地域資源を活かした魅力的なまちづくり~「西区まるごと博物館構想」とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月10日 13:00

地域資源を活かした魅力的なまちづくり~「西区まるごと博物館構想」とは

今津湾

地域と行政で、資源の保存育成

 西区の「宝」とは何か――。市民の声を集約した結果、2つの言葉が浮かび上がった。「自然」と「市民」だ。これを踏まえて2004年に「福岡市新・基本計画 西区基本計画」が策定され、その翌年には「西区まるごと博物館構想」が立ち上がった。

西区の宝『丸隈山古墳』

 西区まるごと博物館構想が目指しているのは、魅力的で個性的なまちづくりだ。実現に向けては地域と行政とが協力し、区内の自然、歴史、文化、産業など、有形・無形の地域資源の保存と育成に取り組んでいる。また、各地域資源間で回遊性をもたせることで、来訪者に西区全体を1つの「博物館(ミュージアム)」として楽しんでもらえるよう、SNSなどを通じて情報発信も積極的に行っている。
 そして、こうしたさまざまな取り組みを先頭に立って進めているのが、構想と同時期に誕生した「西区まるごと博物館推進会」(以下、推進会)だ。

 19年2月には、西市民センターに4名の講師を招いて「邪馬台国講演会」を開催。当日は想定をはるかに上回る800名もの市民が参加した。こうした事業活動は、会員のボランティアによって支えられているという。
 活動を通して得られる喜びや感動と、地域の活性化につながる成功体験の積み重ねが、活動を継続する原動力になっているのだ。

推進会が登録した「西区の宝」155件

西区の宝『四所神社』

 推進会では、西区の魅力的な場所や伝統的な催事を「西区の宝」として認定。ホームページやSNS上で情報共有を図っているほか、「西区の宝」パンフレットや散策マップなど、学びながら西区を散策できるような創意工夫もなされている。有形・無形の地域資源を西区の宝として認定することで、市民の保存に対する意識を向上させ、情報発信することで周知を促し、交流人口の増加に貢献する。
 認定された西区の宝は、155件(20年3月末時点)。この宝の数々を、確実に次世代へとつないでいくためにも、推進会の存在はますます重要となるだろう。

 西区は、福岡市の中心部である天神・博多と、豊かな自然を背景に観光地としてにぎわう糸島市の間に挟まれ、両エリアへの交通アクセスに優れている好立地。九州大学伊都キャンパスが誕生してからは、学術研究都市としての性格も帯びてきている。住まう場所として、訪れる場所として、西区の魅力を再発見する絶好の機会だ。この機会を最大限に生かし、魅力的なまちづくりを進めるためにも、市民1人ひとりが悠久の歴史が生み出した西区特有の文化、建造物、景観といった資源に改めて目を向けることが必要だ。その一助として、推進会の活動、そして情報を役立ててほしい。

【代 源太朗】

西区の魅力(宝) 発掘・発信から保存・活用へ

西区まるごと博物館推進会 会長 川岡 保 氏

 2006年3月に、西区の宝を発信する地域イベント「西区まるごと博物館in小戸公園」を実施しました。推進会で取り組んだ初めての事業でしたが、スタッフ数164名、出店団体数30団体(33店舗)、出展団体5団体、ステ-ジ出演団体13団体(300名)、警備15名、参加人数約5.000名、協力17団体、協賛40社など、多くの皆さまのご協力の下、無事に成功を収めることができました。このイベントの成功をきっかけに、会員の気持ちが1つになり、伝統ある福岡市西区の歴史、自然、文化等の魅力を発信して、広く地域内外に広げようという気運が高まったと感じています。

 これまでは西区の魅力(宝)の発掘と発信に努めてきましたが、今後は保存と活用を重点目標に置いて活動していきたいと考えております。

 昔から、「玉磨かざれば光なし」といいます。宝の場所の清掃、案内看板の設置、宝の場所でのイベント実施などを通じて、福岡市西区が日本中探してもどこにもない歴史、自然、文化溢れる個性的で魅力的なまち、住んで楽しい、住民が誇れるまちになってほしいと思います。福岡市西区には日本最古の王墓「吉武高木遺跡」があり、伊邪那岐尊が禊祓をされた、いわゆる「筑紫の日向の橘の小戸の檍原」の旧跡といわれる場所でもあります。

 私たち西区まるごと博物館推進会は、こうした西区の魅力である「西区の宝」をその悠久の歴史とともに、地域内外へもっと広く発信して行きたいと思います。


<INFORMATION>
西区まるごと博物館推進会

推進会事務局
TEL:092-895-7032
Facebook:https://www.facebook.com/f.nishiku

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

pagetop