の石油(1)NEW!

 米中対決は香港の一国二制度の崩壊で決定的となった。現世界情勢の特徴は「中国の一方的攻勢」であろう。インド国境、南シナ海、東シナ海・尖閣列島では周辺への威圧を強めてい...

2020年07月14日 15:30

「コロナ後の世界経済」~ポスト資本主義の倫理、哲学で世界経済の再構築を(前)NEW!

 ポストコロナの時代には、格差拡大を続ける資本主義や、AIやICTを活用したリモートワークなどのオンライン化ではなく、倫理や哲学に立脚した新しい世界経済の再構築を目指...

2020年07月14日 15:05

朴ソウル市長の死去で大きく揺れる韓国社会(後)NEW!

 2年ほど前に、韓国の大統領有力候補として名が挙がっていた安照正前忠南道知事の性的暴行事件は、多くの国民に失望とショックを与えた。当時韓国では「Me Too運動」が広...

2020年07月14日 14:41

【8/10~12】上村建設前社長・上村秀敏氏初盆供養NEW!

 上村建設(株)は8月10~12日、同社前代表取締役社長・上村秀敏氏の初盆供養を同社の芥屋研修所にて執り行う...

2020年07月14日 13:32

梅の花が下方修正 20年4月期は43.9憶円の赤字にNEW!

 (株)梅の花(久留米市)が7月13日、業績予想の修正を発表した...

2020年07月14日 12:00

中国の新車販売が急回復!トヨタは2カ月連続で単月販売台数の過去最高を更新!NEW!

 中国自動車工業協会は7月10日、6月の新車販売台数が、前年同月比11.6%増の230万台だったと発表した。新型コロナウイルスによる影響が落ち着き、3カ月連続でプラス...

2020年07月14日 11:30

相次ぐマンションの設計偽装~デベロッパーと行政の「不都合な真実」 仲盛昭二氏 緊急手記(2)NEW!

 筆者が所有している別府市のマンション「ラ・ポート別府」でも設計の偽装が明らかになったため、区分所有者として、建築確認を行った大分県および別府市に対し質問書を送付した...

2020年07月14日 11:00

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(5)NEW!

 なぜ、コロワイドは最初からTOBを仕掛けなかったのだろうか。そしてなぜ、個人株主は株主総会でコロワイドの株主提案に反対票を投じたのだろうか。理由は、はっきりしている...

2020年07月14日 10:32

お仏壇のはせがわ中興の祖・長谷川裕一氏の経営者としての最終的総括(3)多角化のツケが露呈、その結果負の処理は人任せに

 (株)はせがわの業績を、参照してほしい。多角化経営の辻褄が合わなくなり、当時、赤字決算が続出していたことがわかる...

2020年07月14日 07:00

解体アタッチメントレンタル・修理 ニッチ事業で首都圏、アジアへ(後)

 「東日本大震災の復興作業において、瓦礫の処分をする機械が足りないから貸してほしいと要望をいただきました。レンタルだけでなく、修理やメンテナンスも必要なので、仙台営業...

pagetop